ベトナムで接触事故に巻き込まれた!

本日はまたも朝からローカルバスに乗って中華街(チョロン)に行くことに。ローカルバス乗車、屋台食挑戦と、確実に一歩一歩現地化への歩みを進めております。

前回同様、1番のバスでチョロンに向かいます。バスは小雨降りしきる中、快調に運転を続け…

突如として…ドスン!!後方から強烈な衝撃が見舞われる。直後、乗客がニャーニャーと騒ぎ立て、運転手は鼻息荒く凄い剣幕で何か怒声を上げながら外に飛び出していきました。確かにバスの運転手側に何らかの過失があったとは思えない。走行中、急に後ろからガツンとやられたので、運転手が血相を変えるのも無理は無い。


『貴様、ワイのバスに何やってくれてんねん!!!』目尻を吊り上げて抗議するバス運転手(手前、水色のシャツ)。

この時点で乗客は野次馬見学しに外に出ていったので私も加勢。

ニャーニャーニャー。


ニャーニャー


特に誰が仕切る訳でもなく、皆『まいったな~』みたいな感じになってる。3人寄っても4人寄っても文殊の知恵とはなりません。


『まいったな~』

この後の展開がどうなるのかと思いきや…


『まっ、いっか。じゃあ、俺、もう戻るよ?』
えええぇ!!?そんなんで終わり?連絡先の交換とかいらないの?物の2~3分話し合っただけであっさり協議終了。過失割合とかが決定されたとは思えないし、何よりさっきまで怒声上げて目を吊り上げてた怒りは何処へ消えたのか運転手よ!!その後何事も無かったかのようにバスに戻り運転を再開、チョロンに向かいました。

何か良くも悪くもあっさりしてるよな~ベトナム人。米軍を敗戦に追いやった粘り腰は鳴りを潜めてしまったのであろうか。まぁ面倒な惨事に巻き込まれずに良かったと言えば良かったのですが…

Related posts(関連記事):

ベトナム航空 A321ビジネスクラス搭乗記 ホーチミン⇒ハノイ
この日はホーチミンからハノイへと移動。 わいわいがやがやローカル感の強いホーチミン国内線ターミナルを利用するのは何年ぶりになるだろうか。ベトナムの方は全家族をあげてお見送り・お出迎えに来ちゃったりするので、相変わらずテーマパークとか動物園の中かのような凄い人口密度である。 黄色いアオザイのベトナム航空スタッフも久しぶり。これはこれで爽やかで良いんだけど、昔のエンジ色の方がベトナ...
世界のVIP御用達の名店・NAM PHUONG(ナムフーン)
ハノイ出張のプロジェクトも無事に完了し、肩の荷が下りたところで世界のVIP御用達の名店との誉れ高きNAM PHUONG(ナムフーン)という有名レストランに行ってみることに。 ・住所:19 Pho Phan Chu Trinh, French Quarter, Hanoi, Vietnam ・電話:(04) 824 0926 ・営業時間:10:00-14:00、17:00-22:00 ...
ベトナム航空でHCMC⇒HK
ようやくタイ・ベトナム出張から解放され、サイゴン・タンソンニャット空港から香港国際空港経由で中国に戻りました。HCMCの空の窓口であるタンソンニャット空港は規模自体は小さいのですが、ここには毎回密かに楽しみにしているものがあります。 それは… そう!フォーーーーーーーーーーーーです! イミグレを抜け、セキュリティーチェックを完了させてから歩く歩道で空港の端っこへ移動。 ...
ラオカイ(越)⇔河口(中)の国境の状況は如何に!?
バックハーからラオカイに戻り、ホテルでシャワーを浴びた後は暇つぶしを兼ねて国境の向こう・中国雲南省の河口市へと向かう。流しのタクシーなど走っていないので、ホテル前でニーハオニーハオと声をかけてきたバイタク兄に送ってもらうことに。始め、VND50,000とか法外な運賃を吹っかけてきやがったが、VND20,000(約80円)で決着。バイクで10分足らずの距離なので、多分相場的には粘ればVND10,00...