広州の魅力は食だけじゃない!広州観光

先週末は二泊三日の広州観光旅行である。宿泊先は限られた時間内で最大限の観光ができるよう、利便性を重視して広州中心地を流れる珠江の畔、地下鉄・海珠広場駅から程近い東アジアホテルを選択。アゴダに載っていたミスリーディングな写真の百倍は古めかしい老舗ホテルだった。

ひだり みぎ
老舗も老舗、何と創業は1914年に遡る。当時は広州市最大のホテルとして広州内外の注目を集めたらしく、ホテル一帯が“オールド広州”とも言うべき旧市街に位置している。まぁ寝るだけだしな…と自分に言い聞かせる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ホテル周辺にはライトアップされた南嶺建築群や、旧市街のおしゃれバーストリートが並び、南シナ海に繋がる大河・珠江が流れる。散歩する分には非常にエキサイティングな位置にある。

【広州市観光マップ】

広州と言えば『食は広州に在り』とも称される広東料理の本場である。因みに余り知られていないが、この格言は四句対となっていて、フルフレーズは『生在蘇州、穿在杭州、食在広州、死在柳州』となる。
『蘇州に生き、杭州に着、広州に食べ、柳州に死す。』という意で、掘り下げれば『風光明媚で美男美女の多い蘇州で生を受け、杭州産の上等な絹織物の服に身をまとい、広州の美食を食べ育ち、そして最後は柳州産の名木で造られた棺桶で眠りたい。』という中国人の切実な願いを歌った句なのである。確かに世界に名を届かせる広東料理は広州訪問の大きな魅力の一つであるが、広州には他の観光的魅力も詰まっています。

常住人口は1300万人を超え、世界各地の人々が集まる超メガロポリスの広州ですが、その歴史は古く、今から2000年前から中国⇔東南アジア、更には南アジア諸国へと繋がる『海のシルクロード』と呼ばれる海の上の貿易通路を築き、その後も清朝末期まで中国の海の窓として発展を続けてきました。広州はそんな広州の発展の歴史や往時の様子を感じさせる建造物も多く保存していて、近代的建築群と歴史的建築群が同居をした趣のある街並みを形成しています。

今回は時間的制約がある中で、以下のスケジュールを組んでみた。各地の訪問記は明日からちょっとずつアップをしていこうと思います。

●3月1日(金)
20:00     ホテルチェックイン
20:30     状元坊
21:00     上下九歩行街
23:00     沙面

●3月2日(土)
08:00    文化公園
09:00    沙面
10:30     陳氏書院
12:30     光孝寺
15:00     黄埔
18:00     小北
20:30     広州タワー

●3月3日(日)
10:00     嶺南印象公園
14:00     烈士陵園
15:00     一徳広場
15:30     万菱広場
16:00  石室圣心大圣堂

Related posts(関連記事):

龍門石窟 洛陽・鄭州・開封旅行4
洛陽での宿泊先・ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンターで荷物を下ろし、身軽になってから今回の旅行の目玉の一つである龍門石窟へと向かう。 龍門石窟は敦煌の莫高窟・大同の雲岡石窟と並ぶ言わずと知れた中国三大石窟の一つ。 [table id=127 /] 三大石窟の中で着工は一番遅く、北魏の孝文帝が大同から洛陽に遷都した494年に掘削が始められ、以来400年以上をかけ、一応の完成に至ったと...
永陵博物館で見る前蜀開祖・王建の墓 楽山・成都旅行7
成都一日目、宿泊先のJWマリオットに荷物を下ろして身軽になった後に成都での行動を開始。先ずはタクシーで永陵博物館を目指す。 永陵は中国五代十国時代(907年-960年)に勃興した王朝の一つで、成都を中心に今の四川省一帯に支配体制を築いた前蜀の開国皇帝・王建の帝陵になる。全国唯一の地上皇帝の墓として知られ、もちろん全国重要文化財にも指定されている成都を代表する観光地の一つである。王建って学生時...
珠海で見つけた小マカオとは…
農科奇観から戻る途中、888街駅や名街花園駅で途中下車するも、特筆すべきものがなかったので、香州総駅まで戻ってきました。香州総駅には中山市を始め中国主要都市までの長距離バスが出ている珠海香州バスターミナル駅があり、そこそこの賑いを見せています。 珠海香州バスターミナル駅。 中国全土に張り巡らされたバス交通網に電光時刻表。こういうのを見ると旅への意欲が駆り立たされます。 ...
愛国教育基地となった長閑な榴花公園
中国の広東省では至る所で数千年の歴史を有する歴史的建造物を目にすることができます。 東莞市石碣にある榴花公園の塔もその一つ。前々から出張移動中に塔がチラチラと見えて私に向かって無言のアピールをしてきてたので、いつかは行ってみたいと思っておりましたが、先週末にようやく訪問の夢、叶えることができました。 榴花公園の最寄りのバスターミナルである石龍ターミナルまでは中距離バスで移動し、そこから...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。