フォーの老舗『Pho Hoa (フォーホア)』

東南アジア出張中の苦行の中での唯一の楽しみはB級レストラン巡り。ここ3年間で様々なベトナムローカル料理を平らげてきましたが、その中でもやはりフォーは別格。ベトナムと言えばフォー、フォーと言えばベトナムというくらいフォーの魅力に陶酔しきっています。

そもそもフォーとは何ぞや?フォーとは鶏がらや牛骨からの出汁で取ったアッサリ透明スープにライスヌードルと肉や香草やモヤシなどのトッピングを無造作に投入するというお手軽麺料理です。現地人の間でも大衆食として定着していて、『フォー2000』や『フォー24』等のチェーン店が街中に大展開しています。


フォー24。日本で言うところの牛丼的な位置付けになるのでしょうか、『速い・安い・うまい』の三拍子を揃えて人気を博しており、ホーチミン第一区だけでも9店舗を構えるまでに勢力を拡大。そんなフォーブームによるチェーン店乱立による競争激化の煽りを受けて、私一押しのフォーの名店・Clam Pho Houseがまさかの廃業に追い込まれてしまいました。


日本では牛肉入りフォーが主役ですが、Clam Pho Houseではアサリなど海鮮類がメイン。麺もきし麺のようなコシがあり、廃業が悔やまれる絶品でした。

今日も意気揚々とClam Pho Houseに向かったのですが、到着後に廃店の事実を知り暫し絶句。失意の中、代替案としてフォーの老舗『フォーホア』を目指すことに。60年以上も続く超老舗フォー屋さんで日本のガイドブックの常連でもあります。

場所はパスツール。タクシーでベンタン市場等の中心地から10分程度です。


ローカル色の強い店内レイアウト。若干躊躇しつつもいざ入店してみます。


店内には創業者の顔写真やら縁起の良さそうな飾り物が立て掛けられています。


風水画や鹿(?)の顔面の壁飾りなど、中華色プンプンの店内です。


卓上には注文前から食べ物がドッサリと放置してありますが、決して前客の食べ残しではありません。フォーのトッピングであるパクチーやライム以外のバナナや揚げパン、粽などは食べた分だけ会計時に請求されるシステムですので、食べ過ぎには御用心。


メニュー。肉の部位や火の通し方によってメニューが細分化されていて、フォーだけでも12種類用意されています。英語表記があり助かりますが、どうせなら値段も併記してくれよ

値段が分からずボッタクリの恐怖に怯えながらも牛筋のフォーと生春巻きを注文。
香菜嫌いの方の為にデフォルトでは草系のトッピング無しで運ばれてきます。このスープの透明度には感動。サッパリテイストにライムの爽やかな甘味が良く映えて絶妙。


香菜好きの方は無料で山盛りにグレードアップすることができます。ミント系やコリアンダー、バジル等、複数の種類が用意されています。多彩な香草使いこそがベトナム料理を特徴づけるキーマン。癖のある味ですが、やはり香草無しには物足りない。


地元民の方々は味噌や醤油、チリソース等を調合していました。


こちらは生春巻き。ミントやバジル、しそ等のハーブと、生野菜、ゆで海老お米から作られるライスペーパーで包んだ巻物を甘辛いピーナッツソースにつけて食す。シャキシャキプリプリとした食感で、中国の油揚げ春巻きとは違った美味しさである。

〆て75,000ドン(300円弱)。Clam Noodel Houseの廃店は残念であるが、フォーホアも悪くない。300円で腹いっぱい美味い料理を食せる幸せ。東南アジア出張も悪いことだらけではありません。

Related posts(関連記事):

ホイアンそぞろ歩き ~昼編~
行く場所も定めずマイペースでホイアンの町をそぞろ歩くことに。世界遺産の古都・ホイアンは町そのものが見どころなので、目的地なくブラブラ歩いているだけで良い観光になる。 ファンチューチン通りで見つけた学校。繁体字で会安礼儀学校と書かれているので華人の教育施設だろう。旧正月休暇なのかグランドにも校舎にも人影が無く、普段は学生で賑やかな校内はシーンと静まり返ってる。校門脇の民家で野菜を洗っている...
ベトナムの伝統芸能 カー・チュー@旧家保存館
トゥオン劇場の公演のオーディエンスがまさかの私一人という事態となった為、流石に私一人の為に貸切公演はできないとの判断から当日キャンセルとなってしまった。失意のもとホテルに戻り情報収集をしていると、旧市街のマーマイ旧家保存館ではカー・チューという伝統芸能が鑑賞できるとの情報を入手した。カー・チューとは雅楽や民謡にも似たベトナムの伝統芸能で、高音の打楽器のファック(fワードで申し訳ない)、独特の音色を...
ニッコーホテルサイゴン クラブルーム宿泊記
今回のベトナム出張は日本からの出張者数名と一緒に行動することになったので、JALの陸マイラー疑惑のある出張者の希望で宿泊先はニッコーサイゴンに。日航では邦人スタッフがいたり朝食に和食が振る舞われるだけでなく、日本語放送のTVやバスタブ&ウォシュレットを全室で完備する等、ハード面も日本人ユーザーに気をかけたサービスをウリとしている。自分もSPGにのめり込む前はここを定宿としてたし、今でもホーチミンで...
ホイアンのランドマーク的存在の来遠橋(日本橋)
トゥボン川のミニクルーズを終えた後は、ホイアンのランドマーク的存在として知られる日本橋へと向かう。日本橋は16世紀末に造られた屋根付きの古ーい橋で、日越友好の架け橋ともされている。16世紀末といえば日本はまだ安土桃山時代、アジアはアジアは大航海時代の真っただ中か。中南米における爆発的な銀の生産、更に戦国時代を終えた日本の銀が市場に参入し、東南アジアの貿易量が急増した頃である。当時の東アジア貿易の基...