IHGの最上級ステータス・スパイヤ攻略を考える

そうだ。今さらだけどIHGの最上級ステータスであるスパイヤに到達していたので、今日は少しIHG修行の話をしたいと思う。

IHG最上級身分なんて言えば凡人を寄せ付けぬ高尚な響きがするけど、実際は大したことないんです。スパイヤの到達基準(75泊または75,000ポイント)を見たら否応なしに敷居が高そうな印象を受けてしまうだろうが、ポイントで攻めれば攻略は至極容易いもの。それこそ、SPG・ヒルトン・ハイアットといった大手グローバルチェーンの最上級ステータスの中では遥か遥かに獲得難易度は低いのである。(難易度が低い故にベネフィットも他チェーンと比べて劣るの部分があるので、この点に関しても以降のエントリーで触れていこうと思う)

では、小生の宿泊記録を見ながらIHG修行のカラクリを紐解いていこう。

17泊85,813ポイント。宿泊数ベースだと75泊も必要なところ、僅か17泊でゆうに最上級ステータスのポイント条件を超えてしまった。個人的にIHGはSPGのサブという位置づけにしてたたにもかかわらず、ハードルが低いのであっさりとスパイヤ到達だ。

以前のエントリーでも簡単に言及しているが、そのカラクリはボーナスポイント付きの宿泊にある。
ホテルによって通常のフレキシブルレートに若干の追加料金を支払うだけで「1泊につき1,000ポイント」だったり「1滞在につき5,000ポイント」といったポイント付きパッケージレートを設けられているのだが、驚くべきことに、これらのボーナスポイントが修行用ポイントに丸々加算されるのである。信じられない寛大な措置だ。

具体例を挙げた方が分かり易いだろうか。

小生が修行基地とした香港のホリデイインエクスプレス旺角の例を挙げてみよう。

この朝食付き税込HK$770(≒10,700円)のボーナスポイント付きプランで宿泊すれば、5,000ポイントのボーナス+HK$770分の宿泊費分900ポイントが加算される。即ち、僅か一泊10,700円で5,900ポイントを荒稼ぎでき、極端な話、HIEX旺角だけで修行を完結させようと思えば、13泊だけでスパイヤが獲得できてしまうことになる計算だ。

費用的には一泊10,700円の宿泊費で、5,900ポイント(3,540円相当)・Mr. Rebates(ミスターリベーツ)様の御恵みによる6%のキャッシュバック(642円)・クレカポイント(人により異なるが、1%還元で107円)で合計4300円弱のポイント資産を得られるので、一泊当たりの実質負担は6,400円で済んでしまうことになる。6,400円×13泊、スパイヤ獲得の実質負担が83,200円になる計算だ。思いっきりドンブリ勘定で弾き出した参考数字ではあるが、83,200円でグローバルチェーンの最上級ステータスですよ、83,200円。今後、更に円安に振れていけば邦貨換算での数値はもっともっと低くなる。こんなハードルの低いグローバルホテルチェーンの最上級会員資格、他にはありません。

どうだろう。IHGスパイヤのハードルの低さをお分かり頂けたであろうか。
因みに、この「一泊5,000ポイント付き宿泊プラン」は何もホリデイインエクスプレス旺角に限った話ではない。香港だけでもクラウンプラザ九龍東とインディゴが出しているし、世界中でオファーされている一般的なオファーなので、IHGホテルに泊まる際にはボーナスポイントプランの有無を確認することをお勧めする。印象としてはクラウンプラザ・インディゴ・ホリデイインエクスプレスがポイントを餌に集客するケースが多いかな。


5,000ポイントプランは滞在ごとに加算されるので、修行にはホッピングが不可欠。香港だったら上記のHIEX旺角とクラウンプラザ九龍東を行き来すれば良いし、佛山もHIEXとクラウンプラザの二か所を同時に泊まれば短期間の内に修行を終えることができる。

ホテラーの皆様、最上級会員を目指すのであれば、IHGが断然楽ですよ。

Related posts(関連記事):

Wホテル広州(W Guangzhou) 宿泊記
もうかれこれ1年半以上も前に泊まっていたWホテル広州の写真が当時使っていた携帯電話のメモリから発掘された。残念ながらラウンジ飯情報が取れなかったのでW広州ネタはお蔵入りにしようと思っていたが、折角なんで覚えてる範囲で宿泊記を残しておこうと思い直してみようと思う。ラウンジ飯は食べれなかったけど、Wホテルだけあって特にハード面で中々印象深いホテルだったんでね。 (adsby...
宿泊記 国を代表する名門ホテルが1泊1万円 アルメニア マリオットホテル エレバン
急遽泊まることになったHoliday Inn Expressも良かったけど、エレバン2日目からは元々予約をしていたマリオット(Armenia Marriott Hotel Yerevan)へと移動することに。 レートは11,000円ちょい~と、カテゴリー4のマリオットにしてはお手軽。 旧ソ連時代の1958年に国営アルメニアホテルとして開業した歴史あるマリオットホテル。町の中心となる...
宿泊記 ヨルダン一のオシャレホテル Wアンマンでのヒップな夜
二日間過ごした歴史ある名門ホテル・インターコンチネンタルを離れ、2018年4月オープンの最新鋭ホテル・Wアンマンへとマットレスラン。ヒップでポップな夜の幕開けだ。 場所は新市街地側の丘の上。アンマンで一番高いとされる高層ビルに入ってる。 Whatever, whenever!地味な石灰岩で作られた低層家屋ばかりが立ち並ぶアンマン市内にあって、ここだけ完全に別世界。 中に入っ...
New Majestic Hotel(ニューマジェスティックホテル シンガポール)宿泊記
2017年7月1日追記:当該ホテルは惜しまれつつ閉業。 セントレジスに続いてやってきたのはデザインホテルズのニューマジェスティックホテル(New Majestic Hotel Singapore/大華飯店)。大華飯店…大衆食堂かのような安っぽい中国語の名称からそこはかとなく漂うハズレ臭が気懸りだが、SPGカテゴリーは4なので決して安っぽいホテルではないのだろう。 MRTの最寄り駅は東西...