ベトナムが誇る珍酒(サソリにコブラにタツノオトシゴに…)

本日は09:00からカットカット村のトレッキング、13:00からハムロンの丘登山、そして18:30ハノイ発のバスにて戻りという計画だ。日中は暑いサパも朝晩は過ごし易く、パンツ一丁で寝ていたら07:00に寒さで目覚める。本当にここはベトナムか!!

さて、眠気覚ましの熱いシャワーを浴び、市場へと朝飯をがっつきに出かけると、こんなものを発見。

世界の珍酒の中でも特段に異色なサソリ+コブラ酒。サソリ酒もコブラ酒もみたことはある人は多いかもしれませんが、違います。こちら、サソリ+コブラです。なんとまあ、便の中でコブラがサソリの尾をくわえているではありませんか…なんだかやばそうな茸類も混ざっている…鑑賞用でなくて飲酒用??というか、サソリもコブラも明らかに瓶の口より大きいんだが、どうやって収納したの?彼ら、中で育ったの?何でこんな絶妙なポーズで止まってるの?などなど突っ込みどころが多すぎますが!!他にも高句麗人参的な物だったり危なそうな山菜や蛇、そしてタツノオトシゴが入ったお酒、そして、ド直球ではあるが、何かの動物の性器っぽい物まで…小さな個人商店のくせしてとにかく怪しく不気味なお酒のオンパレード。それも、普通に飲料水や食用油や味噌っぽい一般商品の中にシレっとこれらの珍酒が混ぜて置かれているから驚きを通り越して笑ってしまう。サパの少数民族の人達、どんだけなんですか!!

どうやらベトナムには滋養強壮に効きそうな様々な爬虫類や昆虫やその他ヤバそうな物をどっぷりと漬け込んだ珍酒が沢山あるようだ。サソリなどは漢方医学では『毒を持って毒を制す』的な考えで、茹でたサソリや煎って粉末にしたものを服用すると、破傷風、ひきつけ、筋肉痛に対して効果があるとされるので、もしかしたら本当に滋養強壮にも良いのかもしれないが、これは不気味過ぎるし、そもそも朝一で飲むようなものではない。『TAC HE Seahorse』とのラベルがあるやつなんて、物凄いボリュームのタツノオトシゴが詰め込まれているが、タツノオトシゴってワシントン条約で絶滅危惧種に指定されてるから持って帰れねーだろう。そう思いスルーしてしまったが、後でもっと疑問点を店主に追求してお土産に何本か買ってくるべきだと激しく後悔した。

サパに行かれる方、こちらのお店に立ち寄ってみては如何だろう。ハムロン通りからサパ市場へ向かう坂を下りてる途中にあったと思います。

Related posts(関連記事):

ホイアンヒストリックホテル宿泊記(Hoian Historic Hotel)
ダナン空港に到着し、駆け足でメータータクシー乗り場へ一直線で向かう。ターミナルを出て、道路を1本渡ると3~4のタクシーや客引きが待機しているのが見える。あーだこーだ言って進行方向に立って邪魔をしてくる怪しい客引きにはガン無視を決め込み、ホーチミンでいつもお世話になっている安心のVinasunタクシーに乗車。筆談で運賃の概算を確認してみると、VND500,000-VND550,000とのこと。ちょい...
バオダイ宮殿で古き良きインドシナに思いを馳せる
タイトルにあるバオダイとは、ベトナム最後の皇帝としてベトナム史に名を馳せる歴史的有名人だ。バオダイを漢字で表記すると保大(やすひろ!?)となり、何だか一気に妙な親近感が湧いてくる。 ここで、保大さんの波乱万丈なキャリアを振り返ってみよう。時は1913年、当時のベトナムの王朝である阮朝の皇子のボンボン息子として生まれ、幼少期~青年期を宗主国のフランスで過ごすも、戦時の動乱期に反仏クーデターを発...
バック滝で体験できるエクストリーム・スポーツ(!?)
午前中に赤ザオ族の村の訪問を終え、午後は絶壁を流れ落ちるバック滝の観瀑台へと登⇒モン族・ザオ族の住むラオチャイ村・タヴァン村巡りという旅程を組んでみた。時間に余裕があれば少数民族の村々を結ぶ渓谷を自らの足でトレッキングしたり、少数民族のお家へのホームステイにも参加したいのだが、明日の午後にはハノイ行きのバスに乗らねばならぬ強行日程で来ている身、しょうがなく午前と同じバイタクのジンさんにVND250...
ホイアンで鑑賞するベトナムの民族音楽と伝統舞踊
民俗博物館のグエンタイホック通り側に抜けた後は、同じ通りにある伝統家屋でベトナムの民族音楽コンサートを鑑賞することに。時計を見ると09:40、「伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ」という何の捻りも無いネーミングの建物の中で、10:15~・15:15~の一日二回、ベトナム民族音楽のショーが行われていて、ちょう午前の部に間に合わせることができそうだ。 どことなく哀愁漂うグエン...