2015年旧正月(ホイアン&ダナン)

さて、今年の旧正月はどこに行ってやるか。行きたいところは十指に余る程あるのだが、今年の旧正月は酷いことに5日しか休みが取れないので、アクセスの良い近辺に絞らざるを得ない。うーん。近いし、ミーソン遺跡、ホイアン、ダナンにすっか。去年の国慶節にラオスのチャンパーサックにあるワット・プーを拝んだことでチャンパ王国へ漠然とした興味を抱き、チャンパの聖地跡であるミーソン遺跡を「行ってみたいリスト」の上位に挙げていたところだ。場所はベトナム中部の世界遺産の町・ホイアン近郊。香港からKA220でダナンに飛び、ダナン空港からバスまたはタクシーでホイアンへ移動するというのが最短ルートになる。が、しかしだ。丸子に問い合わせたところKA220は火・木・土・日のみの運航とのことで、水曜日移動となる今回はベトナム航空での移動を余儀なくされる。なんとも出鼻を挫かれた感があるが、まぁモノクラスのKA220のA320と違ってVNはリージョ仕様の雑魚(A321)とはいえビジネスクラスがあるから良いかとポジティブシンキング。

【移動】
往路:VN593 香港⇒ハノイ、VN179ハノイ⇒ダナン
復路:VN101 ダナン⇒ホーチミン、VN594 ホーチミン⇒香港
VNは成田―ダナンの直行便を飛ばしてるくせに香港―ダナンは就航してないんかい。

【宿泊先】
ついでにベトナムの古都・フエ⇒ダナン⇒ホイアンと周遊したかったのだが、今回は時間の制約上、泣く泣くホイアンに絞って観光することに。ホイアン3泊、ダナン1泊の計画。

ホイアン:町のど真ん中にあるホイアンホテルのデラックス
ダナン:開業から1年半と出来立てホヤホヤのノボテルダナンプレミア ハン リバーホテルのエグゼクティブ。

ホイアンはまだしもベトナム中部の要地であるダナンにはメリディアンあたりが建っててもよさそうなものだが、2017年7月にフォーポイントが出来るまではSPGは無し。どうやらダナンの町はアコーにより牛耳られているようで、そんなに広くない市街地とビーチ近辺にノボテル、グランドメルキュール、Premier Village Danang Resort Managed by Accor、Pullman Danang Beach Resortと4つものアコーホテルが密集するという力の入れようだ。しかも、先ほどホイアンのニュースを見ていて知ったのだが、2014年12月にはホイアンにもM Galleryをオープンさせたそうだ。歴史的繋がりからフランス人観光客が多いとはいえ、ちから入りまくりである。

それにしても、アコーなんてかれこれ1年振り。縁が無いと思っていたのだがなぁ。
1.ジャカルタのグランドメルキュール及びメルキュールでの印象がすこぶる悪い。
2.中国大陸にある安宿ブランドIbis系列ではポイント加算無し。
3.アコーの本拠地フランスはおろか、欧州に渡航する機会が皆無。
4.最上級会員へのハードルが60泊or 25000ポイント他プログラムと比べて高め。

結構お得なキャンペーンは定期的に出しているようなんだが、どうもなぁ。今回に関しては二月いっぱいまでアジアパシフィック地域3倍ポイントキャンペーンという太っ腹企画中だったこともありノボテルに即決したが、今後も積極利用はしないかな。

さて、もうすぐ搭乗開始。話が逸れてしまったが、そんなこんなで、ホイアン&ダナン旅行に行って参ります。

Related posts(関連記事):

ジャカルタで国際線→国内線ジョグジャカルタ行きへ乗り継ぎ
香港からの深夜便は定刻を若干早や回る03:35にジャカルタに到着し、05:10発のガルーダ国内線に乗り継いでジョグジャカルタへと向かう。 インドネシア国内線への乗り継ぎ時間は100分弱。スカルノハッタ空港はターミナルが3つもある大きなハブ空港で、やたらと分かりずらい構造になっているのでちょい心配だった。 空港の俯瞰図。半円形のターミナル1・2と、少し離れたターミナル3から構成されている...
アシアナ航空A321-200 ビジネスクラス搭乗記 ソウル(仁川)ー成田 OZ104
ソウル仁川から成田への2時間20分の空の旅はアシアナの残念機材・A321で。もう一本後のOZ106だとA330だったみたいなんだけど、OZ106だと成田着が17:50と遅いので、ここは渋々A321で妥協することにした。 いくら数時間程度の短距離フライトとはいえ、ゲートで待つナローボディ機を見ると搭乗前からテンションがダダ下がる。かつてはこの路線にも期間限定でA380が飛んでたりしたんだけ...
ホイアンのランドマーク的存在の来遠橋(日本橋)
トゥボン川のミニクルーズを終えた後は、ホイアンのランドマーク的存在として知られる日本橋へと向かう。日本橋は16世紀末に造られた屋根付きの古ーい橋で、日越友好の架け橋ともされている。16世紀末といえば日本はまだ安土桃山時代、アジアはアジアは大航海時代の真っただ中か。中南米における爆発的な銀の生産、更に戦国時代を終えた日本の銀が市場に参入し、東南アジアの貿易量が急増した頃である。当時の東アジア貿易の基...
クアラルンプール国際空港のマレーシア航空ゴールデンラウンジ
KULでのトランジット時間を潰す為に三井アウトレットパークKLIAまで足を運んだものの、ショッピング欲が刺激されるような目ぼしい物がなく…。結局KLIAに戻ってラウンジ詣ですることに。クアラルンプールのゴールデンラウンジはマレーシア航空の本家本丸ですからね。やっぱり本拠地ラウンジって期待しちゃうんで、ボーディングまでの50分でパパッとラウンジを見て回ろう。 ここクアラルンプール国際空港のマレ...