ホーチミンのカジノ

社会主義国のベトナムですが、なんとホーチミンにはカジノがあります。場所はカラベルホテル2階で、その名もClub Vegas!! フロア構成はスロットとルーレットがメインで、ブラックジャックは3テーブルのみ。カジノとしては非常に狭いが、当日は中国人と韓国人ぽい人中心にまあまあ賑わっていました。以下、特徴

●ブラックジャックやルーレットがタッチパネルのゲーセン方式の為、臨場感無し。 ディーラー不必要です。ブラックジャックのコンピューターの余りの無双っぷりに速攻スリました。相手がいつも20を出してくるので、ストラテジーも糞もありません。ちなみにミニマムベットはUS$10と20がありました。

●掛け金は米ドル
外貨が欲しいのでしょう。ベトナムドンも使えないため、米ドルへの両替の上でのプレーとなる。当日のレートはUS$ 100がVND 2,100,000程度とレート自体は悪くない。米ドル現金をカジノスタッフに渡し、プレーする機械にチャージしてもらう。後はゲーセン同様、全自動。払い戻しも米ドルとなる。

●ハイローラーにはビールや軽食などが無料
定期的に行かれているお客の数名はメンバーであり、ステーキとかも無料で振る舞われると言っていた。マカオと比べるとハイローラーの基準も極めて低いのだろう。

IMG_0446
カラベルホテル。市内のド中心に位置し、この2階にカジノがあります。

カジノにはいる時はパスポートの提示が求められると聞いていたが、必要ありませんでした。ベトナム人ルックの方のみ身分証の提示が求められるようです。


ゲーセンに毛が生えた程度の規模ですが夜のエンターテイメントに乏しいホーチミンにあっては息抜き程度にはなりますでしょうか。

Related posts(関連記事):

とんだ濡れ衣
漸くベトナムから解放され、中国経由で晴れて日本に一時帰国することとなりました。問題が解決して清々とした気分で空港に向かい、キャセイのカウンターにてチェックイン。荷物検査も済ませてラウンジに向かおうとすると、キャセイの係員に呼び止められました。『申し訳ないがセキュリティーが話したいことがあるので戻ってきてくれ。』と。 は??? 私、何かしたか?詳しく聞くと、機内に預け入れたスーツケースに...
タイ湖(西湖)と鎮武観
タンロン遺跡を見て回った後も北を目指して歩いていると、タイ湖(西湖)へとぶち当たった。湖が多いハノイの中でも最も美しい湖として庶民に愛されている湖だ。市街地にあるホアンキエム湖と比べて人やバイクが圧倒的に少ないので、都会の喧騒を忘れてゆっくりとリラックスをすることができる。周りを見てもベンチに座っておしゃべりをする者あり、散歩を楽しむ人の姿あり、釣りをしながら転寝をするお父ちゃんあり、仲間と集まっ...
ほのぼのとしたホイアン民俗博物館
続いて、南国風の椰子の木が立ち並ぶ川辺のバクダン通りにやってきた。ライトアップされた光が川面に見事に反射される夜も幻想的で美しかったが、日中は日中で切り絵の中の世界のようなノスタルジックな雰囲気が漂い、散歩をしていてワクワクする。きっと、江戸時代の朱印船商人も遠くホイアンの地で同じような感想を持ったに違いない。 木彫りの工芸村・キムボン行きの船乗り場。地元民がバイクもろとも乗船...
ベトナムの手軽な春巻きチェーン店 Wrap n Roll
フォーなんて麺入れてパクチー入れてスープぶっかけるだけのお手軽料理なので利益率が良いのだろう、ベトナムのファーストフードチェーン店といえばフォー24やらフォー2000など、圧倒的に麺類の店が多い(気がする)。そんな麺類の重鎮が牛耳るホーチミンの外食産業に、春巻きを専門にした新参者が風穴を空けた。その名もラップアンドロール(Wrap n Roll)。バリエーション豊かな春巻きを武器にホーチミンには既...