ベトナムの手軽な春巻きチェーン店 Wrap n Roll

フォーなんて麺入れてパクチー入れてスープぶっかけるだけのお手軽料理なので利益率が良いのだろう、ベトナムのファーストフードチェーン店といえばフォー24やらフォー2000など、圧倒的に麺類の店が多い(気がする)。そんな麺類の重鎮が牛耳るホーチミンの外食産業に、春巻きを専門にした新参者が風穴を空けた。その名もラップアンドロール(Wrap n Roll)。バリエーション豊かな春巻きを武器にホーチミンには既に6店舗を構えていて、今後はタイや東アジアへの進出も目論むイケイケチェーン店だ。

IMG_0230
ベトナムらしからぬ綺麗めチェーン店だが、堅過ぎず一人でも気楽に入ることができる日本の牛丼チェーン店くらいの位置づけだろう。エアコンとWi-fiも備えている。

IMG_1005
夕飯時の繁忙期にはドアを開け閉めするだけのおじさんが入り口横に座っている。ドアマンというにはちょっとみすぼらしい恰好なので、あえてドア開閉係と呼びたい。ただ、このおじさん、携帯電話いじってたり居眠りこいたりしていて、こっちがドアを開けようとした段階でようやく気付いて慌ててドアを開けようとしたりする。いや、もう遅いから、ドア開いちゃってるから。以前にも書いたが、ホーチミンの男はこんなグータラな奴が多い。こんな簡単な仕事なんだから職責果たそうぜ!

IMG_0998
店内も至って清潔で、客層は欧米系観光客やおしゃれなベトナム人のOL、学生など。

ひだり みぎ

Wrap n roll
揚げか生かそれとも蒸すか、肉かエビか魚か、皮は?タレはどうする!?メニューは春巻きだけでも結構な種類があるが、他にもサラダやバーベキューものを中心としたベトナム料理を味わうことができる。

IMG_0994
春巻きの巻き方が書かれているのでてっきり具材だけ出てきて自分で巻くスタイルかと思ったが、ちゃんと既製品が出てきました。

IMG_0999
迷った挙句、今日は生春巻きとシュリンプサラダ。基本的には春巻きは揚げ派なのだが、今朝、ホテルの朝食で揚げ春巻きをたらふく食べたので、ここではとりあえず生!250円程度なのに、大き目の春巻き4本とボリュームが有る。

IMG_1001
飲み物は蓮の実やら何やらのごちゃ混ぜチェー。ドリンク枠でたのんだのに、甘いので余計に喉が渇くという…

これだけ食べて600円程度。春巻きは調理法だけで「揚げ」でも「生」でも「蒸し」の3種類、中身もお肉も魚もお野菜も麺でも米でも何でもござれ!北部、中部、南部とスタイルの違う各地のご当地春巻きを取り揃えていて、ナントその数40種類以上!ベトナム料理はフォーだけじゃないんです。市内観光の間の休憩やメールチェックにも利用できますし、ホーチミンにお越しの際には是非Wrap n Rollにもお寄り下さい。

【Wrap n Roll】
●営業時間11:00am – 11:00pm
●ホーチミン市内の支店の住所
①62 Hai Bà Trưng
②226 Đề Thám
③111 Nguyễn Huệ
④Vincom
⑤SA (1-1) Nguyễn Văn Linh
⑥Diamond Plaza

Related posts(関連記事):

タイ湖の畔に静かに佇むベトナム土着信仰の三大聖地・西湖府
今回のハノイ出張は日曜日帰り。完全休養日の土曜日にバイクを借りてニンビンまで往復200Kmを走破する計画を立てていたのだが、諸々の事情で土曜日にもガッツリ仕事をする羽目に。夕方前、ようやく自由時間が取れた頃には時すでに遅し。とても遠出ができる時間は残されていなかったので、本日の観光はホテル近くにある著名な神社・西湖府で済ますことに。 西湖府はタイ湖(西湖)突き出たところに建つ長閑な神社で、聖...
ホイアン五大華人会館+明郷華先堂をコンプする(明郷・瓊府・潮州)
ここからは本格的に総合チケットを消化していくことに。先ずはホイアン五大華人会館(広肇・福建・中華・瓊府・潮州)を攻めてみよう。 ここで言う「会館」とは、同郷出身者の互助や親睦を目的とした公所のことで、集会所兼鎮守社とでも表現すれば良いだろうか。だいたい華人はどの街に於いても日本人の県人会よろしく地方ごとのコミュニティーを作ってなんとか会館というものを建てているのだが、ここホイアンにも中国人の信仰...
戦略家ホーおじさんの戦術が学べる(!?)作戦博物館
歴史博物館でベトナム近代史に入るまでの流れを学んだ後は、ホーチミン作戦博物館で現代史の学習です。場所はサイゴン動植物園の門から道を一本渡った先の右手、徒歩1分のところにあります。 館内には1975年3月から始まった軍事攻勢~サイゴン陥落に至る最終軍事作戦の図解や展示物が並べられているそうだ。軍事攻勢の流れとしては、75年3月からベトナム人民軍・南ベトナム解放民族戦線軍によって矢継ぎ早に下記4...
ハノイからラオカイ経由でサパ&バックハーへ
今年の端午節はハノイを経由してラオカイ、バックハー、サパなどベトナム北部への観光に出ると決めていたのだが、ここにきて南シナ海を巡って中越間の関係がきなくさくなってきた。ラオカイは中国は雲南省河口市と国境を接する要衝。中越間での領土帰属問題がある南シナ海の西沙諸島近海において中国海洋石油が大規模な石油掘削を発表したのを契機に中越対立が先鋭化、今なお両国の緊張関係が続いているとの報道が連日紙面を賑わし...