旧市街中心地にひっそりと佇む伝統家屋・マーマイの家

ハノイの旧市街にある87マーマイの家は、19世紀ベトナムの伝統的な中華風木造家屋を修復保存している貴重な家である。住所は名称通り、マーマイ通り87番地。別にマーマイさんのお住まいというわけではなく、マーマイ通りにあるのでマーマイの家と名付けられたそうだ。このマーマイの家は、幅数メートル奥行き数十メートルという非常に細長い造りが特徴だ。ハノイの家々は横幅3メートルで奥行き70メートルみたいな日本で言う京都の町屋『うなぎの寝床』やマレーシアのショップハウス的な細長い住居が多く、これらの家屋はチューブハウスと言われている。日本で言えば余裕で不良設計住宅扱いであるが、何故にまたこんな一見不便そうな形状の家が定着したのかというと、当時は通りに面した家屋の幅で納税額が決定されたので、こんなにも細長い家屋が乱立したそうだ。

DSC_4585
このような旧市街の古い街頭の一角に…

DSC_4566
地味~に佇むマーマイの家。普通の家なので、注意深く地図と照らし合わせながら行かないと見逃してしまうので要注意。因みにこのマーマイ通り、もともとは籐製品の販売店が集まるハン・マイ通りと、お葬式や各祭礼に使用される紙製の冥器の販売店が集まるハン・マー通りに分かれていたそうですが、1945年に1つの道に統合されたそうです。今や籐製品や冥器などの販売店は他所に移ってしまい、旅行者向けのオシャレなカフェやバー、ホステル、個人経営の小規模旅行会社がひしめき合うツーリスト通りとなっている。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
中華風家屋とはいっても一昔前の中国豪邸のような赤や黄色などの原色が輝く悪趣味な飾りなどはなく、シックでレトロな内装だ。落ち着いたクリーム色の壁にかかっている山水画や黒檀らしき家具、所狭しと並べられている急須や水タバコなどの骨董品や壺などもハイセンス。これらの品々はよく見ると値札がついていて、気に入った品は購入することができるようだ。う~ん、商売上手!

DSC_4573
1階は手前が商業スペースで奥が住居部分に分かれていて、合間に通風と光彩の為に吹き抜けの中庭が設けられている。ハノイの夏は暑いばかりでなく湿度がとても高いのである。ただ、夏は開放感があって過ごしやすいのだろうが、これではあまりに夏仕様過ぎて、15℃前後まで冷え込む冬を越すには防寒対策が余りにお粗末なのではないだろうか。

DSC_4569
中庭には炊事場もある。

ひだり みぎ
流石に住居だけあって生活感丸出し。

ひだり みぎ
2階は仏間兼居間+寝室となっている。ミニガーデンや将棋台なども置いてあり、当時の人々の優雅な生活ぶりが垣間見えます。

DSC_4579
吹き抜けの中庭から見下ろす1階の様子。

ひだり みぎ

DSC_4572
若干お土産屋の雰囲気が強く、現在は伝統工芸品がずらりと展示されている。ただ、いかにも 「買ってくれ」 的に商品が置かれているのではなく、あたかもインテリアの一部のように自然に配置するなど工夫が凝らされていて好感が持てる。

面積自体は決して広くはないですが、この空間に最大で5世帯の家族が暮らしていたそうだ。旧市街のど真ん中の喧騒の中にあって、この空間だけ時がゆっくり流れているような素敵な場所で、ベトナムの伝統家屋を味わうのも悪くありません。

87マーマイの家
住所:87 Ma May, Hoan Kiem District, Hanoi
時間:08:30-17:00
定休日:無休
料金:VND 5,000 (≒20円)


*2013年9月23日より改装工事のためクローズし、テト正月明けの2月7日前後に再オープンとなる見込みだそうです。

Related posts(関連記事):

ミニチュア紫禁城 フエ阮朝王宮 フエの世界遺産巡り6
ベトナム初のユネスコ世界遺産が認定されたのは1993年、「フエの建築物群」が記念すべきベトナム第一弾の世界遺産となった。フエの建築物群はグエン朝時代に建てられたフエ市内の建築物全てを対象とするので、今回の旅行で巡ってきた阮朝歴代皇帝の帝廟ももちろん含まれる。 が、やはり「フエの建築物群」の核となるのは阮朝歴代皇帝の居城である阮朝王宮であろう。1803年に建築された阮朝王宮は13代に渡って続く...
MOJO ドンコイ通りに面したお洒落カフェ/バー
ドンコイ通りに面したオープンテラス席がしばしば白人観光客の盛り場となっているMOJO on DONG KHOI。名前も良いですよね、MOJO。喪女でもない、JOMOでもない、MOJO。英語では魔術・呪術、スラングでは麻薬程度の意味の言葉なんだが、なんか、エロ妖しいコノテーションを感じさせてくれる響きの言葉じゃないですか。 このモジョ、一応シェラトン内の飲食施設ということでスターポイントも貯ま...
ホイアン市場とバーレー井戸の謎
関公廟を出ると、目の前に独特のくすんだ黄色をした教会のような佇まいのホイアン市場を発見。世界遺産にも登録された歴史街だけあって他の建物は小奇麗に御粧しているのに、なんだってこの市場だけが老いぼれたままのシミだらけの格好で晒されにゃならんのだ。 もしかしたらこの市場は観光客向けではなく、ホイアンの人々の為の大切な台所という位置づけなので、整備修繕で手抜きされているのかもしれん。 ...
ホイアンのランドマーク的存在の来遠橋(日本橋)
トゥボン川のミニクルーズを終えた後は、ホイアンのランドマーク的存在として知られる日本橋へと向かう。日本橋は16世紀末に造られた屋根付きの古ーい橋で、日越友好の架け橋ともされている。16世紀末といえば日本はまだ安土桃山時代、アジアはアジアは大航海時代の真っただ中か。中南米における爆発的な銀の生産、更に戦国時代を終えた日本の銀が市場に参入し、東南アジアの貿易量が急増した頃である。当時の東アジア貿易の基...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。