香港のホテル価格高騰が止まらない!

早速ですが、高い!!香港のホテル代が高い!!来週末に1泊2日で冬季クレージーセール目当てで香港に繰り出してやろうと思ったのですが、ホテル代が高い!

算高い香港のホテルは以前からコンベンション・国際展示会の開催時や観光のピークシーズン等ではここぞとばかりにこぞって露骨なまでに法外な高値を吹っ掛けてきていたが、2~3年ほど前からオフピーク時の底値自体も高騰し始め、今ではオフシーズンですら週末であれば1万円以下では連れ込み宿的な老朽ゲストハウスかカプセルハウス級極小ホステルくらいしか選択の余地が残されない。その上、来週末になると1万5千円~2万円の3.5~4.5ッ星ホテルは満室満室の大御礼状態であるそうで、安宿若しくは超高級ホテルという両極端な選択オプションしか無いのである。香港人は何かと儒供バランスを見て価格にメリハリをつけるのが大好きだが、ピークシーズンや週末の料金釣り上げ行為は余りに露骨すぎて腹立たしくすらある。電話でのホテルマンの対応もロボット並みで、ビジネスライク・効率優先の香港人気質が窺い知れ、私の怒りに拍車をかける。

電話でのやり取り一例。
ホ『ハイ、○○ホテルです。(超早口)』
私『○月○日の最低宿泊料金を教えて下さい。』
ホ『あいにく満室となっています。(超早口)』
私『その前日も満室ですか?』
ホ『前日も空きがありません。(超早口)』
私『そうですか…』
ホ『Yes, bye!(速攻で電話を切る)』

口調も早ければ電話切るのも早い!香港のホテル業界は超売り手市場になっているので、『客に泊まってもらっている』というより、『客を泊めさせてやっている』くらいに思っているのだろうか。宿泊料金高騰の原因も大陸からの来港客増加と圧倒的なホテル不足(土地不足)に伴う売り手市場化が原因であり、香港政府観光局も宿泊施設の増設を政府に対して呼びかけているらしい。競争無き産業は成長が見込まれない。料金もそうだが、ホテルマンへのサービス業意識を浸透させる為にも早く供給を需要に追い付かせ、ホテル業者間の競争を促してほしいものである。

 

Related posts(関連記事):

香港で長期化する反政府デモの現場
1997年に香港が中国に返還されてから17年余り。一国二制度の下で高度な自治が認められ、アジアの金融ハブとして繁栄してきた香港で勃発した反政府デモが長期化、一国二制度継続の正念場を迎えている。今回のデモの発端は、次回2017年の香港行政庁間選挙からは普通選挙が導入されるという約束に対し、香港行政長官候補は親中派が集まる委員会の支持が必要との改革案が8月31日に発表されたことにある。確かに有権者によ...
JL735 NRT-HKG B787-8エコノミークラス搭乗記
この日はJL735で成田から香港へ。成田―香港の便は今年3月31日から機材が瀕死状態のオンボロ機材・B772からB787に変更されている。まぁ787といっても従来型のB787-8型機のことで、スカイワイダーのエコシートを積んだ最新型のJAL SKY SUITE 787(SS8)ではないんだけど、それでもB772より快適性がアップしたことに疑いの余地は無い。 [table id=43 /] ...
香港のマイクロブルワリー・ヤングマスター(少爺)の工場見学ツアー
本日は香港のヤングマスターなるマイクロブルワリーで大人の社会科見学を。 この数年、香港の街中のバーでも地場のクラフトビールを見かけるようになってきた。黑鳶(Black Kite Brewery)・獅子山(Lion Rock Brewery)・門神(Moonzen Brewery)などなど、2014年以降に創設された香港系マイクロブルワリーの活躍が特に目覚ましかったのだが、その香港系クラフトビ...
占いのメッカ・黄大仙
香港人は風水占いが大好きだ。 普段はおとなしい社員がオフィスの細かな家具配置なども風水に基づくよう小言を挟んできたりする。『ちょっとこの会議室の椅子の配置が悪いので、運が上向きません。』何かに取りつかれたかのように次々とオフィス家具の配置にダメ出しをしたりする。彼女の発言の根拠は全て本で自己学習した風水だ。香港も負けず劣らずの風水崇拝文化が蔓延っており、建物建築の際には位置決めから建築物デザインま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。