シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムで接触事故に巻き込まれた!


本日はまたも朝からローカルバスに乗って中華街(チョロン)に行くことに。ローカルバス乗車、屋台食挑戦と、確実に一歩一歩現地化への歩みを進めております。

前回同様、1番のバスでチョロンに向かいます。バスは小雨降りしきる中、快調に運転を続け…

突如として…ドスン!!後方から強烈な衝撃が見舞われる。直後、乗客がニャーニャーと騒ぎ立て、運転手は鼻息荒く凄い剣幕で何か怒声を上げながら外に飛び出していきました。確かにバスの運転手側に何らかの過失があったとは思えない。走行中、急に後ろからガツンとやられたので、運転手が血相を変えるのも無理は無い。


『貴様、ワイのバスに何やってくれてんねん!!!』目尻を吊り上げて抗議するバス運転手(手前、水色のシャツ)。

この時点で乗客は野次馬見学しに外に出ていったので私も加勢。

ニャーニャーニャー。


ニャーニャー


特に誰が仕切る訳でもなく、皆『まいったな~』みたいな感じになってる。3人寄っても4人寄っても文殊の知恵とはなりません。


『まいったな~』

この後の展開がどうなるのかと思いきや…


『まっ、いっか。じゃあ、俺、もう戻るよ?』
えええぇ!!?そんなんで終わり?連絡先の交換とかいらないの?物の2~3分話し合っただけであっさり協議終了。過失割合とかが決定されたとは思えないし、何よりさっきまで怒声上げて目を吊り上げてた怒りは何処へ消えたのか運転手よ!!その後何事も無かったかのようにバスに戻り運転を再開、チョロンに向かいました。

何か良くも悪くもあっさりしてるよな~ベトナム人。米軍を敗戦に追いやった粘り腰は鳴りを潜めてしまったのであろうか。まぁ面倒な惨事に巻き込まれずに良かったと言えば良かったのですが…

Related posts (関連記事):

旧市街中心地にひっそりと佇む伝統家屋・マーマイの家
ハノイの旧市街にある87マーマイの家は、19世紀ベトナムの伝統的な中華風木造家屋を修復保存している貴重な家である。住所は名称通り、マーマイ通り87番地。別にマーマイさんのお住まいというわけではなく、マ...
サパで味わう少数民族料理
赤ザオ族の本拠地であるマーチャ村とタフィン村の訪問を終え、一旦市内へと戻って腹ごしらえタイムとする。 バーストリートに行けば洋食レストランも揃っているが、折角なのでサパ料理が食べたいもの。ここサ...
陶器作りの伝統工芸村・タンハーでろくろ体験
ホイアンの街で、ランタンと共に目にすることが多い定番土産といえば、精細な木工細工と陶器が挙げられる。実はこれらもホイアンの伝統的な工芸品で、トゥボン川からボートに乗って実際にそれらの土産品を作っている...
フエ⇒ハノイ ベトナム航空ビジネスクラス搭乗記 フエの世界遺産巡り9
あっという間のフエでの二泊三日の小旅行を終え、帰路へと就く時間がやってきた。先ずはフエからハノイに飛び、そこから成田行きの深夜便に乗り継いで日本へと帰還する。 フエ市街地からタクシーで15分...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする