国慶節休暇

光陰矢の如し。早いもので今年も中国の国慶節休暇の季節がやってきました。今年は明日9月22日~26のベトナム出張の後、9月26日~10月7日前後の日程で一時帰国することになりそうです。

そう、またベトナムである。最近、顧客の一つが中国華北地区での生産の事実上の撤退を表明した。中国の政治リスクを考えた面もあるだろうが、人件費及び各生産工程費用の高騰が著しいペースで継続しており、中国での労働集約型ビジネスモデルが立ちいかなくなったこと=即ち中国経済が新たな成長モデルを必要とし始めたという事実を端的に表した決断だと思う。撤退とは言えど、社会的観点から当然ながら7000人規模の工場を全面的に廃棄する訳にはいかず、今後もハイエンドで付加価値の高い製品と高難易度の製品の製造に特化する形で事業継続し、一方で既存の汎用型モデルはベトナムやタイなどを中心とした東南アジア各国に移管するらしい。グローバル企業が事業展開する上でのリスクヘッジとしてのチャイナワンポリシーが叫ばれて久しいが、この中国離れは私がこちらに赴任してから更に加速してきている感がある。一部企業は中国にあっさり見切りをつけ、更なる安価生産拠点として東南アジアへの進出へ舵を切り、今後の中国国内市場の活況を自社利益に取り込みたいと目論む企業は中国内部内部の未開地への開拓へひた走る。私の担当顧客では前者が多い為、今後も必然的に東南アジアへの出張が増えることになりそうだ。この顧客の判断が吉と出るか凶と出るか、中国が今後どうなるのかという議論に関してはブログで書けるほど簡単なものではないが、少なくともかつてのような人海戦術での『世界の工場』としての役割はとっくに終焉しており、内需主導の経済成長モデルを一刻も早く定着させねば中国国内で溜まった矛盾鬱憤が爆発…

おっと、ここらへんで止めておきます。書いているうちに話が大幅に脱線してしまいましたが、今回の一時帰国は出張ではなく休暇での帰国なので今からウキウキしています。美味い物を食い倒してきてこっちでの生活で蓄積されたストレスと鬱憤を晴らさねば!

Related posts(関連記事):

搭乗記 中国南方航空 ビジネスクラス 最古B738 ホーチミン⇒広州
南方航空便でホーチミンから広州へ。 なんか空港全体が滅茶苦茶混んでて、出国検査と保安検査がディズニーランドのアトラクション待ちみたいになってました。人口密度高いし、空港内暑いし、ホーチミンの空港はほんと良いところありません。イミグレ担当官の対応も非効率&高圧的ですっごいガサツだし。 スカイプライオリティが使えるので出国検査の優先レーンを使えるのがせめてもの救い。JALとか非スカチーメン...
世界遺産の麗江古城を探索 雲南省旅行10
トンパ文化博物館で麗江文化に関する予習を済ませ、いよいよ満を持して雲南省が誇る世界遺産、「彩雲の南の城」こと麗江古城の探索を開始する。 麗江古城は宋代末から元代初期にかけナシ族により築かれたされた都城である。城壁も濠も無いという防御力皆無の脆弱なオープンスタイルが特徴的な城なんだけど、これはなんでも当地を統治していた木氏が「『木』を『口(城壁)』で囲むと『困』となって縁起が悪いやんけ!」と無...
香港国際空港行きフェリーのファーストクラス…
さて、今回、訳ありで珠海から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーに乗船することになった。今日はやけに霧っぽいので濃霧を理由に欠航の恐れがあったが、何とか運行してくれるようだ。 珠海の九州港。タイに向かう大陸人団体旅行客が多数、一階のフロアを占拠してて、BOSE無しには耐え切れないほどのノイズレベル。どうして当地の人間は近距離でもああも大声で喋りたがるのか。 ここ九州港から香港空港行...
宇宙人による遺跡? 中国史の常識を覆す三星堆遺跡 楽山・成都旅行9
成都二日目は朝一から成都の北約40キロの広漢市三星堆の遺跡へとバスを乗り継いで移動する。 三星堆で初めて玉石器が発掘されたのは1929年。その後、1986年になって古代文明の祭祀坑と推測される穴から青銅品を中心に数々の遺物が出土した。 この出土品がまた調査にかけたら凄くてね。青銅器の放射性炭素年代測定や坑の地層から推測されるに、約5000年前程前に栄えた古蜀文化の遺物であるんだと。50...