ダラットでのナイトライフは…
ダラットでのナイトライフは…

ダラットでのナイトライフは…

人口20万程度の地方小都市・ダラット。人口684万人(2012年)を誇るハノイや同約768万人のホーチミンと比べると、夜の店じまいはどこも早い。早すぎる。ダラットはダラットで豊富な観光資源を有してはいるが、それらは色鮮やかなフラワーアートであったり高原野菜を活かしたヘルシーフード、澄んだ空気、絵葉書のように美しい山と湖が融合した景色などなどであり、決して華やかなナイトライフを楽しむような観光地ではないようだ。

とは言っても折角ダラットに来ているのにホテルで手持無沙汰にするのも勿体無い。ということで早速グーグル検索…検索結果に引っ掛かったV Cafeという外国人御用達バーへと向かう事に。

夜の8時でこの静けさにこの暗さと人気の無さ…気温も薄手の長袖シャツ1枚じゃ足りないくらいに冷え込んできます。
558
モーターバイクの走行数も少なく静けさが漂う街頭。体にねっちょりとまとわりつくベトベトした熱気も無く、ベトナムらしさは微塵もない。

546
ゲストハウスが乱立する薄暗いBui Thi Xuan通りに光るV Cafeのネオン。生演奏の音が外まで漏れ出ていてムード満点。

547
きっと他に行くところがないからだろう。中に入るとテーブル席もカウンター席も超満席で、外のテラス席も全て埋まっている状況。白人ヒッピーの溜まり場になっているようで、比較的若い白人集団やカップルが、生演奏を聴きながら思い思いのままに語らい合っていた。そんな白人ワールドに来てはみたものの、どうしても席が用意できないとのことで、50メートル離れた姉妹店のエスケープバーという店を紹介される。エスケープバー…今回の『現実逃避』という旅行のテーマにぴったりの名前なので、しょうがなく促されるままにエスケープバーへと移動することに。

557
こちらの暗闇に妖しく光る建物が、エスケープバーが入っているBlue Moon Hotel。藍白い三日月が薄気味悪く光り、ホテルのエントランスも魔界への入り口かのように青白い光を灯している。

548
ホテル内で暫し迷ったが、ベースメントの角にエスケープバーを発見。16:00の開店~19:00まではOne buy, get one freeのハッピーアワー、毎晩21:00からはライブミュージックが開催されていて、日曜の晩はセッションデーとなっているようだ。

549
今晩はチュニジア人によるライブが開かれるっぽい。多分、このミュージシャンが私の人生で初めて会うチュニジア人になるだろう。ベトナム中部の高原都市で会うチュニジア人。これも何かの縁である。

ひだり みぎ

555
エスケープバーはV Cafeよりもクラシックな雰囲気だ。中央の席で還暦過ぎにも見える年を召した白人男2人と20代前半のような若いベトナム人女性2人が静かにダブルデート(?)を楽しんでいる。

553
ライムの葉っぱがふんだんに入ったモヒート。カクテルはVND 89,000~(約400円)と、現地物価からすると相当なお値段であるが、雰囲気は良く、落ち着いた酒の場を満喫する事ができる。宣伝にもあった音楽は、どういう訳だか21:30を過ぎてもミュージシャンが現れずじまい。ライブミュージックは毎晩21:00から!!って書いてあったんだけどなぁ…


Escape Bar
住所:B1F, Blue Moon Hotel, 4 Phan Boi Chau St., Da Lat
電話:(063) 357 8888(内線5000)
営業時間:16:00~深夜 (ラストーダーは24:00)

Related posts(関連記事):

都会のオアシス ルーフトップガーデン inレックスホテル
夜8時過ぎ頃に竹刀中心部のレックスホテル前を歩くと、どこからともなくジャズやフォークミュージックが聞こえてくる。オールデイズのイントロに続いて渋みのある低音のボーカルの歌声が夜風に乗って響き渡る。実はこれ、ホテルの屋上にあるルーフトップガーデンというレストランでの生演奏の音楽なんです。 レロイ通りとグエンフエ通りの交差点という一等地に建つ5つ星コロニアルホテル・レックスホテル...
ベトナムの奇天烈宗教第二弾・ココナッツ教
「最高のボート」を所有していると言う黒縁眼鏡との約束の時間がやってきたので、メコン川沿いの埠頭へと向かう。本日の一番の目的は、メコン川の中州に浮かぶ、ココナッツ教の教団跡が残るフーン島の見学だ。カオダイ教総本山に続き、ベトナムの奇天烈宗教施設の訪問第二弾といったところ。その後、時間が余ればトイソン島の果樹園やココナッツキャンディー工場、ベンチェーの蜂蜜農園を巡り、熱帯雨林の中のジャングルクルーズな...
歴史博物館【ホーチミン】 
土曜日の午後は時間が空いた為、ホーチミン市の博物館巡りに行ってきました。 先ずは歴史博物館。 以下は私が把握していた大雑把なベトナム史の流れ。 ・紀元前から1000年以上に渡り支那の支配下。 ⇒10世紀くらいに独立を回復!民族意識高まる。 ⇒独立後も1000年近く支那やらモンゴル軍の侵略活動に晒される。民族意識高まる。 ⇒フランス支配。民族意識高まる。 ⇒日本の統治下に。民族意識...
ホーチミン空港でVAT還付の手続きをしてみた
今回、初めてベトナムでVATの還付手続きをしてみたので、還付申請の方法を記録として残しておく。 VATとは課税の対象となる物品やサービスに対して課される消費税のようなものなのだが、これがなんとまぁ一定の条件を満たせば空港で還付してもらえることになっている。 【還付条件】 1.申込者はベトナム国籍を有さない外国人 2.申込対象品は輸出禁制品目に該当せず、且つ飛VAT還付対象の未使用品 3...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。