シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーチミンのカジノ


社会主義国のベトナムですが、なんとホーチミンにはカジノがあります。場所はカラベルホテル2階で、その名もClub Vegas!! フロア構成はスロットとルーレットがメインで、ブラックジャックは3テーブルのみ。カジノとしては非常に狭いが、当日は中国人と韓国人ぽい人中心にまあまあ賑わっていました。以下、特徴

●ブラックジャックやルーレットがタッチパネルのゲーセン方式の為、臨場感無し。 ディーラー不必要です。ブラックジャックのコンピューターの余りの無双っぷりに速攻スリました。相手がいつも20を出してくるので、ストラテジーも糞もありません。ちなみにミニマムベットはUS$10と20がありました。

●掛け金は米ドル
外貨が欲しいのでしょう。ベトナムドンも使えないため、米ドルへの両替の上でのプレーとなる。当日のレートはUS$ 100がVND 2,100,000程度とレート自体は悪くない。米ドル現金をカジノスタッフに渡し、プレーする機械にチャージしてもらう。後はゲーセン同様、全自動。払い戻しも米ドルとなる。

●ハイローラーにはビールや軽食などが無料
定期的に行かれているお客の数名はメンバーであり、ステーキとかも無料で振る舞われると言っていた。マカオと比べるとハイローラーの基準も極めて低いのだろう。

IMG_0446
カラベルホテル。市内のド中心に位置し、この2階にカジノがあります。

カジノにはいる時はパスポートの提示が求められると聞いていたが、必要ありませんでした。ベトナム人ルックの方のみ身分証の提示が求められるようです。


ゲーセンに毛が生えた程度の規模ですが夜のエンターテイメントに乏しいホーチミンにあっては息抜き程度にはなりますでしょうか。

Related posts (関連記事):

ホアンキエム湖に纏わる伝説
歩いて市内中心部にあるホアンキエム湖まで戻ってきた。ホアンキエム湖は太極拳をするお年寄りや、抱き合う若いカップル、はしゃぐ子供たちなど、地元の老若男女が思い思いの時間を過ごす憩いハノイ市民の憩いの場の...
メコンデルタの玄関口・ミトーの街とカオダイ教ミトー支部
標高5,200mのチベット高原を水源に、中国雲南省、そしてミャンマー・ラオス、タイ・カンボジアを経由して約4千Kmの旅をする超大河のメコン川は、旅の最後にベトナム南部のメコンデルタ地帯へと豊かな水の恵...
各国ツアーの溜まり場・貿易陶磁博物館
うーん、ホイアンの華人会館すべてを制覇したのだが、チケット要らずのとこがあったので、まだ総合チケットが4枚も残ってる。捥ぎり係りが居ない場合とか普通に入れたりしちゃうし、思ってる以上にチケットが消化し...
ミニチュア紫禁城 フエ阮朝王宮 フエの世界遺産巡り6
ベトナム初のユネスコ世界遺産が認定されたのは1993年、「フエの建築物群」が記念すべきベトナム第一弾の世界遺産となった。フエの建築物群はグエン朝時代に建てられたフエ市内の建築物全てを対象とするので、今...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする