ベトナムの手軽な春巻きチェーン店 Wrap n Roll

フォーなんて麺入れてパクチー入れてスープぶっかけるだけのお手軽料理なので利益率が良いのだろう、ベトナムのファーストフードチェーン店といえばフォー24やらフォー2000など、圧倒的に麺類の店が多い(気がする)。そんな麺類の重鎮が牛耳るホーチミンの外食産業に、春巻きを専門にした新参者が風穴を空けた。その名もラップアンドロール(Wrap n Roll)。バリエーション豊かな春巻きを武器にホーチミンには既に6店舗を構えていて、今後はタイや東アジアへの進出も目論むイケイケチェーン店だ。

IMG_0230
ベトナムらしからぬ綺麗めチェーン店だが、堅過ぎず一人でも気楽に入ることができる日本の牛丼チェーン店くらいの位置づけだろう。エアコンとWi-fiも備えている。

IMG_1005
夕飯時の繁忙期にはドアを開け閉めするだけのおじさんが入り口横に座っている。ドアマンというにはちょっとみすぼらしい恰好なので、あえてドア開閉係と呼びたい。ただ、このおじさん、携帯電話いじってたり居眠りこいたりしていて、こっちがドアを開けようとした段階でようやく気付いて慌ててドアを開けようとしたりする。いや、もう遅いから、ドア開いちゃってるから。以前にも書いたが、ホーチミンの男はこんなグータラな奴が多い。こんな簡単な仕事なんだから職責果たそうぜ!

IMG_0998
店内も至って清潔で、客層は欧米系観光客やおしゃれなベトナム人のOL、学生など。

ひだり みぎ

Wrap n roll
揚げか生かそれとも蒸すか、肉かエビか魚か、皮は?タレはどうする!?メニューは春巻きだけでも結構な種類があるが、他にもサラダやバーベキューものを中心としたベトナム料理を味わうことができる。

IMG_0994
春巻きの巻き方が書かれているのでてっきり具材だけ出てきて自分で巻くスタイルかと思ったが、ちゃんと既製品が出てきました。

IMG_0999
迷った挙句、今日は生春巻きとシュリンプサラダ。基本的には春巻きは揚げ派なのだが、今朝、ホテルの朝食で揚げ春巻きをたらふく食べたので、ここではとりあえず生!250円程度なのに、大き目の春巻き4本とボリュームが有る。

IMG_1001
飲み物は蓮の実やら何やらのごちゃ混ぜチェー。ドリンク枠でたのんだのに、甘いので余計に喉が渇くという…

これだけ食べて600円程度。春巻きは調理法だけで「揚げ」でも「生」でも「蒸し」の3種類、中身もお肉も魚もお野菜も麺でも米でも何でもござれ!北部、中部、南部とスタイルの違う各地のご当地春巻きを取り揃えていて、ナントその数40種類以上!ベトナム料理はフォーだけじゃないんです。市内観光の間の休憩やメールチェックにも利用できますし、ホーチミンにお越しの際には是非Wrap n Rollにもお寄り下さい。

【Wrap n Roll】
●営業時間11:00am – 11:00pm
●ホーチミン市内の支店の住所
①62 Hai Bà Trưng
②226 Đề Thám
③111 Nguyễn Huệ
④Vincom
⑤SA (1-1) Nguyễn Văn Linh
⑥Diamond Plaza

Related posts(関連記事):

ホーチミンの6つ星ホテル・The Reverie Saigonでアフタヌーンティ
この日曜日は接待ゴルフも無く終日オフだったので、前々から気になっていたベトナム初の6つ星ホテル・The Reverie Saigon(レヴェリー サイゴン)に乗り込んでみることに。とは言ってもお泊りは無し、アフタヌーンティーだけの利用でね。 2015年に鳴り物入りでオープンしたレヴェリーサイゴンは、リーディングホテルズにも加盟するウルトラ・ラグジュアリーホテル。「高級感」というと人によって定...
不気味なパペットが踊るタンロン水上人形劇場
ベトナムの伝統芸能というと…う~ん、いまいちぱっと思い浮かびません。 失礼ながら何となく文化的にほとんど中国の二番煎じという印象をベトナムに対して抱いてしまっておりますが、ベトナムが誇る古代からの伝統芸能というものも、一応存在しているらしい。 その一つが「水上人形劇」 「水上」で「人形劇」??そう、そのまんますぎますが、水上人形劇とは水上で行われる人形劇です。約1000年の歴史を持つと言...
ベトナムで接触事故に巻き込まれた!
本日はまたも朝からローカルバスに乗って中華街(チョロン)に行くことに。ローカルバス乗車、屋台食挑戦と、確実に一歩一歩現地化への歩みを進めております。 前回同様、1番のバスでチョロンに向かいます。バスは小雨降りしきる中、快調に運転を続け… 突如として…ドスン!!後方から強烈な衝撃が見舞われる。直後、乗客がニャーニャーと騒ぎ立て、運転手は鼻息荒く凄い剣幕で何か怒声を上げながら外に飛び出して...
ミニチュア紫禁城 フエ阮朝王宮 フエの世界遺産巡り6
ベトナム初のユネスコ世界遺産が認定されたのは1993年、「フエの建築物群」が記念すべきベトナム第一弾の世界遺産となった。フエの建築物群はグエン朝時代に建てられたフエ市内の建築物全てを対象とするので、今回の旅行で巡ってきた阮朝歴代皇帝の帝廟ももちろん含まれる。 が、やはり「フエの建築物群」の核となるのは阮朝歴代皇帝の居城である阮朝王宮であろう。1803年に建築された阮朝王宮は13代に渡って続く...