チャーターハウス コーズウェイベイ香港(銅鑼灣利景酒店) 宿泊記

この日は珍しく非グローバルチェーンのバジェットホテルに泊まることに。というのも、何故かこの日はSPG・IHG・マリオット・アコー・シャングリラとほぼ全滅で、辛うじて空室があったSOHOとコーズウェイベイのホリデイインエクスプレスも共にHK$2,000弱という強烈なルームレートになっていたので…。HIEXに一泊3万も払うとか屈辱的ですらあるじゃないですか。ということで、全体的に宿泊費が高かった香港のホテルの中で際立って安いレートを出していた3つ星バジェットホテル・チャーターハウスコーズウェイベイに泊まることにした次第である。アッパーハウスフレットハウスといった香港を代表する高級ホテルのおかげでチャーターハウスというと高級そうな感じにも思えてくるが、バリバリの3つ星ホテル。他の3つ星・4つ星も軒並みHK$1,000弱という強気レートを押し出す中、ここだけ一泊HK$400弱とやけに弱気だったからな。



場所はMTRの湾仔と銅鑼湾のほぼほぼ中間地点にあり、それぞれ歩くと10分弱くらいと微妙な距離になる。それ故に比較的安い価格帯のレートになっているのだろうが、玄関を出て30秒でバス停、歩いて3分でトラムの乗り場なので香港島をメインに見て回ったり下町探索するなら便利な立地かと。ローカルな生活感あふれる周囲にはB級レストランも多いですし。

あとは1992年の開業と古いこと、面積にして10数平米と狭い部屋が多いことも価格設定が低く抑えられていた要因であろう。

ひだり みぎ
円形のロビーは非常に狭い造りとなっているけれど、3階まで吹き抜けになっていて窮屈な印象は受けん。ただ、やっぱり部屋数が300弱あるわけで、チェックイン・チェックアウトが集中する午前中から正午にかけては宿泊客で混雑してた。

チェックインはフレンドリーさは無いがやけに手際が良いというザ・香港な対応。一切の笑顔なくパソコンをカタカタと弄り、表情を一切変えることなく早口英語でアップグレードしときましたから、と。リアクションに困ったわ。

ローカルアパートさながらの狭くて暗いホールウェイ。基本的に殆どの部屋は開業当時の古臭いスタイルのままらしいが、S Signature FloorのS SignatureとS Classicというカテゴリーだけは改装済みの新しい部屋になるそうだ。

ひだり みぎ
S Classicとエコノミーシングルの部屋は同じホテルとは思えんほどスタイルが異なる。

部屋:スーペリア

ひだり みぎ
今回、最安値のエコノミーシングルルーム(12㎡)からアップグレードして頂き、スーペリア(16㎡)の利用となった。ホールウェイは陰気臭かったけど、意外に部屋は古さも狭さも許容範囲の内と感じる。もっと狭くて古臭いローカルアパートみたいなのを想像してたからな。

ひだり みぎ
他の多くの香港のホテルと同じく、ここでも市内・国際電話(オーストラリア・中国・イギリス・シンガポール・アメリカ)や3G接続が無料で使えるスマホが用意されている。これはSIMレスで香港観光を楽しもうとする旅行者にとっては絶好のサービスでしょう。

ひだり みぎ
南東向きの部屋はかなりのオープンビュー。窓からの光彩も十分だ。

ひだり みぎ
コンプリメンタリーのペットボトル水やインスタントコーヒーも用意されている。ただ、水を冷やそうと冷蔵庫にぶっこんでても全然冷やしてくれない冷蔵庫は無いものと思っておいた方が良いくらいの冷蔵力。


ベッドも枕やシーツがくたびれてしまってるけど、まぁ寝れなくはない。それよりは夜に喋りながら廊下を闊歩する中国人の声の方が気になった。

ひだり みぎ
水周りもカビっぽいバスタブマットとシャワーカーテンを除けば許容範囲かな。お湯に切り替わるまでに時間がかかったり水圧が弱いといった問題もあり連泊はきついが、一泊寝るだけなら十分。


アメニティも揃っているし。

朝食

ひだり みぎ
朝食は2階のオールデイダイニング・The Gazebo Restaurantでのバッフェ。

朝食バッフェ: 07:00 – 10:30
ランチバッフェ: 12:00 – 14:30
ディナーバッフェ: 18:30 – 21:30



中華な点心メニューが充実。一応は卵料理専門のシェフも常駐しているとのことではあったのだが、私がレストランにいた20分の間にお目見えすることはなかった。雨が降ってたのでホテルで食べたけど、これで一人HK$88はちょっと高いかな。ホテル周辺の安くて旨い麵屋や粥屋で食べた方が絶対良いわ。

所感

少しお高いSignatureフロアに泊まらない限り設備の老朽化を感じるステイになるでしょう。ただ、香港島を中心に観光ででずっぱりで、ホテルは夜寝るだけみたいな使い方ならありかもな。あとはベトナム領事館がまさに目の前にあるので、朝一で当日エクスプレスサービスでビザを取ってから空港に向かったり、ホテルから徒歩圏内のコンベンションセンターで仕事したりといったビジネスユースぐらいかな、考えられる宿泊目的としたら。

チャーターハウスコーズウェイベイ香港


Booking.com


住所:209-219 Wanchai Road, Hong Kong, Hong Kong
チェックイン/チェックアウト:14:00/12:00


Booking.com

Related posts(関連記事):

SPGポイント修行の一環でシェラトン・サイゴンの李白へ
3月以来のホーチミン出張。到着日は一人飯をすることになり、夕食はシェラトンサイゴンで摂ることに。SPGがSpice it Upキャンペーンをやってるんで、スターポイントを利用したSQファーストクラスの旅に向けてせっせとスターポイント貯金に励みます。 さて、宿泊先のニッコーホテルから中心街に移動してみると、目抜き通り・グエンフエ通りの工事が一段落した模様で、市民の憩いの場になっていた。ダンスし...
グランドメルキュール東莞虎門 宿泊記
アコーの2連泊×3で6,000ポイントが貰えるキャンペーン、メルキュール ジャカルタ コタ・ノボテル ジャカルタ マンガ ドゥア スクエアと繋いだバトンを受けるアンカーには中国広東省のグランドメルキュール東莞虎門(東莞匯源美爵酒店)を持ってきた。 ホテルの位置する虎門鎮は東莞中心部から南へ約30km。深セン宝安国際空港まで車で40分・広州市中心部まで1時間ちょいと近隣主要都市へのアクセスも悪...
メルキュール ジャカルタ コタ ホテル 宿泊記
結構前のことになるけれど、アコーが二連泊×3で6,000ポイントくれるってポイントばら撒きキャンペーンをしてたので、出張先で週末を使って参戦することに。アコーは2,000ポイントを40ユーロ分のバウチャーとして使えるポイントシステムなので、6,000ポイントだと120ユーロ(≒15,000円)ということになる。1泊3,000円程度で泊まれるホテルも多いアジアだと2連泊×3の費用が20,000円弱で...
ダナン ノボテル プレミアホテル宿泊記(Novotel Danang Premier Hotel)
ホイアンとダナンの中間地点にある五行山の見学を終え、再びバイタクのケツに跨り北に向けて走り出す。おっさんとの2ケツとはいえ、海沿いの大通りをバイクで走り抜けるのは開放的で気持ちが良いことこの上ない。 流石はリゾート地として名を馳せるダナン、町に近づくにつれて南国風リゾートの雰囲気が漂ってきた。 主塔が傾いた特徴ある斜張橋を渡ってハン川の西側へ。 橋を渡り、バクダン通り...