インドネシアの魅力(関連記事はページ最下部から)

面積も人口もASEAN最大の超大国であるインドネシアは、3つのタイムゾーンに跨る1万8千以上の島より構成される島嶼国家である。群島国家で各地域が海に隔てられている故、それぞれの地域によって 民族独特の言語・文化が発達。世界最大のイスラム人口を抱える一方で、約300もの民族が共存し、実に500以上もの言語が話されるというトンデモ多様性が魅力。島の数だけ、民族の数だけ食文化や習慣があるので、インドネシア一国で何百ヶ国も旅した気分にさえさせてくれる、旅人からすると何ともお得な国なんです。そんなインドネシアは、ジャワ島でのジャワ原人の進化から始まり、古代ヒンドゥー教国家や大乗仏教国家の興亡を経て、マラッカ王国によるイスラム化、そしてオランダ海上帝国による植民地支配、戦時中の日本占領から独立戦争によるインドネシア共和国の成立まで、西洋と東洋の狭間で~非常に濃い歴史を歩んできただけに、歴史に因んだ遺構も多く、観光地としての見所にも恵まれています。

【地図】

・各島とも見所に溢れるが、主な観光地は首都ジャカルタや古都ジョグジャカルタのあるジャワ島と、ジャワ島のすぐ東にあるバリ島である。

【主な見どころ】

●ジャワ島:

ジャワ島は古くから東南アジアに於いて人口分布の核心地として栄え、現インドネシアでもジャワ島のジャカルタは政治経済の中枢として機能。各島からの出稼ぎ労働者が凝集し、今やインドネシアの全体人口の6割にあたる1億2500万人が居住、世界一の人口を誇る島となっています。

▼ジャカルタ:
インドネシアの首都ジャカルタは、1000万人都市!人々の活気漲るアジア随一の巨大都市である。オランダ統治時代に栄えたジャカルタ北端にある港町コタから南部、日本人駐在員のオアシスであるブロックM中心部を貫く大通を走ると、両際に立ち並ぶ近代的な高層ビル群の迫力に目を奪われる。

⇒主な見どころ:
・最大3万人を収容!東南アジア最大のモスク:国立イスティクラル・モスク
・35Kgの純金が輝く独立記念塔:モナス
・オランダ統治時代の中心地:コタ地区・バタヴィア広場
・バッタ物市場が並ぶ中華街:マンガドゥア

ひだり みぎ
モスク内部にも入場可能(左)
これでもか!という圧縮陳列が特徴のマンガドゥア偽物市場(右)

ひだり みぎ
ジャカルタの高層ビル群と醜い渋滞の様子。

▼ジョグジャカルタ:
ジャワ島中部、ジャカルタの南東440Kmに位置する古都ジョグジャカルタは、肥沃な土地柄から古代よりいくつもの王朝が栄え、今でも特別州として旧王家の王の存続が正式に認められている。実際に王が住んでいる王宮は、その一部が一般開放されていて観光地としての人気も高い。近隣の世界遺産のボロブドゥール遺跡や、プランバナン寺院群などの遺跡巡りも人気。

【移動】
ジャカルタから飛行機で1時間、鉄道で最速8時間。

⇒主な見どころ
・建立は8~9世紀。世界最大級の石造仏教寺院跡:ボロブドゥール遺跡。レリーフに刻まれた摩耶夫人のブッダ受胎の霊夢から誕生、出家、悟り、そして伝道活動 へと続くブッダの生涯は一見の価値有り!
・インドネシア最大のヒンドゥー教寺院跡:プランバナン寺院遺跡
・1795年に完成。今も第10代スルタンが住む王宮(クラトン)

ひだり みぎ
仏塔も世界最大で、世界遺産にも登録をされているボロブドゥール遺跡(左)
最大高さ47メートルの堂宇が聳え立つ神秘的なプランバナン寺院跡(右)

●バリ島:

ジャワ島のすぐ東に浮かぶ東京都の2.5倍程の小さな菱形状の島。インドネシアの中で唯一、イスラムの影響外にある島で、ヒンドゥー教と土着宗教が混じりあった独特の信仰が根付いていいる。宗教が一般市民の生活の基盤に置かれていて、島中にスピリチュアルな雰囲気が漂っている為、『神々の島』と称されます。また、年間平均気温が約28℃と温かく、純白の白浜とクリアブルーの海が広がる美しいビーチは『地上最後の楽園』 と形容され、世界中からの観光客をひきつけています。

【移動】
ジャカルタから飛行機で1時間30分だが、時差によりバリはジャカルタより1時間早いので要注意。

⇒主な見どころ
・マリンスポーツのメッカであり、地上の楽園:クタビーチ
・バリヒンドゥー教の総本山:ブサキ寺院
・バリ島のパノラマビューが見下ろせる景勝地:キンタマーニ高原

ひだり みぎ
・地上の楽園との異名を取るクタビーチ(左)
・聖なる山の麓に佇むバリヒンドゥー教の総本山:ブサキ寺院

インドネシア関連記事

Related posts(関連記事):

幻のコーヒーを探し求めてモールをハシゴ(ITCクニンガン、アンバサダー、ロッテ)
そうだ、同僚にトラジャコーヒーなる土産物を頼まれてたんだ。珈琲愛好家でもない私的にはコーヒーなんてどれも大差ないじゃんと思ったりもするが、このトラジャコーヒーは他品種との比較も出来ない程の唯一無二の存在らしい。曰く、オランダ植民地時代にヨーロッパの王侯貴族向けに栽培させていた高級種で、第二次大戦中に廃れてしまったところを1970年代に日本のキーコーヒーが復活させたんだとか。今でもトラジャ族という少...
ジャカルタのタクシー事情
ジャカルタ出張時の移動の足は基本的にはタクシーである。ジャカルタのタクシー会社は数多くあるが、blue bird社のblue bird とsilver bird 以外のタクシーではトラブルが絶えないというのが定説である。 ●トラブル例 ①遠回り ・こんなの序の口。 ②メーターで走らず、到着後に不当な金額を請求。 ・これは韓国でも旅行中の日本人主婦が2kmの走行で2万円相当を請...
ジャカルタ歴史博物館
ジャカルタ歴史博物館 入場料: RP 2,000 (20円) 開館時間: 09:00~15:00 (月曜日及び祝日は休館) 入館の際に15:00閉館って早すぎでしょ!って言ったらジャカルタの博物館は大体この時間に閉まると言われました。そんなに早く閉まられたら今日中に全部回ることができないじゃないか!各博物館をゆっくりと拝観したかったのに、ここから巻いて巻いて、大幅なスピードアップを余儀な...
ジャカルタ北部の道路事情
さて、行ってきました初めてのジャカルタ観光。朝食後の水風呂で気合を入れた後、08:30にホテルを出発、徒歩でマンガドゥアからコタ地区に向かいます。朝方はジャワ海からの風が吹き付けて爽快でした。 マンガドゥアもコタも北ジャカルタ、ジャワ海沿岸のすぐ傍に位置します。コタ地区は旧バタヴィアと称される旧市街地区域で、大航海時代にオランダがオランダ東インド会社の拠点として開発した区域です。こう聞くだけ...