国慶節休暇
国慶節休暇

国慶節休暇

光陰矢の如し。早いもので今年も中国の国慶節休暇の季節がやってきました。今年は明日9月22日~26のベトナム出張の後、9月26日~10月7日前後の日程で一時帰国することになりそうです。

そう、またベトナムである。最近、顧客の一つが中国華北地区での生産の事実上の撤退を表明した。中国の政治リスクを考えた面もあるだろうが、人件費及び各生産工程費用の高騰が著しいペースで継続しており、中国での労働集約型ビジネスモデルが立ちいかなくなったこと=即ち中国経済が新たな成長モデルを必要とし始めたという事実を端的に表した決断だと思う。撤退とは言えど、社会的観点から当然ながら7000人規模の工場を全面的に廃棄する訳にはいかず、今後もハイエンドで付加価値の高い製品と高難易度の製品の製造に特化する形で事業継続し、一方で既存の汎用型モデルはベトナムやタイなどを中心とした東南アジア各国に移管するらしい。グローバル企業が事業展開する上でのリスクヘッジとしてのチャイナワンポリシーが叫ばれて久しいが、この中国離れは私がこちらに赴任してから更に加速してきている感がある。一部企業は中国にあっさり見切りをつけ、更なる安価生産拠点として東南アジアへの進出へ舵を切り、今後の中国国内市場の活況を自社利益に取り込みたいと目論む企業は中国内部内部の未開地への開拓へひた走る。私の担当顧客では前者が多い為、今後も必然的に東南アジアへの出張が増えることになりそうだ。この顧客の判断が吉と出るか凶と出るか、中国が今後どうなるのかという議論に関してはブログで書けるほど簡単なものではないが、少なくともかつてのような人海戦術での『世界の工場』としての役割はとっくに終焉しており、内需主導の経済成長モデルを一刻も早く定着させねば中国国内で溜まった矛盾鬱憤が爆発…

おっと、ここらへんで止めておきます。書いているうちに話が大幅に脱線してしまいましたが、今回の一時帰国は出張ではなく休暇での帰国なので今からウキウキしています。美味い物を食い倒してきてこっちでの生活で蓄積されたストレスと鬱憤を晴らさねば!

Related posts(関連記事):

シャングリラで味わう茸料理とシャングリラビール 雲南省旅行6
シャングリラ古城の茶館でプーアル茶をしばき倒し、ナパ海で放牧中のヤクの乳とヨーグルトを堪能、藍月山谷で標高4,500メートルの異世界を体験し、雲南のポタラ宮でチベット仏教の高僧的な人物による説経を…非常に濃度の高い香格里拉での一日を終え、濃厚な一日を〆るべく夜の食事処を探しに行くことに。 香格里拉美食を求め、再び古城へ。 香巴拉老街なる横丁の中に佇む少数民族家屋風の米麦農茸餐...
権利と好意
普段は扱き下ろす事も多い中国の方々の公共スペースでの行動マナーやモラルだが、バスや地下鉄で若者が率先して年配の方々に席を譲る姿には感銘を受ける。勿論、若者の全員に全員が快く老齢者の為に席を譲るわけではないが、彼らが席を譲る姿はかなり頻繁に目撃する。 逆にけしからんのが高齢者の方々だ。席を譲られても仏頂面であたかも自分がVIPで席を譲られるのが当然といった面持でどっしりと着座、お礼さえしないケ...
成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地 楽山・成都旅行11
成都といえば三国志とパンダ!成都最終日は朝から成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地を訪問することに。 パンダって朝早く行かないと食事を終えて寝ちゃったり暑さに耐えきれずにエアコン完備に室内に移動させられたりするらしいので、開演時間と同時に入れるよう急いでタクシーにて向かう。市街地のセントレジスからタクシーで20分、35元の運賃だった。寛平さんみたいな幸薄そうなドライバーに、1時間とかなら100...
宋都御街・龍亭公園 開封日帰り旅行2
鄭州からの開封日帰り旅行。夏の禹王を祀った禹王台公園の見学を終え、8路のバスで開封市街地へ。次なる目的地は宋代の宮廷画家・張択端の画巻『清明上河図』に描かれた風景・風俗を再現した古都開封市内の歴史文化テーマパーク・清明上河園。 中国北宋の都・開封の都城内外が賑わい栄えた様を描いた清明上河図。残念ながら1305年の黄河の氾濫により宋の都・東京は地中深く埋もれてしまったこともあり、清明上河図は当...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。