どこか寂れた遊園地・ダムセン公園

中華街から歩く事20分、ようやくダムセン公園に到着しました。ここもお客さんからおススメされた観光スポットで、ジモティ達の憩いの場だそうです。

IMG_6035
地味~な色に塗られた竹の傘に、南国フルーツっぽいロゴ。何となくベトナムらしい門構えで期待が持てます。中は『遊園地』兼『植物園』兼『動物園』になっているらしい。
チケットを購入し、園内に入場。
IMG_5940
誰も並んでないんだから真っすぐに進ませてくれればいいのに…クネクネと蛇足しながら入り口を進みます。

入園してみるといきなりの衝撃だ。どこかで見覚えのあるキャラが…
IMG_5975
ボク、ミ●キー。ボク、ドナ●ド。今は無きスティーブ・ジョブス氏は言いました。『単なる模倣はやめよ。知恵を加えることでオリジナルになる。』と。猿まねの亜流では期待以上のせいかは上がりませんよと。でもやっぱりパクリは後進国だとある程度しょうがないのかなって結論になっちゃいますが、その中でどうやって自国特有の創出物・ブランドを打ち出していくかが課題です。

これはここ独自のアイディア品でしょう。知恵を絞り、頑張って設計しましたよ。
IMG_5949
オレ、マッスルマン!いや、これは私の幼少時代に流行ったドラゴンボールに出てきたスポポビッチ氏ではないか!?いずれにせよどうしてこんなに可愛くないキャラになっちゃうんだろう。血筋張り過ぎです。そして、どうしても目が行ってしまうパンツのフリル!!

ひだり みぎ
IMG_5947
入り口横には典型的な遊園地のようにいくつかの絶叫系マシーンが並びます。

但し、電力不足からか稼働率は非常に悪い様子。ベトナムの電力事情は芳しくないですからね。
IMG_5950
一時間に一回の稼働なのだろうか。ちなみに現在の時刻は15:30です。

すると突如後ろから悲鳴が。トタン屋根なので絶叫が響くこと響くこと。
IMG_5956
振り返ってみるとモンスターマシーンが稼働しています!子供だましな遊具だと思ったら、ありえない角度と高さで高速回転をしていました。あれは怖い!!!老朽しはてたマシンが遠心力に耐え切れるのであろうか心配でなりません。

園内は全体的に設備の老朽化が進んでおり、80年代の雰囲気を漂わせています。
ひだり みぎ
くたびれたお城に、変色の進んだストーンヘンジ。

ひだり みぎ
ペンキの剝れかけたダルメシアンに、使い古されて疲れ切った湖のスワン。

IMG_6005
時代を感じさせるDiscovery号。

80年代どころか氷河期らへんまで遡らないとお目見えできないような不思議な昆虫たち。
ひだり みぎ

IMG_5968
蛭子能収さん似の出っ歯の昆虫がスイカを突き破っていくアトラクション。このアイディアは斬新。

IMG_6001
きっとアイディアを絞りに絞って考え出したのでしょうが、屋台ゲームも80年代の高校文化祭レベルの輪投げ。

銅像も豊富。
ひだり みぎ
オリジナルより若干肉付きのよいDiscobolusにずいぶんとカクカクした女性の像。

IMG_5972
綱引きならぬ“人引き”。ベトナムではこんな競技が広まっているのだろうか。

動物園では様々なショーが行われているみたいです。
IMG_5943
洋服を着て違和感なくドロップハンドルのチャリを乗り回すお猿に、人が乗った人力車を力強く押し必死の形相で火縄を潜るチンパンジー、小さな椅子に片足立ちをする像…中々シュールな絵です。

IMG_6013
動物のオブジェ。象は栄養剤でも打ったのだろうか、興奮を抑えきれない表情で、欠陥が浮き上がってます。イノシシも敵対心剥き出しです。遊園地なんだからもっとフレンドリーにすればいいのに。

ひだり みぎ
龍もなんか企んだ顔してるんだよなー。ベトナム人は器用なのでこういった緻密な事は得意としていて園芸の龍の造りは見事ではあるが、

IMG_6032
でも注視してみると舌が段ボールに歯茎と歯が紙!!??細部までは頑張らないのはベトナムクオリティーです。

ひだり みぎ
ベトナムアートって特徴あるよなー。こんな風に動物と戯れることもできるのかな。

最後に暑さ凌ぎの為に氷の世界とやらに入ってみました。入場料はVND 40,000 (≒160円)
IMG_6011

中は-10℃で外気とは45℃の差があります。防寒具を借りて入ってみると…
IMG_6033
おお!ハルピンの氷祭りばりの氷削アート!氷でできた家やら城やら塔が幻想的にライトアップされています。ベトナムでこんなものが見れるとは最後にちょっと感激。

でもやっぱり目くそ鼻くそながらスイ・ティエン公園の方が完成度は上かな。
ダムセン公園はまったりとしたデートスポットという感じはしないでもありませんが、残念ながらあまり観光価値は無いかと思います。


ダムセン公園
住所:3 Hòa Bình, phường 3, Thành phố Hồ Chí Minh
電話:08-858-7826
時間:8:00-20:00(土日は21:00)
定休日:
料金:大人VND 60,000、子供(身長140cm以下)VND30,000

Related posts(関連記事):

場末感溢れる田舎町・ビエンホア
前回からの続き。突如の思いつきでベトナム南北統一鉄道に乗り込み、サイゴンの次の停車駅・ビエンホアに辿り着いた。地図も事前情報も無い、文字通りの未知の世界だ。サイゴン都市部から列車で僅か40分、日本で言う横浜や浦和的な郊外都市をイメージしていたが、ところがどっこい、駅には戦乱直後のような混沌とした風景が広がる。どうやら辺境の地まで来てしまったようだ。 民家の様だが詰所か何かだろうか、...
廃れた国境の街・ラオカイから地上のパラダイス・サパへ
ラオカイではとにかく嫌な思いばかりした。たった1日の滞在で、これだけ印象の悪くなる街も滅多にない。ハノイからサパや中国方面に抜ける観光客を相手に少しでも多くふんだくってやろうとする、がめつい下心を態度に出しているさもしい考えの輩ばかりの廃れた街である。 ① 飯屋であからさまに釣銭をごまかされる。VND135,000であろう会計に対し、VND200,000を支払ったところ、帰ってきたのは何故か...
ホーチミンの6つ星ホテル・The Reverie Saigonでアフタヌーンティ
この日曜日は接待ゴルフも無く終日オフだったので、前々から気になっていたベトナム初の6つ星ホテル・The Reverie Saigon(レヴェリー サイゴン)に乗り込んでみることに。とは言ってもお泊りは無し、アフタヌーンティーだけの利用でね。 2015年に鳴り物入りでオープンしたレヴェリーサイゴンは、リーディングホテルズにも加盟するウルトラ・ラグジュアリーホテル。「高級感」というと人によって定...
日中建築文化を調和させた進記家(タンキーの家)
結局、貿易陶磁博物館でも総合チケットを消化せず…おいおい、これ、余ったら返金できないの?できないよなー。ということで、川べりを散歩しつつ、日中折衷の伝統建築が残るという進記家(タンキーの家)という場所に行ってみることに。他にも廣勝家(クアンタンの家)や馮興家(フーンフンの家)、陳祠堂なる旧家・商家も観光地として一般公開されているそうだ。 あったった、進記って書いてある。この淡い芥子色した...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hiro190さん
    おっ、タイムリーですね!それはそれはブログ更新を楽しみに待たせて頂きます^^