香港のホテル価格高騰が止まらない!

早速ですが、高い!!香港のホテル代が高い!!来週末に1泊2日で冬季クレージーセール目当てで香港に繰り出してやろうと思ったのですが、ホテル代が高い!

算高い香港のホテルは以前からコンベンション・国際展示会の開催時や観光のピークシーズン等ではここぞとばかりにこぞって露骨なまでに法外な高値を吹っ掛けてきていたが、2~3年ほど前からオフピーク時の底値自体も高騰し始め、今ではオフシーズンですら週末であれば1万円以下では連れ込み宿的な老朽ゲストハウスかカプセルハウス級極小ホステルくらいしか選択の余地が残されない。その上、来週末になると1万5千円~2万円の3.5~4.5ッ星ホテルは満室満室の大御礼状態であるそうで、安宿若しくは超高級ホテルという両極端な選択オプションしか無いのである。香港人は何かと儒供バランスを見て価格にメリハリをつけるのが大好きだが、ピークシーズンや週末の料金釣り上げ行為は余りに露骨すぎて腹立たしくすらある。電話でのホテルマンの対応もロボット並みで、ビジネスライク・効率優先の香港人気質が窺い知れ、私の怒りに拍車をかける。

電話でのやり取り一例。
ホ『ハイ、○○ホテルです。(超早口)』
私『○月○日の最低宿泊料金を教えて下さい。』
ホ『あいにく満室となっています。(超早口)』
私『その前日も満室ですか?』
ホ『前日も空きがありません。(超早口)』
私『そうですか…』
ホ『Yes, bye!(速攻で電話を切る)』

口調も早ければ電話切るのも早い!香港のホテル業界は超売り手市場になっているので、『客に泊まってもらっている』というより、『客を泊めさせてやっている』くらいに思っているのだろうか。宿泊料金高騰の原因も大陸からの来港客増加と圧倒的なホテル不足(土地不足)に伴う売り手市場化が原因であり、香港政府観光局も宿泊施設の増設を政府に対して呼びかけているらしい。競争無き産業は成長が見込まれない。料金もそうだが、ホテルマンへのサービス業意識を浸透させる為にも早く供給を需要に追い付かせ、ホテル業者間の競争を促してほしいものである。

Related posts(関連記事):

ホリデイインエクスプレス香港コーズウェイベイ 宿泊記 Holiday Inn Express HongKong Causeway Bay
この日は香港の銅鑼灣にあるホリデイインエクスプレス香港コーズウェイベイ(Holiday Inn Express HongKong Causeway Bay、香港銅鑼灣智選假日酒店)に宿泊。もちろんIHGの5,000ポイント付き宿泊プランで。 一撃で6,313エリートポイント+7,626ポイントを荒稼ぎ。ホリデイインエクスプレスに1泊15,000円も払うのは気に食わなくも思うけど、ここは宿代の...
JWマリオット香港 エグゼクティブルーム宿泊記
去年、香港のホテル代が超高騰し、どこもかしこも吐き気を催すような強気価格を設定してた頃に泊まったJWマリオット香港。たまたま香港での週末の予定が急にぽっかりと空いてしまったので、当日にラウンジアクセス付きのエグゼクティブルームをポチって即ホテルへと移動した。シングルベッドだけの極狭モーテルですら1万とかする狂気の香港でマリオットも多聞に漏れずにお高かったが、ちょうど前週に大きなプロジェクトを完遂し...
キャセイパシフィックのマルコポーロクラブ
キャセイパシフィックのマイレージクラブ。先日のタイ旅行の際に遂に加入してしまいました。 私は旅好きの母がJALグローバルクラブ(=通称JGC)に属していることから、家族会員としてJGCの恩恵を授かってきた。そんな母はJGCのステータス獲得後は修行僧としてのプレッシャーから解放された後も悠々自適にJALでの海外・国内旅行を満喫しているみたいだが、私の方は中国華南地区に生活の拠点が移ってから...
香港国際空港の面白土産屋さん G.O.D(住好啲)
この日は、香港国際空港から日本への移動日。 ちょこちょこっとした香港らしい土産物(しかも非食品系という縛り条件付き)を調達しろという課題を与えられたので、キャセイの“WING”の手前にあるG.O.D.(ジーオーディー、住好啲)ことGoods of Desireに立ち寄ることに。 この日は他都市からのトランジット。わざわざ空港の外に出てまで買いに行くのが面倒なので、空港で買っちゃえばいい...