ホーチミンのカジノ

社会主義国のベトナムですが、なんとホーチミンにはカジノがあります。場所はカラベルホテル2階で、その名もClub Vegas!! フロア構成はスロットとルーレットがメインで、ブラックジャックは3テーブルのみ。カジノとしては非常に狭いが、当日は中国人と韓国人ぽい人中心にまあまあ賑わっていました。以下、特徴

●ブラックジャックやルーレットがタッチパネルのゲーセン方式の為、臨場感無し。 ディーラー不必要です。ブラックジャックのコンピューターの余りの無双っぷりに速攻スリました。相手がいつも20を出してくるので、ストラテジーも糞もありません。ちなみにミニマムベットはUS$10と20がありました。

●掛け金は米ドル
外貨が欲しいのでしょう。ベトナムドンも使えないため、米ドルへの両替の上でのプレーとなる。当日のレートはUS$ 100がVND 2,100,000程度とレート自体は悪くない。米ドル現金をカジノスタッフに渡し、プレーする機械にチャージしてもらう。後はゲーセン同様、全自動。払い戻しも米ドルとなる。

●ハイローラーにはビールや軽食などが無料
定期的に行かれているお客の数名はメンバーであり、ステーキとかも無料で振る舞われると言っていた。マカオと比べるとハイローラーの基準も極めて低いのだろう。

IMG_0446
カラベルホテル。市内のド中心に位置し、この2階にカジノがあります。

カジノにはいる時はパスポートの提示が求められると聞いていたが、必要ありませんでした。ベトナム人ルックの方のみ身分証の提示が求められるようです。


ゲーセンに毛が生えた程度の規模ですが夜のエンターテイメントに乏しいホーチミンにあっては息抜き程度にはなりますでしょうか。

Related posts(関連記事):

毎度毎度のベトナム航空A321 ホーチミン⇒香港 VN594
ダナンからベトナム航空国際線でホーチミンに飛び、いよいよ香港へと戻る時間がやってきた。今回乗るVN594の機材も毎度毎度のA321。この路線のビジネスクラスでは日本人の姿も多く見かけるので、知り合いと鉢合わせなんて可能性も否めない。しかしこの日の私はTシャツ、短パン、サンダルという南国仕様三種の神器セットを身に纏い、連日の観光で肌も別人のように焼けている。きっと知り合いに見られても気付かれずに済む...
ホイアンで鑑賞するベトナムの民族音楽と伝統舞踊
民俗博物館のグエンタイホック通り側に抜けた後は、同じ通りにある伝統家屋でベトナムの民族音楽コンサートを鑑賞することに。時計を見ると09:40、「伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ」という何の捻りも無いネーミングの建物の中で、10:15~・15:15~の一日二回、ベトナム民族音楽のショーが行われていて、ちょう午前の部に間に合わせることができそうだ。 どことなく哀愁漂うグエン...
ベトナムの青空散髪屋
本日は日曜日。暇に任せてホーチミン市内を探索に出ました。街頭を歩いていたところ、壁際に集まる怪しげな3人の男を発見。 不自然に寄りあう男ども。何だか怪しい予感。 近寄ってみると… 街頭散髪屋でした。壁に鏡を備え付けてその前に椅子を一個置くだけという一切の無駄を削ぎ落とした究極のシンプル店舗。店舗(?)を覗き込むと美容師さん(?)に満面の笑みで手巻きされる。英語で20,000ドンと...
ハノイシェラトン クラブルーム宿泊記
今回のハノイ滞在の宿泊先に選んだのはハノイシェラトン。静かで穏やかなタイ湖の畔に位置している為、町の騒音に邪魔されずにゆったりとした安らぎの時間を過ごすことができる癒し系のホテルである。ハノイだと個人的には賑やかなホアンキエム湖周辺や旧市街地のホテルが好みなのだが、今ならシェラトン5泊で週末無料宿泊券が貰えますからね。今回は見事にプロモに釣られてしまいました。 ノイバイ空港からはメータ...