シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムのディズニーランド・スイティエン公園


前回からの続き。入場口からして中華色丸出しなスイ・ティエン公園へと入場します。

IMG_5489階段を登り切りゲートの向こう側を見渡すと…

どどぉ~ん!!
IMG_5495
縁起が良さそうな黄金色の巨大な獅子!爪だけでの人間の半身程の大きさという規模のものである。ベトナム風のフェスティブな音楽も流れ、テーマパークにいる気分になってきました。

園内側の階段を下ると
IMG_5496
白髭のおじいちゃんが老体に鞭打って首をかっくんかっくんと上下させ、しきりに『いらっしゃいませ~』的なことを言っています。

おじいちゃん、この入り口横の『義由仁居』(アトラクション?)の家主かな。
IMG_5497
入ろうと思ったら入口前でアオザイを身にまとった係員に止められてしまいました。『YOU GO BUY TICKET!』とぶっきら棒に言われ、指差された先を見ると…

円筒型のチケットブースを発見。
IMG_5587
どうやら入園時に払ったVND 70,000 は入園料だけであり、各種アトラクションを楽しむには都度アトラクション横のブースでチケットを発券する必要が有るようです。アトラクションチケットはVND20,000(≒80円)~と大した額ではありません。

入り口で先ほどのスタッフにチケットを渡し、義由仁居の中へ。
ひだり みぎ
どうやら豪華爛漫な成金ハウスのようです。

記念撮影用に衣装の貸し出しも有料で行っています。
IMG_5645
写真を取ろうとすると恥ずかしそうにする彼女。後ろには中国語で『喜喜』文字が。ここでウェディング写真も取ったりするのでしょう。それにしても中華文化の拡散力は恐るべし。

成金豪邸を出て園内探索に向かうと、センスを疑うオブジェの数々が目につきます。
IMG_5526
裸で小太鼓を担ぎ行進する大二郎ヘアーの子供(金太郎!?)。髪の剃り跡が青々してるのが妙にリアルで、今にも動き出しそうです。

ひだり みぎ
黄金の牛に乗るちょんまげデブに満面の笑みで鞭を持ってバッファローを乗り回すモヒカンの青年。

プールエリアには
IMG_5513
漫画カイジに出てきそうな邪悪な顔の巨大像。ゆうに40~50メートルはあろうかと思うこの像はかなりの存在感があります。バスの中から見えたのは山ではなくこいつの後頭部だったらしい。

釜とトゲトゲの武器(ジャックフルーツ!?)を装備した超鋼ボティービルダー(?)
IMG_5565
腹筋が見事なモナカになってます。

このボディービルダー、園内の他所では
IMG_5636
何を思ったか、永遠と水瓶をひっくり返すという破天荒っぷりを見せつけています。

ひだり みぎ
全体的にタイ風であり中国風であり南国風でありベトナム風である。

ひだり みぎ

IMG_5635
園内には仏像やミニ寺院といったものまであり、宗教色を匂わせています。

ひだり みぎ
顔だけ飛び出したタイガーにインカ帝国風の巨大顔面像。テーマパークだが、何のテーマに沿って建てられたのか分からない統一感の無さ。

これは???激辛料理を食べた後なのか、鼻を真っ赤にして舌を見せる妖怪。
IMG_5640
下半身はどう見ても妖怪なのに、顔を人間みたくするから気味が悪い。

歩き回るのも疲れたところでチケット(VND 40,000≒160円)を買ってアトラクションに乗ってみます。
IMG_5533

TDLのIt’s a small world の小規模版か。
IMG_5535
カップに座って洞窟の中へ入っていきます。

中は空調が効いていないものの、所々でファンが回っているのでまぁ快適。真っ暗闇の中をベトナム語の解説で進んでいきます。

すると不意に横から魔物が!!
IMG_5539
距離近っ!暗闇の中、至近距離でこんなん出てきたら誰でもびっくりしますよ。It’s a small worldとカリブの海賊とホーンテッドマンションを足して3で割ったような感じで、水の中を進みながらストーリーを楽しむというアトラクションらしいが、どうも妙にキナ臭い展開になっていきます。

人間同士の殺し合い…
IMG_5551
斧で滅多切りにしてみたりダガーナイフで刺してみたり…何だこれは。ベトナム戦争の再現?子供のアトラクションにしたら重すぎる内容だ。

前方では何やら数人が宴を張っているようです。
IMG_5558
コンサート?

否!ジーザス?
IMG_5562
神々に祈りを捧げる熱心なキリスト教徒と思しき人々。いや、仏像や寺院もあるテーマパークなんだし仏教徒か?するとこのアトラクションはやはり仏教を促進する為のストーリーになっているのか?訳も分からぬまま、最後は上から落下してきた毛むくじゃらの物体が私の後頭部を直撃し、計3分超にも渡るライドが終了。支離滅裂なストーリー展開で???でした。

ひだり みぎ
園内には他にもゲームセンターや遊技広場などもあります。

懐かしのタマゴッチを景品にしたコインゲームや歴史を感じるフーズボールが楽しめます。
ひだり みぎ
北米のバーあたりの中古落ちがベトナムに流れてきたのかな。年季を感じさせます。

これもどこか懐かしい。
ひだり みぎ

IMG_5621
これらは中国のお下がりかな。

他にも園内にはトラ(本物)がいたりワニ(本物)がいたりもします。
IMG_5639
皆さんワニ釣りに興じています。最大のワニは全長4m、体重500kgにもなるそうですが、果たして竹竿なんかで釣れるのでしょうか。画像の中尾彬似の男性は5回ほど頑張るも、結局は断念していました。

園内を歩き回って汗をかいたので水分補給。このパークの最大の魅力は何と言っても園内販売されている物の安さ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
フルーツパーラー。各種の果物を目の前で絞って氷に入れてくれます。ミキサーの取替えは気が向いた際に行っているようです。

IMG_5511
パイナップル・マンゴージュース。VND 15,000 (≒ 60円)也。東南アジアではフレッシュジュースが見た目以上に美味しく手軽に買う事ができるので、エナジー補給には最適です。

これはココナッツ味(?)のソフトクリーム。
IMG_5515
驚きのVND 6,000 (≒ 24円)!!! どっかのテーマパークのように来場客の足元を見てぼったくるようなことはしません。

ひだり みぎ
他にもポップコーンや串焼き系の軽食類からかき氷のシロップ的なビビッドな色の果肉入りフルーツジュースなどが園内の至る所で売られています。

ひだり みぎ
遊園地だけあってちゃんとした観覧車やジェットコースターなども楽しめます。時速200Km出るというジェットコースター、心配になるほどの凄い爆音と摩擦火花を上げて走ってました。

ひだり みぎ
他にもイルカショーホールや映画館、レーザータグ場も園内に入っていて、一大アミューズメントパークを形成しています。

そして何とペイントボールまで!!ペイントボールとは塗料入りの弾丸を打ち合うサバイバルゲームで、北米では歴としたスポーツとして扱われています。
ひだり みぎ
MOI!!! 以前、北米のとある都市に住んでいた私は当時これにハマってしまいました。やりたかったけど、今回は一人だったので参加できませんでした。

射撃練習を行う職員。
IMG_5600
ベトナム人ってゲリラ戦得意なイメージがあるし、何だかペイントボール上手そうだな~。

そんなこんなのスイ・ティエン公園。一人でもそれなりにテーマパーク気分を楽しめました。市内からバスで1時間、タクシーですと30分程の距離ですので、ホーチミンに来られた際には是非立ち寄られてみては如何でしょうか。

IMG_5586
『お越しやす~~』

スイティエン公園
住所: Tan Phu Ward, District 9, HCMC, Vietnam
電話: 84-8-3896-0260
時間: (月-金)8:00-17:30、(土-日)8:00-18:00、(祝日)6:30-22:00
料金: 大人7万ドン、子供3万5,000ドン 

Related posts (関連記事):

ベトナムが誇る奇天烈宗教・カオダイ教
続いて我々が向かった先はベトナムの新興宗教であるカオダイ教の総本山。20世紀初頭、下級官吏だったゴーボンチウを教主として発足した宗教コミューンで、圧政に喘ぐメコンデルタの貧民層の間で燎原の火の如く急速...
快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市へ
週末休暇を利用した弾丸ダラット観光の旅程も全て消化し、ダラット空港へと向かわねばならぬ時間がやってきた。どんな旅にも終わりはあるとは分かっていても、これだけ快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街...
毎度毎度のベトナム航空A321 ホーチミン⇒香港 VN594
ダナンからベトナム航空国際線でホーチミンに飛び、いよいよ香港へと戻る時間がやってきた。今回乗るVN594の機材も毎度毎度のA321。この路線のビジネスクラスでは日本人の姿も多く見かけるので、知り合いと...
MOJO ドンコイ通りに面したお洒落カフェ/バー
ドンコイ通りに面したオープンテラス席がしばしば白人観光客の盛り場となっているMOJO on DONG KHOI。名前も良いですよね、MOJO。喪女でもない、JOMOでもない、MOJO。英語では魔術・呪...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ブロッケンJr.さん
    コメント頂き有難うございます!
    もう正に東南アジアの怪しさを集約したような遊園地でした。ヨーロッパも良いですが、東南アジアも東南アジアで独特の見所があって面白いものです^^