中国マクドナルドのドライブスルー!

中国に来て早4年、今思い返せば、何で自炊道具を揃えたのだろう…鍋はたま~に出番があるものの、包丁やまな板などは梱包箱を開けぬままにお蔵入り。気合を入れて買った米10Kgや各種調味料なども殆ど手つかずのまま遥か昔に処分した。

ええ、忙しさにかまけて365日が毎日外食。日本料理以外に西欧料理、東北料理、上海料理、台湾料理に飲茶、そしてファーストフード、ファーストフードファーストフード。いや、便利なんですよね。営業時間長いし移動中の高速道路とかにも店舗があるし、車内でもがぶつけるし。それになんてったて、世界に名だたるチェーン店だけにマクドナルドに入っときゃ間違いないとの安心感がある。

今日も移動中にマクドナルドを発見したので引き寄せられるようにマックに向かった。この店舗、どうやらドライブスルーがあるらしいのだが、うちのドライバーはドライブスルーのい意味が分からなかったらしく、会計を済ませて品を受け取った後に平然と「で、どこで食べるのだ?」と聞いてきた。何とまあ…この発言には久しぶりに度肝を抜かれたわ。

昨年度だけで1900万台以上の車が売れ、自家用車保有台数が1億台を突破した中国のモータリゼーション化に目をつけてマクドナルドが結構前からドライブスルー店舗を展開していたらしいが、余り深くは浸透していないみたいだ。
IMG_2686
先ずメニューを確認。何だか店舗メニューと比べて品揃えが悪くないか?

IMG_2687
続いてちょっと前に進んでからオーダー。ドイツ式ソーセージハンバーガー2個(一個は運転手が食べる分)と朝食メニューのラップを注文。占めて46元(≒730円)也。小銭を準備するよう命ぜられるが生憎細かいお金は持ち合わせていない。

IMG_2688
ちょっと前に進むと支払窓口がある。小銭を準備するよう言われていたが、堂々と100元札でお支払い。最初は気持ちのいい笑顔を見せてくれた係員のお姉さんだったが、1元無いですか?との質問に無いですと回答すると、笑顔が思いっきり引きつった。お釣りをもらい、ここでお品も貰えるかと思いきや、もう少し前に行った所に受取コーナーがあるとのこと。

IMG_2689
ようやく食い物にありつけた。

本日の朝食(イメージ)。
DSC_1803-1

IMG_2684
溢れんばかりの具材が詰まっていてボリューム満点。

本日の朝食(実物)
DSC_1802


ソーセージの方は若干みすぼらしいぐらいなのでまだ許せるが、ラップは酷い!!余りに安いので心配していたが、卵焼き2切れ(小)とベーコン1枚(小)に味噌ダレがついているだけ。具だくさんのように見えるミスリーディングな宣伝写真使いやがって!この地に景表法は存在しないのか!!!!!

…と言っても後の祭り。既に車で走り出した後でした。
う~ん、やっぱりその場で商品を見ないと金を払いたがらない中国人にはドライブスルーは余り浸透しないのかなぁ。

Related posts(関連記事):

深セン探索へ ローカルバスで移動
昨晩はグッスリ9時間も眠れてすっかり体力の回復が図れたので、今日は予定通り深セン探索に出かけることにした。去年一年間は仕事に忙殺されて個人的な時間を全く過ごせなかったので、今年は時間と体力が許す限りアクティブに活動すると心に誓っているのだ。 さて、今日の目的地である深センに関しては今さら私が説明するまでもないかとは思うが、先ずは簡単に深センの基本情報をご紹介。 ・香港と国境を接する中国...
高速鉄道で楽山から成都へ移動 楽山・成都旅行5
楽山大仏・東方仏都の観光を終えてから3路のバスでホテルへと帰還。シャワーを浴びてから高速鉄道で忙しなく成都へと移動する。ほんとは仏の町・楽山でもっとゆっくりしたかったんだけど、残念ながら時間の制約があり今回の楽山での滞在時間は24時間も取れんかった。 ホリデイインの最寄り駅でバスを待ってたら爺さんコンビに家買わねーかーとしつこく声をかけられた。広告を持って町を練り歩き、相手が外国人だろう...
陝西歴史博物館
碑林博物館の拝観を終え、今度はバイタクに乗って陝西歴史博物館へ。 最初、8元と言われたんだが、反射神経的に値切り交渉を試みたら凄い剣幕で怒られ、結局ドライバーの言い値で走ってもらうことに。「60過ぎの老いぼれがはした金を値切ると思うか!?何たる非礼、この小僧め。」くらいの感じの事を湯気立てながら怒鳴りつけてきた強面のベテランドライバー、そのはした金を支払った際に見せた最高のホクホク顔が脳裏に...
福州 ぶらり途中下車 レンタサイクルでヒャッハー2 三坊七巷
前回の続きで、引き続き福州の町をレンタサイクルでヒャッハーしていきます。 今回は福州のレトロ街こと三坊七巷を攻めてみます。 三坊七巷 んん?福州きっての観光名所(栄光のAAAAA級旅游景区!)の入口としてはしょぼい気がするが…ここでレンタルチャリを乗り捨て、内部へと入っていきます。 白壁に囲まれた細い路地が複雑に入り組む内部。 晋・唐時期に建てられた士大夫の集合住宅をベース...

「中国マクドナルドのドライブスルー!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。