2015年旧正月(ホイアン&ダナン)

さて、今年の旧正月はどこに行ってやるか。行きたいところは十指に余る程あるのだが、今年の旧正月は酷いことに5日しか休みが取れないので、アクセスの良い近辺に絞らざるを得ない。うーん。近いし、ミーソン遺跡、ホイアン、ダナンにすっか。去年の国慶節にラオスのチャンパーサックにあるワット・プーを拝んだことでチャンパ王国へ漠然とした興味を抱き、チャンパの聖地跡であるミーソン遺跡を「行ってみたいリスト」の上位に挙げていたところだ。場所はベトナム中部の世界遺産の町・ホイアン近郊。香港からKA220でダナンに飛び、ダナン空港からバスまたはタクシーでホイアンへ移動するというのが最短ルートになる。が、しかしだ。丸子に問い合わせたところKA220は火・木・土・日のみの運航とのことで、水曜日移動となる今回はベトナム航空での移動を余儀なくされる。なんとも出鼻を挫かれた感があるが、まぁモノクラスのKA220のA320と違ってVNはリージョ仕様の雑魚(A321)とはいえビジネスクラスがあるから良いかとポジティブシンキング。

【移動】
往路:VN593 香港⇒ハノイ、VN179ハノイ⇒ダナン
復路:VN101 ダナン⇒ホーチミン、VN594 ホーチミン⇒香港
VNは成田―ダナンの直行便を飛ばしてるくせに香港―ダナンは就航してないんかい。

【宿泊先】
ついでにベトナムの古都・フエ⇒ダナン⇒ホイアンと周遊したかったのだが、今回は時間の制約上、泣く泣くホイアンに絞って観光することに。ホイアン3泊、ダナン1泊の計画。

ホイアン:町のど真ん中にあるホイアンホテルのデラックス
ダナン:開業から1年半と出来立てホヤホヤのノボテルダナンプレミア ハン リバーホテルのエグゼクティブ。

ホイアンはまだしもベトナム中部の要地であるダナンにはメリディアンあたりが建っててもよさそうなものだが、2017年7月にフォーポイントが出来るまではSPGは無し。どうやらダナンの町はアコーにより牛耳られているようで、そんなに広くない市街地とビーチ近辺にノボテル、グランドメルキュール、Premier Village Danang Resort Managed by Accor、Pullman Danang Beach Resortと4つものアコーホテルが密集するという力の入れようだ。しかも、先ほどホイアンのニュースを見ていて知ったのだが、2014年12月にはホイアンにもM Galleryをオープンさせたそうだ。歴史的繋がりからフランス人観光客が多いとはいえ、ちから入りまくりである。

それにしても、アコーなんてかれこれ1年振り。縁が無いと思っていたのだがなぁ。
1.ジャカルタのグランドメルキュール及びメルキュールでの印象がすこぶる悪い。
2.中国大陸にある安宿ブランドIbis系列ではポイント加算無し。
3.アコーの本拠地フランスはおろか、欧州に渡航する機会が皆無。
4.最上級会員へのハードルが60泊or 25000ポイント他プログラムと比べて高め。

結構お得なキャンペーンは定期的に出しているようなんだが、どうもなぁ。今回に関しては二月いっぱいまでアジアパシフィック地域3倍ポイントキャンペーンという太っ腹企画中だったこともありノボテルに即決したが、今後も積極利用はしないかな。

さて、もうすぐ搭乗開始。話が逸れてしまったが、そんなこんなで、ホイアン&ダナン旅行に行って参ります。

Related posts(関連記事):

廃れた国境の街・ラオカイから地上のパラダイス・サパへ
ラオカイではとにかく嫌な思いばかりした。たった1日の滞在で、これだけ印象の悪くなる街も滅多にない。ハノイからサパや中国方面に抜ける観光客を相手に少しでも多くふんだくってやろうとする、がめつい下心を態度に出しているさもしい考えの輩ばかりの廃れた街である。 ① 飯屋であからさまに釣銭をごまかされる。VND135,000であろう会計に対し、VND200,000を支払ったところ、帰ってきたのは何故か...
ルンビニ日帰り旅行を終え、イエティ航空便でカトマンズへ
無事に(?)仏教四大聖地の一つであるルンビニの見所周りを終え、少々予定より早いがカトマンズへと引き返すことに。もう少しルンビニにいたら悟りを開けてたと思うんですけどね。今必要なのはニルヴァーナよりもスリープなもんで。 先ずはルンビニからバイラワ空港へ向かうバスのターミナルへ、相変わらず歩いた方が速いようなゆっくりペースで凸凹道を走る。この細身でか弱いご老人、職業と自身の能力がマッチしてな...
フエで参加するDMZ(非武装地帯)ツアー フエの世界遺産巡り8
フエ二日目は昨日にバイクをレンタルしたLittle Hue Travelで予約をしたDMZツアーに参加することになっている。DMZとはDeMilitarized Zoneの略で、いわゆる非武装地帯。ベトナム戦争時にベトナムを南北に二分した17度線に沿った地域のことを指す。ベトナム戦争中には激戦区として激しい攻防が繰り広げられていた為、多くの戦跡がこのエリアに遺っているのである。 ベトナム...
羽田-香港 JALプレミアムエコノミー搭乗記 JL029
この日の香港への移動は久しぶりのJALプレミアムエコノミー。 なんか最近やたらとプレエコ推しなのか、すっごい頻繁にプレエコセールが開催されているんだわ。東南アジア方面への短期滞在ならダイナミックパッケージのC席を買った方が絶対にお得だと思うけど。 スカイシェルはB777-200ER型機のうちスカイスイート仕様への改修が済んでいない旧機材のみで見られる絶滅危惧種。今や香港便での運用も...