白雲空港への移動に便利なクラウンプラザ広州 花都ホテル 宿泊記

翌日の早朝便で広州を発つ予定だったので、この日の宿泊先は広州白雲空港に近いクラウンプラザ広州花都(広州花都皇冠假日酒店)を選択。広州白雲空港近辺で外資系ホテルに泊まりたい場合、クラウンプラザ花都以外にもう2種類の選択肢があったのだが、今回はIHGのターゲットオファー攻略目的でクラウンプラザを選択した。

ホテル名系列費用目安空港までの距離
プルマン広州白雲空港アコーRMB700台~隣接
ホリデイ・イン エアポート広州IHGRMB300台~北に17Km
クラウンプラザ広州花都IHGRMB500台~西に3Km

IHGに拘りが無い方だと空港隣接のプルマン一択だろうが、IHG派だったらやっぱりクラウンプラザが第一候補。コスト重視派には空港から地下鉄で一駅の人和駅周辺にRMB100台後半から泊まれるHuaerda HotelやSuper 8 Hotelがあるが、空港からホテルへのシャトルバスを利用するのにホテルに電話する必要があるので、中国語がからっきしという方には英語もバッチリのホリデイインをお勧めする。


さて、この日は日曜日だったので、天河でゆっくり食事をしてからホテルに移動することに。


地元客で賑わうレストランで飲茶を堪能した後は太古匯のパウラナーへ。


今なら3種試飲セットに新入庫のダークラガーがオマケでついてくる。濃褐色で渋~い見た目をしてるが、苦味は薄く、口当たりまろやかで飲みやすい。Dunkel万歳。

ひだり みぎ


どうです、このキメの細かい泡。グビグビ行っちゃいます。ドイツから戻ってきたばかりの知人も蟒蛇のようにガンガン飲んでたので、まぁ本場の味なんだろう。


パウラナーで4時間粘ってからホテルへと移動。市内中心地からだと車で1時間弱かかるが、空港へは車で10分弱。更地のど真ん中みたいな辺鄙な場所ではあるが、早朝フライトを控える者にとってはありがたい立地にある。

*翌日のシャトルバスを運転してくれた従業員に聞いたところ、ここから車で15分も走れば花都市街地に出てナイトライフも楽しめるらしい。「カラオケありーの、ナイトクラブありーの、ムフフ…」だと。


周囲に何も無い閑散とした場所に建つクラウンプラザ花都。赤やら蒼やら緑やらと、何ともド派手な装飾が夜闇に浮かび上がっていて何とも中国っぽい。悪く言えば派手な化粧で客の気を惹く娼婦みたいで下品に見えるんだけどな。

ひだり みぎ
2011年に開業された新しいホテルなので、ホテルの中はピッカピカ。最安値ルームとクラブルームの値差が270元と小さかったので、もう少し滞在時間が長ければクラブルームにしたんだけどな。この日は寝るだけだったので最安値部屋で予約した。


中庭もライトアップでギラギラ。


チェックイン時にIHGプラチナ特典としてウェルカムドリンクのクーポンを貰ったので、中庭のカフェでブラックコーヒーを一気飲みしてから部屋へと上がる。

ひだり みぎ
部屋はデラックスにアップグレードしてくれたみたい。中国のクラウンプラザにしては手狭な印象だが、一泊二泊程度であれば窮屈にも感じない広さ。

ひだり みぎ
デスクとソファが窓際に配置されているが、窓の外には何も無いので夜景は何とも味気ない。スーペリアとデラックスの違いはスーペリアが下層階でデラックスが5階以上の上層階ってだけみたいだが、上層階でも部屋からの眺めはショボいので、ラウンジ狙いじゃなければ最安値のスーペリアで十分だと思う。

ひだり みぎ
水回りは可もなく不可も無く平均的。

ひだり みぎ
このホテルの宿泊客は殆ど深夜到着か早朝出発の空港利用者だと思うが、便座横にはご丁寧に花都の観光本が置かれてる。花都という名前の通り自然豊かで多くの森林公園があるようだ。

ひだり みぎ
寝るだけなら不便は無い。

ひだり みぎ
誰もいない5階のジムで軽く運動してから就寝。

ひだり みぎ
朝は中庭を散歩。花都というだけあって緑豊かで花々が咲き誇っているのが気持ち良い。

ひだり みぎ
夜はケバかったけど、朝はまた違った印象。大きな窓を配したロビーは明るく開放感があるし、外観も近代的で立派じゃないですか。


メインロビー側もスタイリッシュ。


空港までのシャトルバスは朝06:30が始発。ホテルの無料バスの他、ホテルと空港を結ぶ公共バスも走ってる。

ひだり みぎ
ホテルと空港間を走るシャトルバスと公共バスの時刻表。空港からの無料バスの乗車ポイントは北出発ホールの30番ゲート。夜00:30まで運行しているので遅くに到着してもホテルへの移動は問題無い。予約時にシャトルバスを利用する旨を伝えよう。

以上、特に不満は無いんだけど、滞在時間が短いこともあって余り印象に残らないホテルだった。空港からは少し離れるけどホリデイインの方がコスパは上だし、空港アクセスだけなプルマンが断然良いので、ちょっと中途半端な感じかな。

クラウンプラザ広州花都(広州花都皇冠假日酒店)


Booking.com


公式ウェブサイト:こちら
住所:広東市広州市花都区迎賓大道189号
電話:86-20-36900888



Booking.com

【2015年広州旅行記】





Related posts(関連記事):

広州ー洛陽 南方航空CZ ERJ190 ビジネスクラス搭乗記 洛陽 鄭州 開封旅行1
2017年の端午節は4連休を取って洛陽・鄭州・開封という中国4000年の歴史の舞台として繁栄した河南省の古都を巡る小旅行をして参りました。洛陽は東周・後漢・西晋の、鄭州は商の、開封は北宋のそれぞれ首都として栄えた中原の歴史ある町で、三都市とも中国八大古都(洛陽・鄭州・開封・西安・北京・南京・杭州・安陽)に名を連ねる有名な観光地である。今回は中でも特に中国史を学習したことがある方なら誰でも知ってる洛...
宿泊記 アロフト東莞ダイナミックタウン Aloft Dongguan Dynamic Town【東莞じゃない】
昨日はホテル名に「深セン」とあるのに東莞との市境にあって不便極まりないコートヤード深セン宝安をご紹介しましたが、今度はその逆パターン。ホテル名に東莞とあるのに深センにほど近い辺鄙なところにあるホテルをご紹介します。 その名もアロフト東莞ダイナミックタウン(東莞活力城雅楽軒酒店/Aloft Dongguan Dynamic Town)。マリオットリワードカテゴリーは最低ランクの1で、一泊7,5...
ソフィテルマカオ@ポンテ16( Sofitel Macau at Ponte 16)クラブフロア宿泊記
この日は付き合いで弾丸マカオ旅行に駆り出されることに。日曜日午前中のフェリーでマカオに向かい、月曜日早朝06:15発のフェリーで香港に戻ってからのエクストリーム出社という強行日程でマカオ観光に挑む。 マカオへはターボジェット(噴射飛航)と呼ばれるフェリーで香港から55分。香港側のフェリー乗り場は香港国際空港に一箇所・市内に二箇所(九龍側の尖沙咀・香港島側の上環)の計三箇所あり、今回は最も便数...
広州の買物街・状元坊と上下九歩行街
3月1日金曜日、20:00前にホテルチェックインを済ませ、広州の目抜き通り・北京路にも匹敵する賑わいを見せると言われる上下九歩行街へ繰り出した。買いたい物は…特に無し。今週は月~金でオフィスに缶詰め状態、不良対応につきっきりだったので、ちょいと賑やかな所に出て憂さ晴らしがしたいだけである。 地図を片手に、広州解放記念像から西に延びる一徳路を西へ進み、人民高架路で方角を変え、一路北へ。後は高架...