世界初の寺院型テーマパーク・萬佛寺

今日は朝一でハイキングを兼ねて萬佛寺に参拝に行ってきました。沙田駅北口改札から北西に徒歩5分の小山の中腹にあり、文字通り一万体以上の仏像が祀られている由緒正しき仏教寺院です。ええ、香港有数の名刹のはずでしたが…

遠方に臨む萬佛寺。香港映画『インファナル・アフェア』のロケ地としても有名です。

こりゃあ本格的なハイキングが楽しめそうだ。

沙田駅から道標を辿って山の麓に到着。頂上に通じる羅漢道の左右には…

でで~ん!金ぴか像が左右にびっしり!これだけの視線が集まると何だか緊張しちゃいます(苦笑)

このお坊さんたち、煩悩全開、表情豊かな顔芸で登山の辛さを吹っ飛ばしてくれます。

『酒だい、酒~~』顔のシワ具合までリアルで面白い。やっぱりストイックなお坊さんでもたまには羽目を外さにゃやってられんのですな。


『イヤ~ん』


『こんなポーズはどうかしら』


『ここは私もひと肌脱ぎましょうか。』


『あらヤダ、彼ステキだわ』


『キミ、今晩どうだい?』


『いや、ちょっとアッシは…』


『アンタ、今晩は私の所に来なさいよ』


『貴様、俺の言うことが聞けんちゅうんか。今晩は俺の所に来い!』


『こ、困ったな~』


『いや~困った!アイ~ン』


『そこでお困りのあなた、ここは一つ良いことを教えてあげよう』


『えっ、本当に!?』って、この像、高橋克美さんじゃないですか!!


『私も聞きたい聞きたい!』


『料金は先払いアルヨ』


『へっへっへ、こいつらから金をせしめてやるぜ』


『何でやね~ん。先払い反対!』


『先払いなんて聞いてない聞いてない!』


『わしゃ金無いけん、頼むから無料で!な!頼む!この通り!』どっからどう見てもお坊さんというよりワル知恵商人といった風貌だ。


『何を駄駄捏ねてんねん!!!!!』

そうこうしているうちに寺院の本堂に到着。

いや~、坊さん達の洗練されたコントのお蔭でハイキングを楽しむことができました。境内にも金ピカ像達の御姿が見えますぞー。尚も最強キャラ探しの旅は続きそうだが、そろそろ腹筋が…


本殿の側面には恰幅の良い親分(?)が描かれています。


本殿の内部には12,800体ものミニ仏像が収容されています。


よくぞまあこんなにも多くの金ぴか像を収集しましたな。


本堂の真正面にある萬佛塔は残念ながら修復中。

お笑い金ぴか像のエンターテイメントは境内でも盛んにおこなわれています。

『ファイト一発~』


『ファイト一発~!って手が伸びちゃったよ!』修行の末に身に着けた極意なのであろう。いや~奥が深いぜ仏教!!今までのお茶目仏像の芸がまるで前座だったかのように、境内には他にも強烈な像が並びます。


眉毛が細長い蕎麦生地みたいになってしまった白眉長老。修行すればこんな立派な眉毛を生やすこともできるとは…仏教の奥深さに感動。本人はちょっと恥ずかしそうな顔してますが(笑)

そして極め付けは…

な、なんじゃこりゃ!!目が点どころか、目が手に!!!珍キャラ揃いの萬佛寺にあっても圧倒的インパクトに群を抜く存在感。どうしてそうなった!!?何か手を挙げて挨拶してくれているようだが前は見えているのか!?このおじさんが余りに強烈すぎて、これ以上他の像の写真を撮るのを止めました。あっぱれ。貴方が一番ですよ。


『ブッダ像をリスペクトしろ』って、設計者が一番リスペクトしてないだろ!!(苦笑)

これからこのテーマパーク寺院に来られる皆さま、腹筋とカメラのバッテリーに注意!

住所:沙田311地段排頭街 香港

Related posts(関連記事):

767-300ER JAL735 スカイラックスで行く香港
この日はJALのエコノミーに乗って成田から香港へ。 いつもの通りJGCカウンターでチェックインを済ませ、寿司⇒日本酒⇒饂飩のルーティーン作業をこなしてから搭乗ゲートへと向かう。ネタがエビなところにどれだけ前の搭乗記だかが見てとれるだろう。 急な機材変更を望んでいたが、願い届かず通常通りの機材繰りで、駐機場には古ーいB767-300ERが待機。 ということで待ち構えるは悪名高...
香港のマイクロブルワリー・ヤングマスター(少爺)の工場見学ツアー
本日は香港のヤングマスターなるマイクロブルワリーで大人の社会科見学を。 この数年、香港の街中のバーでも地場のクラフトビールを見かけるようになってきた。黑鳶(Black Kite Brewery)・獅子山(Lion Rock Brewery)・門神(Moonzen Brewery)などなど、2014年以降に創設された香港系マイクロブルワリーの活躍が特に目覚ましかったのだが、その香港系クラフトビ...
ロイヤルヨルダン ビジネスクラス バンコクー香港 A330 RJ182 搭乗記
ロイヤルヨルダンでバンコクに来て、本当に何もせずにロイヤルヨルダンで来た道を戻る。せめて有給をくっつけてもう一泊すべきだったか…。根性の無い自分にはタッチ100連発修行みたいなマネは絶対にできんわ。 チェックインカウンターに着くと、往路と同じく酷い閑散ぶりに心配になる。これだけ広々としてるのに他に手続きしてる客が一切いないというwww。これはきっと、アンマンから通しで香港に向かう乗客で...
荃湾の高層マンション群に見る香港住宅事情
前回からの続き。 荃湾駅の駅ビル食堂で値段に惹かれてセットものを2つも頼んでしまった為に胃が重く、これ以上の散歩は断念。駅前から二階建てバスにて荃湾西駅へ向かおうとするも、余りのバスの種類の多さにたじろぐ…『36』と数字だけの路線、『948P』といった数字の後ろにローマ字を従える路線があったかと思えば今度は『N237』…。『234A』『234B』などといった同一数時+異なるローマ字による攪乱...