バオダイ宮殿で古き良きインドシナに思いを馳せる

タイトルにあるバオダイとは、ベトナム最後の皇帝としてベトナム史に名を馳せる歴史的有名人だ。バオダイを漢字で表記すると保大(やすひろ!?)となり、何だか一気に妙な親近感が湧いてくる

ここで、保大さんの波乱万丈なキャリアを振り返ってみよう。時は1913年、当時のベトナムの王朝である阮朝の皇子のボンボン息子として生まれ、幼少期~青年期を宗主国のフランスで過ごすも、戦時の動乱期に反仏クーデターを発動し、フランスから独立宣言をしてベトナム帝国を樹立。日本の敗戦後には8月革命の末に退位へと追い込まれるも、今度はホー・チ・ミンによりベトナム民主共和国政府の最高顧問に任命されたことで、政治の表舞台に返り咲き。その後は香港に亡命してみたり、フランスの傀儡国家ベトナム国の元首になったり、国民投票に敗れてフランスへ亡命したりと、グローバルな舞台で波乱万丈な人生を歩まれた保大さん。ダラットの町の南西2kmの松林の中にには、そんなラストエンペラー・保大さんが毎年夏に住まわったとされる離宮が残されている。

ひだり みぎ
バオダイ宮殿はダラット市内を見下ろす小高い丘の上に建っている。

723
流石はフランス育ちのボンボンおフランス。いかにも西洋育ちのお坊ちゃまの離宮といった感じのシャレオツな佇まいのこちらが、5年の月日をかけて完成されたバオダイさんご自慢の別荘である。離宮なのに1000㎡の建築面積で、26の部屋があるという超大豪邸である。

ひだり みぎ
前庭には可愛らしく装飾されたベスパや白馬などが訪問客を乗せて走り、いかにも観光地という雰囲気だ。

679
記念撮影用の孫悟空と猪八戒も待機してるけれど、暑いからだろう、モロに顔出して携帯弄って遊んでるwww子供にお金(VND1,000≒4円)を渡されてからマスクを被ってダンスを演じる孫悟空。「俺だってこの糞暑い中、安い給料でやってるんだよ。」くらいの考えが態度にありありと出てしまっているが、ここらへんのユルさがなんともベトナムクオリティ。子供側も孫悟空による演劇というよりは、孫悟空の恰好をしたお兄さんによる芝居だと割り切っている感がある。

満を持して別荘の内部に入ろうとすると、靴の上からビニールカバーを履くよう厳命される。土足厳禁。そう、ここはベトナムが誇るラストエンペラー・バオダイ様の御殿なのである。床に汚れ一つ残すことさえ許されないのだ。よって、内部は観光客が一様に青いビニールの靴カバーを履いて参観するという滑稽なことになっている。ベトナム流の臣下の礼かしらんが、まぁ甘んじて受け入れよう。

686
おっと、こちらがバオダイさん。きっちりネクタイまで締めちゃって、お坊ちゃま臭がプンプン香ります。でもワイルドな一面もあるらしく、彼が狩猟したとされる像の象牙や虎の皮がさりげなく展示されてたりします。

687

688
バオダイさんの彫刻。いかにも目からビーム光線を発しそうな不気味さで応接間を見据えています。

694
こちらは変身写真コーナー。煌びやかな皇族衣裳を身に纏い、王座に座って記念写真を撮ることができます。なんだかセットが安っぽい気がするので、観光地化した際に後付けで作られたのではないだろうかと勘繰ってしまう。

ひだり みぎ
二階には寝室が配置されている。

694
皇太子・バオロン(保隆)様の御寝室。シックで落ち着きのある部屋である。

694
バオダイの奥さんナム・フォン皇后のプライベートルーム。彼女は有名な地主、しかも当時のベトナムで5本の指に数えられるほどの大富豪のご令嬢様だったそうだ。

709
大変お美しい。それもそのはず、ベトナムのMiss Beauty賞を何年にも渡って防衛していたそうだ。美男美女で中々お似合いのこのご夫妻、3人の王女と2人の王子をもうけられたそうだ。どうりで寝室が多いわけです。

715
バオダイさんのプライベートルーム横のバルコニーにある望月楼。語りモードに入ったバオダイさんが涼んだり、シャンペンを片手に月を眺めたりしたそうだ。ロマンチック保大。やることなすこと一々お坊ちゃまな人なんだなぁ。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
外には広大な敷地に広がる美しく手入れされたフラワーガーデンも眺めることができる。高原都市ダラットの気持ちいいそよ風に吹かれながらバオダイ帝在りし頃の古き良きインドシナに思いを馳せるのも良し、自然光を浴びてテラスで読書も良し、お馬にまたがり宮殿の周りのガーデンを駆けるのも良し。中々に趣のある場所である。

ひだり みぎ
出口付近にあるお土産屋。売り物はホーチミングッズ仏具など。そこはバオダイさん縁のお品を売ったらんかい!!!

続いてはケーブルカーに乗ってダラット南部を目指します。

Related posts(関連記事):

ベトナムが誇る奇天烈宗教・カオダイ教
続いて我々が向かった先はベトナムの新興宗教であるカオダイ教の総本山。20世紀初頭、下級官吏だったゴーボンチウを教主として発足した宗教コミューンで、圧政に喘ぐメコンデルタの貧民層の間で燎原の火の如く急速に広がり、一部は武装して「カオダイ軍団」なるものまで築きあげられた。1950年代半ばには勢いと妖しさを合わせ持った有力カルトとして台頭を現し、信徒数は100万以上、最大で25,000人を擁する私設軍隊...
JL751 成田ーハノイ B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
この日はJL751便で成田からベトナムの首都・ハノイへ一っ飛び。機材は普段から中距離路線でお世話になっている787だけど、ハノイ路線は同じ787でも新型ビジネスクラスシートを積んだ新仕様機材「SKY SUITE 787(SS8)」の787で運航されている。 そう、JALは二種類の787-8を運行しているのである。 旧機材:JALシェルフラットネオのC42席+Y144席の計186席 新...
ハノイ旧市街でB級カフェ・レストラン巡り(Dac Kim・Wanna Waffle・モヒートバー)
ハノイ出張中のとある日曜日、社内接待の為の終日ゴルフ地獄を回避できたので、たまには外でベトナムの活気を味わうのも良いだろうと賑やかな旧市街地の街並をブラブラしてみることに。 朝はハノイ名物ブンチャーの定番・Dac Kim(ダックキム)を攻める。1966年から営業している老舗中の老舗で、世界各国の旅行ガイド本にも漏れなく掲載されている観光客御用達のローカルレストランである。 観光客に屈...
孔子が眠る文廟と国中の秀才が集まった国子監
1010年に李王朝の都と定められて以来ベトナムの中心でありつづけた長い歴史のある街・ハノイ。もちろん今もベトナム社会主義共和国の首都であり政治の中心地となっている。“カラフル”、“モダン”、“エネルギッシュ”、“暑い”、“奔放”、“煩雑”といったイメージのホーチミン市に対し、ハノイにいると、“シック”、“レトロ”、“成熟”、“情緒”、“風情”といった印象を受ける。何というか、首都としての落ち着きと...