フォーの老舗『Pho Hoa (フォーホア)』

東南アジア出張中の苦行の中での唯一の楽しみはB級レストラン巡り。ここ3年間で様々なベトナムローカル料理を平らげてきましたが、その中でもやはりフォーは別格。ベトナムと言えばフォー、フォーと言えばベトナムというくらいフォーの魅力に陶酔しきっています。

そもそもフォーとは何ぞや?フォーとは鶏がらや牛骨からの出汁で取ったアッサリ透明スープにライスヌードルと肉や香草やモヤシなどのトッピングを無造作に投入するというお手軽麺料理です。現地人の間でも大衆食として定着していて、『フォー2000』や『フォー24』等のチェーン店が街中に大展開しています。


フォー24。日本で言うところの牛丼的な位置付けになるのでしょうか、『速い・安い・うまい』の三拍子を揃えて人気を博しており、ホーチミン第一区だけでも9店舗を構えるまでに勢力を拡大。そんなフォーブームによるチェーン店乱立による競争激化の煽りを受けて、私一押しのフォーの名店・Clam Pho Houseがまさかの廃業に追い込まれてしまいました。


日本では牛肉入りフォーが主役ですが、Clam Pho Houseではアサリなど海鮮類がメイン。麺もきし麺のようなコシがあり、廃業が悔やまれる絶品でした。

今日も意気揚々とClam Pho Houseに向かったのですが、到着後に廃店の事実を知り暫し絶句。失意の中、代替案としてフォーの老舗『フォーホア』を目指すことに。60年以上も続く超老舗フォー屋さんで日本のガイドブックの常連でもあります。

場所はパスツール。タクシーでベンタン市場等の中心地から10分程度です。


ローカル色の強い店内レイアウト。若干躊躇しつつもいざ入店してみます。


店内には創業者の顔写真やら縁起の良さそうな飾り物が立て掛けられています。


風水画や鹿(?)の顔面の壁飾りなど、中華色プンプンの店内です。


卓上には注文前から食べ物がドッサリと放置してありますが、決して前客の食べ残しではありません。フォーのトッピングであるパクチーやライム以外のバナナや揚げパン、粽などは食べた分だけ会計時に請求されるシステムですので、食べ過ぎには御用心。


メニュー。肉の部位や火の通し方によってメニューが細分化されていて、フォーだけでも12種類用意されています。英語表記があり助かりますが、どうせなら値段も併記してくれよ

値段が分からずボッタクリの恐怖に怯えながらも牛筋のフォーと生春巻きを注文。
香菜嫌いの方の為にデフォルトでは草系のトッピング無しで運ばれてきます。このスープの透明度には感動。サッパリテイストにライムの爽やかな甘味が良く映えて絶妙。


香菜好きの方は無料で山盛りにグレードアップすることができます。ミント系やコリアンダー、バジル等、複数の種類が用意されています。多彩な香草使いこそがベトナム料理を特徴づけるキーマン。癖のある味ですが、やはり香草無しには物足りない。


地元民の方々は味噌や醤油、チリソース等を調合していました。


こちらは生春巻き。ミントやバジル、しそ等のハーブと、生野菜、ゆで海老お米から作られるライスペーパーで包んだ巻物を甘辛いピーナッツソースにつけて食す。シャキシャキプリプリとした食感で、中国の油揚げ春巻きとは違った美味しさである。

〆て75,000ドン(300円弱)。Clam Noodel Houseの廃店は残念であるが、フォーホアも悪くない。300円で腹いっぱい美味い料理を食せる幸せ。東南アジア出張も悪いことだらけではありません。

Related posts(関連記事):

ベトナムの象徴であるホーチミン廟と一柱寺
世界旅行は3の法則で支配されていると世界旅行者は考え続けてきた。 世界三大河川といえば当然アマゾン、ナイル、ミシシッピ 世界三大仏教遺跡はアンコール・ワット、ボロブドゥール、バガン 世界三大がっかりはマーライオン、人魚姫の像、小便小僧 そして、「世界三大保存遺体」というのがある。 それが、毛沢東紀念館の毛沢東、レーニン廟のレーニン、そして栄えある3つ目がホーチミン廟のホーチミンだ...
戦略家ホーおじさんの戦術が学べる(!?)作戦博物館
歴史博物館でベトナム近代史に入るまでの流れを学んだ後は、ホーチミン作戦博物館で現代史の学習です。場所はサイゴン動植物園の門から道を一本渡った先の右手、徒歩1分のところにあります。 館内には1975年3月から始まった軍事攻勢~サイゴン陥落に至る最終軍事作戦の図解や展示物が並べられているそうだ。軍事攻勢の流れとしては、75年3月からベトナム人民軍・南ベトナム解放民族戦線軍によって矢継ぎ早に下記4...
コンカフェ(Cong Ca phe)で飲むヨーグルトコーヒー
フランス統治時代の影響からか、ベトナム社会にはコーヒー文化が非常に深ーく根付いている。 地元民がちょっと一杯と集うローカルな露店風コーヒーショップから外国人オーナーが経営する御洒落カフェ、フックロン・ハイランズコーヒー・チュングエンコーヒーといった地元資本のスタバ風コーヒーチェーンが街のあちこちに乱立。そこに黒船スターバックスが乗り込んできてもう市場は飽和状態!と思いきや、そんなレッドオーシャン...
孔子が眠る文廟と国中の秀才が集まった国子監
1010年に李王朝の都と定められて以来ベトナムの中心でありつづけた長い歴史のある街・ハノイ。もちろん今もベトナム社会主義共和国の首都であり政治の中心地となっている。“カラフル”、“モダン”、“エネルギッシュ”、“暑い”、“奔放”、“煩雑”といったイメージのホーチミン市に対し、ハノイにいると、“シック”、“レトロ”、“成熟”、“情緒”、“風情”といった印象を受ける。何というか、首都としての落ち着きと...