国慶節休暇

光陰矢の如し。早いもので今年も中国の国慶節休暇の季節がやってきました。今年は明日9月22日~26のベトナム出張の後、9月26日~10月7日前後の日程で一時帰国することになりそうです。

そう、またベトナムである。最近、顧客の一つが中国華北地区での生産の事実上の撤退を表明した。中国の政治リスクを考えた面もあるだろうが、人件費及び各生産工程費用の高騰が著しいペースで継続しており、中国での労働集約型ビジネスモデルが立ちいかなくなったこと=即ち中国経済が新たな成長モデルを必要とし始めたという事実を端的に表した決断だと思う。撤退とは言えど、社会的観点から当然ながら7000人規模の工場を全面的に廃棄する訳にはいかず、今後もハイエンドで付加価値の高い製品と高難易度の製品の製造に特化する形で事業継続し、一方で既存の汎用型モデルはベトナムやタイなどを中心とした東南アジア各国に移管するらしい。グローバル企業が事業展開する上でのリスクヘッジとしてのチャイナワンポリシーが叫ばれて久しいが、この中国離れは私がこちらに赴任してから更に加速してきている感がある。一部企業は中国にあっさり見切りをつけ、更なる安価生産拠点として東南アジアへの進出へ舵を切り、今後の中国国内市場の活況を自社利益に取り込みたいと目論む企業は中国内部内部の未開地への開拓へひた走る。私の担当顧客では前者が多い為、今後も必然的に東南アジアへの出張が増えることになりそうだ。この顧客の判断が吉と出るか凶と出るか、中国が今後どうなるのかという議論に関してはブログで書けるほど簡単なものではないが、少なくともかつてのような人海戦術での『世界の工場』としての役割はとっくに終焉しており、内需主導の経済成長モデルを一刻も早く定着させねば中国国内で溜まった矛盾鬱憤が爆発…

おっと、ここらへんで止めておきます。書いているうちに話が大幅に脱線してしまいましたが、今回の一時帰国は出張ではなく休暇での帰国なので今からウキウキしています。美味い物を食い倒してきてこっちでの生活で蓄積されたストレスと鬱憤を晴らさねば!

Related posts(関連記事):

地上の楽園 ナパ海(納怕海)雲南省旅行3
シャングリラ古城を見て回り、続いては古城の入り口からバスで10キロ弱程離れた納怕海(ナパ海)へと向かうことに。 海抜3,200m超の地点に広がるナパ海の総面積は31平方キロ。ザ・桃源郷といった広大で風光明媚な大自然の中、湿地帯ではヤクや豚がのんびりと牧草を食み、湖畔では国連が定める絶滅種の一つ・オグロヅルやガンといった鳥類が餌を漁ったり遊び戯れたりする動物の楽園が広がっているらしい。 ...
港珠澳大橋のバスを利用してみた 香港からマカオ・珠海へのアクセス向上?
時系列的にはぐっちゃぐちゃになっちゃいますが、ツイッターでお問い合わせを頂きましたので、先日つぶやいた港珠澳大橋に関するエントリーを先にアップさせて頂くことにします。 港珠澳大橋とは 港珠澳大橋とは、その名が示す通り、香港と珠海・澳門を結ぶ橋のこと。 中国共産党が主導するベイエリア(大湾区)経済圏構想の中の中核インフラプロジェクトとして、1,100億元(≒1兆7,000万円)もの工費と9年も...
蘭州ラーメン:中国の職人芸
ラーメン、否、拉麺。蘭州拉麺とは、中国北西部、モンゴル高原に程近い甘粛省の省都・蘭州のイスラム族(=回族)の間で広まった超大人気手打ち拉麺のチェーン店のことです。その人気っぷりたるや想像を絶します。なんと、蘭州拉麺の発祥地である蘭州市だけで3000軒超の蘭州拉麺店が開かれているという超絶大盛況で、今や蘭州で修業を積んだ回族のラーメンマスターが中国全土に散らばり、全国で何千何万という店舗を開業するに...
中国版新幹線
国内出張中は、中国版新幹線とも形容される中国高速鉄道も利用しました。昨年度に死亡事故を起こし、事後対応の拙さでも世間を大いに騒がせたアレです。 事故の主役だった和諧号。 駅構内に入る前には荷物のX線検査と金属探知機によるボディーチェックが行われます。金属探知機に財布とベルトと時計が相次いで反応するも、追調査は無し。 係員『進んで下さい!』 私『ピーって鳴ってますよ?』 係員『...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。