香港のホテル価格高騰が止まらない!

早速ですが、高い!!香港のホテル代が高い!!来週末に1泊2日で冬季クレージーセール目当てで香港に繰り出してやろうと思ったのですが、ホテル代が高い!

算高い香港のホテルは以前からコンベンション・国際展示会の開催時や観光のピークシーズン等ではここぞとばかりにこぞって露骨なまでに法外な高値を吹っ掛けてきていたが、2~3年ほど前からオフピーク時の底値自体も高騰し始め、今ではオフシーズンですら週末であれば1万円以下では連れ込み宿的な老朽ゲストハウスかカプセルハウス級極小ホステルくらいしか選択の余地が残されない。その上、来週末になると1万5千円~2万円の3.5~4.5ッ星ホテルは満室満室の大御礼状態であるそうで、安宿若しくは超高級ホテルという両極端な選択オプションしか無いのである。香港人は何かと儒供バランスを見て価格にメリハリをつけるのが大好きだが、ピークシーズンや週末の料金釣り上げ行為は余りに露骨すぎて腹立たしくすらある。電話でのホテルマンの対応もロボット並みで、ビジネスライク・効率優先の香港人気質が窺い知れ、私の怒りに拍車をかける。

電話でのやり取り一例。
ホ『ハイ、○○ホテルです。(超早口)』
私『○月○日の最低宿泊料金を教えて下さい。』
ホ『あいにく満室となっています。(超早口)』
私『その前日も満室ですか?』
ホ『前日も空きがありません。(超早口)』
私『そうですか…』
ホ『Yes, bye!(速攻で電話を切る)』

口調も早ければ電話切るのも早い!香港のホテル業界は超売り手市場になっているので、『客に泊まってもらっている』というより、『客を泊めさせてやっている』くらいに思っているのだろうか。宿泊料金高騰の原因も大陸からの来港客増加と圧倒的なホテル不足(土地不足)に伴う売り手市場化が原因であり、香港政府観光局も宿泊施設の増設を政府に対して呼びかけているらしい。競争無き産業は成長が見込まれない。料金もそうだが、ホテルマンへのサービス業意識を浸透させる為にも早く供給を需要に追い付かせ、ホテル業者間の競争を促してほしいものである。

Related posts(関連記事):

香港から佛山へクロスボーダーバスで移動
この日は香港からホテル修行の為に佛山へと移動する。香港から佛山へは広州経由で鉄道でも移動できる。日本人にも安全で、計算のできる移動手段である。でも、圧倒的に安くて便利なのは香港から佛山に直接移動できるクロスボーダーバスだろう。途中でイミグレを越えバスを乗り替えるという手間がかかることもありハードルの高そうな移動方法ではあるけれど、こいつを使いこなせれば移動が随分と楽になる。 香港側でのバスの...
尖沙咀でちょいとぶらり~リモワ香港に糖朝~
香港在住の友人からリモワで香港限定モデルのクラシックフライトが販売されているとの情報が寄せられた。どうも○○限定モデルとかに弱い自分、こういうのに直ぐ釣られてしまう。今回も香港限定という響きに釣られ、宿泊先のシェラトンから近いこともあってリモワに足を運んでみることに。見るだけなら無料ですしね、見るだけなら。 リモワ香港は尖沙咀東店や空港、セントラルにも支店があるが、シェラトンからはネーザ...
中山市⇒香港国際空港
今日はオフィスで資料作成をしてからフェリーで香港国際空港(以後HKIA)へ。 中国大陸からフェリーで直接HKIAに乗り入れる場合、空港到着後のフライトチェックイン時にこういったタックスリファンドのクーポン(レシートのような紙切れ)が貰えます。 荷物検査を通過したところにある赤い看板のところでクーポンを提示すれば120香港ドル(1,200円強)還元されます。 チェックイン受...
ノボテルセンチュリー香港(世紀香港酒店)クラブフロア宿泊記
香港出張中の週末にオフの時間が取れたので、今回はノボテルセンチュリーとインターコンチネンタルに泊まってみることに。先ずは出張中の宿泊先から近く移動が楽だった香港島のノボテルから。40%オフのアコープライベートセールで1万円ちょいという香港の四つ星ホテルにしてはマズマズの金額で泊まることができた。 アクセス: ごちゃごちゃして下町色の強い香港島の湾仔にあり、MTR・市バス・トラム・尖沙咀行き...