広州市 北京路と広州ホテル

今回の宿泊先は北京路にあるホテルカントン。広州随一の商業集積地であり、全国的に見ても北京の王府井と並び称される程の繁華街とされる北京路歩行者天国に面しており、恵まれた立地条件にあります。


向って右の高層ビルがホテルカントンです。日本人も多く宿泊しているようでした。


ロビーではアツい月餅の在庫処理。一箱168元。


こちらは一箱688元。売れ残ったら製造日だけ変更して翌年の販売分に回されるのかな…



一頭地にありますが、部屋の内装はちょっとくたびれていてシャワーの水圧も弱かったですが、市内ど真ん中という立地条件を考えるとコスパは高いと思います。この日は電話予約で一泊488元でした。

さて、一休憩してから北京路へ向かいます。


国慶節ということもあり怒涛の人が詰めかけています。観光客の注目を集めようと街頭の客引き達が手を叩きながら大声を出しており、大変賑やか。一日平均35万人が訪れるというのもあながち嘘ではないのかな…

北京路の中心には透明アクリル版で覆った遺跡の発掘場所の展示があり、現在の地面から50cm下に明時代、その下に元、宋、唐時代の道路を見ることができます。


こちらは宋時代の道路。 丁度この北京路周辺は古く秦の時代から街の中心部として発展し、周囲には前漢南越時代の宮殿や秦漢時代の造成工場、唐清時代の海軍遺跡が発掘されている程のロマン溢れる土地柄です。


シンボルの一つでもある天河城百貨店。立ち止まって写真を取ったり写真を広げて位置確認しようものなら、即座に偽ブランド時計の売子達の交渉ターゲットとなってしまいます。彼らは相場の分からない旅行者を狙っているので要注意。


街頭には飲み物や軽食スタンドも多く立っており、縁日のような賑わいを見せています。


ウイグル族による串焼きケバブの街頭販売。頗る良い匂いを出している為に何度か私も中山で食べてみたのですが、毎回毎回敢え無く食あたりに…肉が悪いのか油が悪いのか真相は謎ですが、私は二度と食べません。


インスタント宝くじの一種であるスクラッチゲーム。数種類あり、最高で15万元が当たるそうですが、その射幸性や如何に!?一攫千金を狙ったおばさん達が果敢に挑むもことごとく撃沈していました。中国では国家公益宝くじ・中国福祉宝くじなるものが至る所で販売されており、その売上の半分は地方民政部門の社会公益事業に用い、もう半分は国家財政部門に上納された上で社会公益事業に注込まれるそうですが、怪しい匂いがぷんぷんします。


陽が落ちても通りの熱気は冷めませんが、ワシは飯食ってここらでおいとまです。


ホテルカントンは北京路の最北部にあります。


魔除けの獅子がお出迎え。国慶節だから(?)厳つい表情に似つかわぬオシャレなぼんぼんリボンを装着しています。

さ~て明日はどこ行こう。

 

Related posts(関連記事):

福州 ぶらり途中下車 レンタサイクルでヒャッハー1 西禅寺、西湖公園
東シナ海から吹き付ける湿めった風がなんともまったりとした気分にさせてくれる土曜日の昼下がり。南方特有ののんびりとした雰囲気の福州の町を歩いてみる…いや、レンタサイクルでヒャッハー!してみることにしました。 文字通り吐いてすてるくらい至る所で乗り捨てられてるレンタサイクル。30分1元で乗れちゃいます。 古い町並みに自然と溶け込む古樹・大木。緑が天然の日よけになってくれていて、探索...
中国版新幹線
国内出張中は、中国版新幹線とも形容される中国高速鉄道も利用しました。昨年度に死亡事故を起こし、事後対応の拙さでも世間を大いに騒がせたアレです。 事故の主役だった和諧号。 駅構内に入る前には荷物のX線検査と金属探知機によるボディーチェックが行われます。金属探知機に財布とベルトと時計が相次いで反応するも、追調査は無し。 係員『進んで下さい!』 私『ピーって鳴ってますよ?』 係員『...
広州モーターショー2012コンパニオン画像編
広州モーターショー2012のコンパニオン編。今年は先に開催された成都と武漢のモーターショーでコンパニオンの過激衣装が問題視されて『裸・露・透』厳禁令が発せられた為、広州モーターショーではそこまでの露出は目立ちませんでした。 無数のカメラ小僧の前でポーズ決めて笑顔作り。コンパニオンの方々も大変です。 ① ② モデルに近づきすぎ!!!って追い出されてしまった(涙...
カシュガル班超記念公園 
果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。 歴史関連...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。