CX719→ブロックM→CX718

ジャカルタで親しくさせて頂いていた方が急な人事異動で日本へ帰任されることになった。ショートノーティスだった為に十分な時間が確保できなかったが、せめて夜だけでもと無理やり時間をねじ込んでジャカルタへと向かう。CX719でジャカルタ入り、翌朝のCX718で香港へ折り返しという完全に飲み目的だけの出張だ。

CX719は16:05香港発20:00ジャカルタ着。打合せを終えエアポートエクスプレスにて空港入り。空港で帰任土産(=戦地インドネシアからの生還祝い)を調達した後はBridgeでシャワーを浴び、さっぱりしてからゲート64へと向かう。CX719はいつも空席がちだが今回は特に醜く、パッと見100人ちょいくらいしか搭乗口に集まっていない。


空席が目立つ機内のエコノミーの最前列。皆さん足を上げる高さでも競っているかのように見事な“壁への足あげ”を披露されていて、逆に足を壁に上げていない方が異常なのではと思い始める。こう思ってしまうところが右に倣え大好きなニッポン人。


壁に貼られたポストイット。イブラヒモビッチを女にしてムッチリ巨乳にさせて少しアラブテイストを加えた感じのCAが壁の至る所にペタペタと貼っていたが、書き殴りの汚い文字が暗号のようで解読できず。


飛行機は8時ちょい前にスカルノハッタ空港に到着。イミグレには今日も糞みたいな長蛇の列。20分かけて入国手続きを終え、追いすがる荷物持ちのポーターやタクシーの客引きを振り払って事前手配してもらっていた車に乗り込み、いざ約束の地ブロックMへと直行。今回帰任される方とはブロックMとコタの“俺の餃子”→“球場”コースを繰り返してきて、順当であれば今回はコタコースだったのだが、今回は最後で盛大にやりたいし球場がナイフ沙汰か何かでクローズになっているとのことで、ブロックMを指定される。


有名人でも出てくるのか警備員がいつもより多く配員されていて、ただでさえ気味の悪い夜のスカルノハッタ空港が物々しい雰囲気に包まれている。あぁヤダヤダ。


醜い渋滞にはまりブロックM到着は10時前。1993年創業の老舗日本食屋・キラキラ銀座にて客先と合流。後で知ったのだが、地味にJALと提携しているようで、ここでの会計は30000ルピア(≒300円)で1JALマイルが貯まるそうだ。 JAL公式サイトの案内

ひだり みぎ
続いて日本人向け中華料理が食べられる空海へと移動、氷点下ビールと“バクハイ”を浴びるように飲まされ死亡。その後は空海の前のカラオケ店ジャワジャワとチャンティックトーキョーをハシゴして2時にはお開きでホテルまで送ってもらったそうだが、3年ぶり2度目のメモリ不良で記憶が飛ぶ。相手方も途中でブラックアウトしたそうだ。

DSC_3669

ひだり みぎ
インドネシア人にしか見えない日本人経営のジャワジャワ内部。
ジャワジャワで係員に頼んで外からたこ焼きを買ってきてもらった際にチップを大盤振る舞いしたところまでは覚えているんだがなぁ…気付いたらホテルのモーニングコールで起こされた。帰任の別れの最後をお互いに覚えてないという…まぁまた日本でも会えるしな。5年間お疲れ様でした!

Related posts(関連記事):

いつもは渋滞地獄のタムリン通りが歩行者天国に
アジア随一の大都市ジャカルタ。産めよ増やせよじゃないけれど、溢れんばかりに増え続ける人口は950万人を超え、近郊を含めた都市圏人口は3000万人にも及ぶ。これだけの人口を抱えるメガシティ、確かにシムシティーの世界のようにでっかい都市なんだけれど、地下手や高架道路などのインフラ整備が全くもって追いついておらず、昨今のモータリゼーションの加速も相まって渋滞が酷いのなんのって。閑散時には30分足らずで到...
高原の避暑地・ボゴールの巨大植物園
オランダ統治時代に栄えたという高原の避暑地ボゴールにある唯一といっていいほどの見所がボゴール植物園。東洋最大規模・最大栽植種を誇る巨大植物園だ。ボゴールという街自体がオランダ人居留地として発展した歴史があり、この植物園も元々は蘭印総督府の庭園だったそうだ。その後、ナポレオン戦争後に一時的にジャワ島支配が英国に移るも、オランダの所管に戻った1817年、正式に植物園として開園し、1822年までに47ヘ...
インドネシア近代絵画界の巨匠・アファンディ氏の美術館
ジャワの宮廷文化を現代に引き継ぐ芸術の都・ジョグジャカルタ。ジャワの芸術としては影絵芝居であったりガムラン、ろうけつ染め等のアートばかりが注目されているが、ジョグジャではインドネシア近代絵画界きっての巨匠・アファンディ画伯(1907-1990)もジョグジャを活動拠点としていたことからペインティング文化も根付き始めているそうだ。町中で見られるウォールペインティングもアファンディ氏の影響によるものなの...
ブリンハルジョ市場とパク・アラマン王宮
ジョグジャ4日目の朝。宿泊先でピリ辛インドネシア料理の朝食を食してから、清々しい朝陽を浴びながら歩いてマリオボロ通りを南下する。 国営観光案内所でトランス・ジョグジャ(市内を走る路線バス)の路線マップを入手し、更に南へ。 ミロタの対面にあるブリンハルジョ市場に入ってみる。 1925年に建築された現ブリンハルジョ市場、今は南国風グリーンをベースとした瀟洒で風情漂わす建物になって...