バインミーの名店『ニューラン』
バインミーの名店『ニューラン』

バインミーの名店『ニューラン』

ニューランとはホーチミンにある創業45年超の超老舗ローカルベーカリーです。いつ行っても多くの人でごった返している人気店です。

場所はハムギー通り、ホーチミンで一番高いビテクスコフィナンシャルタワーの斜向かいにあります。

道中迷ったらこのビルを目指して歩くべし。


ニューランの朝は早く、まだ暗い6時に開店です。一日がけで遠方の客先回りをする日は早朝にこちらでバインミーを調達し、昼食としてバインミーをタクシー内で食すことにしています。バインミーとはベトナム版サンドイッチ。切込みを入れたフランスパンのバゲットにバターやパテを塗って野菜や肉を投入、最後に調味料を振りかけたベトナムの大衆食です。


外はカリッとしていて中はもっちりのフランスパン。あっという間に掃けていきます。


バインミーに入れる肉をスライスする機械。ニューランのバインミーのおいしさは、パン生地の食感の他、スライスしたての肉の旨さにもあります。


ドネルケバブの様に、回転した豚肉の塊を削ぎ落としていきます。


手前のパテとバターを塗り、奥に置いてあるスライスした肉と野菜を挟むだけの単純な作りですが、これがうまいんです!


気になるお値段は一本BND 25,000(≒100円)。サイズはサブウェイの6インチ程です。


注文後に兄ちゃんが素早い手捌きで具を詰めてくれます。


今日は4本調達。〆てVND 100,000(≒400円)也。


アッサリ風味。メインは豚肉を乾燥させて細く裂いたもので、ツナのような味。


こっちはしっかりとした味付けのバーベキューポーク。

また、持ち帰りだけでなくイートインコーナーも併設しています。
ただのパン屋に留まらず、ここへ来ればベトナムのB級グルメはだいたい一通り食すことができると言っても過言ではない程の大きなレストランです。否、レストランよりは商店と言うべきか。ベーカリーなのでパンやサンドイッチは勿論のこと、それ以外にもお菓子や肉類の量り売りがあったり、フルーツスムージーやカスタードプリンなどのスイーツからフォーなどの麺類、定食類まで供されている便利な商店兼カフェ兼レストランです。


様々な食品が売られています。


ホットミールも充実。ベトナム料理の定番である春巻きやフォーも揃っています。


ベーカリーだけあってフランスパンの販売も行っています。小(長さ約20cm)がVND 4,000(≒16円)、大(長さ約50cm)がVND 12,000(≒50円)と超格安。中国にもちょくちょく持って帰ったりします。

こんなニューラン。日本のガイドブックにあるようなバインミー店ではなく他の御食事メニューも揃っているので毎日通っても飽きません。価格も安いですし、私の定宿の近くということもあり、しょっちゅうお世話になっています。ホーチミンにお越しの際は是非お寄りください。

Nhu Lan
64 Hàm Nghi, Bến Thành, Quận 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
+84-8-3829-2970

 

Related posts(関連記事):

ニッコーホテルサイゴン クラブルーム宿泊記
今回のベトナム出張は日本からの出張者数名と一緒に行動することになったので、JALの陸マイラー疑惑のある出張者の希望で宿泊先はニッコーサイゴンに。日航では邦人スタッフがいたり朝食に和食が振る舞われるだけでなく、日本語放送のTVやバスタブ&ウォシュレットを全室で完備する等、ハード面も日本人ユーザーに気をかけたサービスをウリとしている。自分もSPGにのめり込む前はここを定宿としてたし、今でもホーチミンで...
歴史博物館【ホーチミン】 
土曜日の午後は時間が空いた為、ホーチミン市の博物館巡りに行ってきました。 先ずは歴史博物館。 以下は私が把握していた大雑把なベトナム史の流れ。 ・紀元前から1000年以上に渡り支那の支配下。 ⇒10世紀くらいに独立を回復!民族意識高まる。 ⇒独立後も1000年近く支那やらモンゴル軍の侵略活動に晒される。民族意識高まる。 ⇒フランス支配。民族意識高まる。 ⇒日本の統治下に。民族意識...
カントーの街でメコン川沿いを歩いてみる
さて、ホテルチェックイン時に図らずも明日の水上マーケットツアーも予約ができたので、残りの時間はゆっくりとカントーの街を見て回ることができそうだ。 今回宿泊するカントーサイゴンホテル前のマーケット。 今はまだ閑散としているが、陽が落ちたころから出店が始まり、精一杯背伸びをしてオシャレをしました感丸出しの地元の若者たちで賑やかになる。メコンデルタ最大の都市ということなので、周辺...
ベトナムの魅力
2013年度版WEF国際観光競争力ランキングではルワンダやヨルダンといった僻地の小国をも下回る評価を獲得し、観光リピーター率アジアワースト1位の実力を世にまざまざと見せつけた。ドイモイ政策の下で経済発展著しく、エネルギッシュな商都でありベトナム南部の雄・ホーチミン市と政治面の中枢都市であり北部の雄・首都ハノイという2つの国際的大都市の他、ベトナム最後の王朝でるグエン朝の帝都として栄え、その建造物群...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。