ベトナムで接触事故に巻き込まれた!

本日はまたも朝からローカルバスに乗って中華街(チョロン)に行くことに。ローカルバス乗車、屋台食挑戦と、確実に一歩一歩現地化への歩みを進めております。

前回同様、1番のバスでチョロンに向かいます。バスは小雨降りしきる中、快調に運転を続け…

突如として…ドスン!!後方から強烈な衝撃が見舞われる。直後、乗客がニャーニャーと騒ぎ立て、運転手は鼻息荒く凄い剣幕で何か怒声を上げながら外に飛び出していきました。確かにバスの運転手側に何らかの過失があったとは思えない。走行中、急に後ろからガツンとやられたので、運転手が血相を変えるのも無理は無い。


『貴様、ワイのバスに何やってくれてんねん!!!』目尻を吊り上げて抗議するバス運転手(手前、水色のシャツ)。

この時点で乗客は野次馬見学しに外に出ていったので私も加勢。

ニャーニャーニャー。


ニャーニャー


特に誰が仕切る訳でもなく、皆『まいったな~』みたいな感じになってる。3人寄っても4人寄っても文殊の知恵とはなりません。


『まいったな~』

この後の展開がどうなるのかと思いきや…


『まっ、いっか。じゃあ、俺、もう戻るよ?』
えええぇ!!?そんなんで終わり?連絡先の交換とかいらないの?物の2~3分話し合っただけであっさり協議終了。過失割合とかが決定されたとは思えないし、何よりさっきまで怒声上げて目を吊り上げてた怒りは何処へ消えたのか運転手よ!!その後何事も無かったかのようにバスに戻り運転を再開、チョロンに向かいました。

何か良くも悪くもあっさりしてるよな~ベトナム人。米軍を敗戦に追いやった粘り腰は鳴りを潜めてしまったのであろうか。まぁ面倒な惨事に巻き込まれずに良かったと言えば良かったのですが…

Related posts(関連記事):

ベトナムの悪徳商法
やれれました!!! ホーチミンの路上を歩いていると、笑顔の野郎たちに日本語で声をかけて来られる機会が多々あります。 『Hey! You! こんにちは! where are you going! どこ行く?』とシクロ(バイクタクシー)の運転手が英語と日本語を混ぜながら、しきりに話をかけてきます。私は最初は愛想良く笑顔で返してましたが、ベトナムでも場数を踏むうちに、次第にめんどくさくなり、...
ハノイ新国際線ターミナルから香港 VN592 A321 ビジネスクラス
2014年12月31日、ノイバイ空港新国際線ターミナルの運用が開始され、陰気臭すぎたベトナム首都の玄関口の装いがようやく一新された。今回の新ターミナルは地上4階・地下1階建てで、旅客処理能力はら倍増超となったし、ハノイ市内への交通インフラも同時に整備されている。橋を建てたりね。空港容量の増加だけでなく、市中心部・空港間のアクセス改善や、未開な北ハノイの開発など、首都ハノイの社会・経済発展に対して大...
ラオカイ(越)⇔河口(中)の国境の状況は如何に!?
バックハーからラオカイに戻り、ホテルでシャワーを浴びた後は暇つぶしを兼ねて国境の向こう・中国雲南省の河口市へと向かう。流しのタクシーなど走っていないので、ホテル前でニーハオニーハオと声をかけてきたバイタク兄に送ってもらうことに。始め、VND50,000とか法外な運賃を吹っかけてきやがったが、VND20,000(約80円)で決着。バイクで10分足らずの距離なので、多分相場的には粘ればVND10,00...
とんだ濡れ衣
漸くベトナムから解放され、中国経由で晴れて日本に一時帰国することとなりました。問題が解決して清々とした気分で空港に向かい、キャセイのカウンターにてチェックイン。荷物検査も済ませてラウンジに向かおうとすると、キャセイの係員に呼び止められました。『申し訳ないがセキュリティーが話したいことがあるので戻ってきてくれ。』と。 は??? 私、何かしたか?詳しく聞くと、機内に預け入れたスーツケースに...