ダラットでのナイトライフは…

人口20万程度の地方小都市・ダラット。人口684万人(2012年)を誇るハノイや同約768万人のホーチミンと比べると、夜の店じまいはどこも早い。早すぎる。ダラットはダラットで豊富な観光資源を有してはいるが、それらは色鮮やかなフラワーアートであったり高原野菜を活かしたヘルシーフード、澄んだ空気、絵葉書のように美しい山と湖が融合した景色などなどであり、決して華やかなナイトライフを楽しむような観光地ではないようだ。

とは言っても折角ダラットに来ているのにホテルで手持無沙汰にするのも勿体無い。ということで早速グーグル検索…検索結果に引っ掛かったV Cafeという外国人御用達バーへと向かう事に。

夜の8時でこの静けさにこの暗さと人気の無さ…気温も薄手の長袖シャツ1枚じゃ足りないくらいに冷え込んできます。
558
モーターバイクの走行数も少なく静けさが漂う街頭。体にねっちょりとまとわりつくベトベトした熱気も無く、ベトナムらしさは微塵もない。

546
ゲストハウスが乱立する薄暗いBui Thi Xuan通りに光るV Cafeのネオン。生演奏の音が外まで漏れ出ていてムード満点。

547
きっと他に行くところがないからだろう。中に入るとテーブル席もカウンター席も超満席で、外のテラス席も全て埋まっている状況。白人ヒッピーの溜まり場になっているようで、比較的若い白人集団やカップルが、生演奏を聴きながら思い思いのままに語らい合っていた。そんな白人ワールドに来てはみたものの、どうしても席が用意できないとのことで、50メートル離れた姉妹店のエスケープバーという店を紹介される。エスケープバー…今回の『現実逃避』という旅行のテーマにぴったりの名前なので、しょうがなく促されるままにエスケープバーへと移動することに。

557
こちらの暗闇に妖しく光る建物が、エスケープバーが入っているBlue Moon Hotel。藍白い三日月が薄気味悪く光り、ホテルのエントランスも魔界への入り口かのように青白い光を灯している。

548
ホテル内で暫し迷ったが、ベースメントの角にエスケープバーを発見。16:00の開店~19:00まではOne buy, get one freeのハッピーアワー、毎晩21:00からはライブミュージックが開催されていて、日曜の晩はセッションデーとなっているようだ。

549
今晩はチュニジア人によるライブが開かれるっぽい。多分、このミュージシャンが私の人生で初めて会うチュニジア人になるだろう。ベトナム中部の高原都市で会うチュニジア人。これも何かの縁である。

ひだり みぎ

555
エスケープバーはV Cafeよりもクラシックな雰囲気だ。中央の席で還暦過ぎにも見える年を召した白人男2人と20代前半のような若いベトナム人女性2人が静かにダブルデート(?)を楽しんでいる。

553
ライムの葉っぱがふんだんに入ったモヒート。カクテルはVND 89,000~(約400円)と、現地物価からすると相当なお値段であるが、雰囲気は良く、落ち着いた酒の場を満喫する事ができる。宣伝にもあった音楽は、どういう訳だか21:30を過ぎてもミュージシャンが現れずじまい。ライブミュージックは毎晩21:00から!!って書いてあったんだけどなぁ…


Escape Bar
住所:B1F, Blue Moon Hotel, 4 Phan Boi Chau St., Da Lat
電話:(063) 357 8888(内線5000)
営業時間:16:00~深夜 (ラストーダーは24:00)

Related posts(関連記事):

政治臭の強い歴史博物館&革命博物館
ホアンキエム湖から南東へ少しいったところにある歴史博物館。フランス領事館の跡地で、1874年にハノイで初めてフランスに割譲されたとされる屈辱の地に建っています。建物自体はフランス極東研究所の博物館として1932年に完成されたそうで、大変な歴史を誇る建築物のようです。 インドシナ建築様式と呼ばれる東洋と西洋の様式が混じり合った独特の建物で、外装や窓枠はアールデコ調の装飾が施されいる。一見、...
ベトナムの奇天烈宗教第二弾・ココナッツ教
「最高のボート」を所有していると言う黒縁眼鏡との約束の時間がやってきたので、メコン川沿いの埠頭へと向かう。本日の一番の目的は、メコン川の中州に浮かぶ、ココナッツ教の教団跡が残るフーン島の見学だ。カオダイ教総本山に続き、ベトナムの奇天烈宗教施設の訪問第二弾といったところ。その後、時間が余ればトイソン島の果樹園やココナッツキャンディー工場、ベンチェーの蜂蜜農園を巡り、熱帯雨林の中のジャングルクルーズな...
日中建築文化を調和させた進記家(タンキーの家)
結局、貿易陶磁博物館でも総合チケットを消化せず…おいおい、これ、余ったら返金できないの?できないよなー。ということで、川べりを散歩しつつ、日中折衷の伝統建築が残るという進記家(タンキーの家)という場所に行ってみることに。他にも廣勝家(クアンタンの家)や馮興家(フーンフンの家)、陳祠堂なる旧家・商家も観光地として一般公開されているそうだ。 あったった、進記って書いてある。この淡い芥子色した...
ホアンキエム湖に纏わる伝説
歩いて市内中心部にあるホアンキエム湖まで戻ってきた。ホアンキエム湖は太極拳をするお年寄りや、抱き合う若いカップル、はしゃぐ子供たちなど、地元の老若男女が思い思いの時間を過ごす憩いハノイ市民の憩いの場のようだが、どうやら単なる平和な湖ではないようだ。というのも、どうやら言い伝えに拠ると、明(当時の中国)の属領時代にベトナム人に対する重税や同化政策に反抗して各地で抗明運動が盛んになった15世紀、当時の...