ワット・プラ・シー・イリヤーボット

続いて一風変わった名前のワット・プラ・シー・イリヤーボットへ。寺院の名であるイリヤーボットというのは4体の仏像という意味を表した言葉だそうで、その名の通り境内には座仏・涅槃仏・立像・遊行仏がセットになって祀られているみたいだ。よう分からんが、4体合体ロボみたいな感じなんだろうか。


入り口を入ると最初に目に飛び込んでくるのは高さ2mはあろうかという柵つきの立派な礼拝堂跡。基壇の上から生い茂る木々が何とも時の経過を感じさせる。


ここも御多分に漏れず屋根は跡形もなく土台と柱の根元、そして、本尊様が祀られていたであろう祭壇が辛うじて原型を留めているのみ。でも、いいんです。この遺跡のウリは礼拝堂跡ではない。


ワット・プラ・シー・イリヤーボットの最大の見せ場はこの部分。大きな煉瓦造りの四角柱の4面にそれぞれ異なった姿態で背中合わせに祀られた4体の仏像だ。正面(東面)に遊行仏、北面に涅槃仏、西面に立仏、南面に座仏が背中合わせで祀られている。


正面の東向きの壁面には大きな遊行仏の姿が辛うじて見て取れる。


ラテライトのブロックで成形された後に漆喰で体裁が整えられているようだが、残念な事に体の大半は崩れ落ちてしまっている。


時計回りにということで南側に回ると、恐らく座仏だったと思われる膝っぽい残骸と台座が残っている。北側の涅槃仏に至っては背面の壁に痕跡が残るのみで姿形は全くもって確認できず。


唯一まともに残っているのは西側の立像くらいのもの。やたらと肩幅があって不格好というか不均等な体つきではあるが、それでも品のある表情で優美な立ち姿を見せてくれている。

見所はこれだけでこじんまりとした遺跡ではあるが、個人的にはカムペーンペットで3本の指に入る面白遺跡だと思う。

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】







Related posts(関連記事):

チェンラーイの街をぶらぶら→時計塔にナイトマーケットに
チェンラーイの街は交通量は意外と多いが、街の規模は普通の一地方都市程度でごくごく狭い。旧バスターミナルを中心に旅行者が動く範囲はせいぜい500m程度のものであり、今日一日で街の殆どの場所を網羅した感がある。なんせ、昼に到着してからというもの、ほぼ歩きっぱなし。代償として足が棒になりつつあるので、旧時計塔近辺の市場でスナックでも買ってホテルで小休憩を挟み、陽が落ち涼しくなってからナイトマーケットにで...
これぞダークツアリズムの真骨頂 第二次世界大戦博物館
クウェー川鉄橋駅前は観光地化されていて、規模は小さいものの土産物屋や屋台が並ぶマーケットが形成されている。ホテル側は寂れている予感がするので、River Kwai Hotelにチェックインする前にここらで腹ごしらえすることにする。今日は既に目ぼしい観光名所には足を運んだので、後はノープランで適当に街探索をするのみ、時間はたっぷりある。 クウェー川沿いの出店外。試食させてもらって美味...
アユタヤ随一の人気寺院 ワット・ヤイ・チャイモンコン
日本人町跡からワット・ヤイ・チャイモンコンへと自転車を走らせる。14世紀中頃にアユタヤ王朝初代王がセイロン(現スリランカ)から帰国した修行僧達の瞑想場として建立したといわれる由緒ある寺院で、今ではアユタヤ随一の人気寺院であるそうだ。16世紀の後半には伝説の戦闘王(兼ニワトリ王)・ナレースワン大王がビルマとの戦争でビルマ王子との一騎打ちに勝利し、その記念としてランドマーク的な72メートルの巨大仏塔も...
地元の寺院で無の境地へ!ワット・スワン・ダーラーラーム
アユタヤ中洲の南に位置するワット・パナンチューンへの渡り船乗り場を探していたところ、偶然にも建立間もなそうなピカピカな寺院を発見。ガイドブック内では取り上げられていないが、現チャクリー王朝初代王ラーマ1世の父によって建立され、ラーマ1世が王室寺院とした由緒ある寺院だそうだ。 アユタヤの澄み切った青空に良く映える真っ白い敷居と南国風鑑賞樹、そして圧倒的存在感を誇る白壁が美しい礼拝堂。こじん...