私は生きています。

皆さまご無沙汰をしております。早速ですが、私は生きています(爆)最近の反日デモの影響を心配して安否を気遣うメッセージを送って頂いた皆様に感謝感激しております。いやぁ人と人とのつながりは素晴らしい、ブログを始めて良かったと改めて思う次第です。本当に有難うございます、そして御心配をお掛けし誠に申しわけございません。 ブログ更新ができなかったのはアメブロへのアクセスがブロックされていた為で、決して目隠しをされてどこかに拘束をされていた訳ではありませんwww

それにしても11日の尖閣諸島国有化宣言から中国全土で急速に反日機運が高まってきており、先週いっぱいは中国国内メディアは挙って反日運動を煽りたてておりました。来月に控えた国家主席交代も影響しているのだと思うが、テレビでは連日のように軍事演習の様子や如何に尖閣諸島PR映像を流して愛国心を煽りたて、その結果、一部の暴徒化した民衆により日本人が街頭で襲撃されたり、日系工場設備が壊されるにまで事態は悪化してしまいました。そして本日9月18日が満州事変勃発日ということもあり、反日運動のピークと予想されている。昨晩21:30には公安局員が我が家や日本人同僚の家まで訪れて安否確認をし、責任のある行動を取るようにとの指導をしてきました。責任のある行為は自国民にお願いしてくれ!

そんなこんな警戒ムードで迎えた9月18日。本日は反日活動の山場になると考えられていることから、弊社を含む日系企業は自主的に社員の出勤を禁止し、市街地では要所要所に公安が配員されるなど若干のピリピリムード。弊社関連工場では公安指導に従って、会社の敷地内に中国国旗を掲揚させられたりもしております。公安曰く、日系企業に勤めるワーカーを変に唆す輩がいるらしく、五星紅旗を掲げている工場は親中と見られて被害を受ける可能性が薄くなるとのことwwwそして、保護目的として朝から今まで公安の方達が居座っているらしい。厳重体制である。昨日~今日とはこのように公安が不測の事態を起こさせまいと警備活動に躍起になっているのだ。小生の携帯電話にも『愛国心を持つことはは美しく素晴らしいことであるが、法規定を破ってはいけない。愛国熱情を表すと同時に、文明愛国・守法愛国という概念を念頭に入れよう。』みたいなショートメッセージが公安から送られてきます。無差別に送りつけて大衆に注意を促しているのです。

現在の中国の状況についてはブログにアクセスできる時に追って詳しく書いていきたいと思いますが、先ずは取り急ぎ現状報告をさせて頂きます。ご心配頂いた方々、ありがとうございました。また個別に返信をさせて頂きます。

Related posts(関連記事):

やっぱり疲れる南方航空のエコノミー 天津⇒広州
天津からの戻りはCZ3136のエコノミーで、機材はA320の短胴型で収容人数を30人程削ったA319。これ、満席エコで中国人に囲まれるといくら3時間のフライトでもかなりキツイんだよなぁ。どうか満席となりませぬように。 こちらは南方航空のオフィシャルサイトから借用したA319のシートマップ。一応プレエコ搭載の3クラス便だが、プレエコとエコの差は殆ど無い。機体のちょっと前の方に座れるとか、離...
ウェスティン西安 コーナースイート宿泊記
西安での二泊目はSPG系列のウェスティン西安。ここには一泊だけの滞在として、翌日からはアコーのソフィテル人民スクエア⇒シェラトン西安賽瑞城北と観光中にもかかわらずホテルホッピングをする計画である。 ウェスティンを一発目に持ってきたのは立地的な理由。西安のシンボルである大雁塔まで徒歩数分と自分の観光計画にピッタリだったからである。 大雁塔の南広場に面して建つ茶系の縦格子と真っ赤な赤...
大理古城永林客桟(永林ゲストハウス)宿泊記 雲南省旅行16
さあて、シャングリラ・麗江に次いでやってきた大理でのお宿はどうするか。麗江ではIHG系列のインディゴとインターコンチネンタルに泊まれたが、大理にはグローバルチェーンのホテルは繁華街から離れたヒルトンのみなので困った困った。出来れば大理では利便性重視で繁華街近くに泊まりたいし…ということで今回はグローバルチェーンのホテルは諦め、賑やかな古城南門近くにあるローカルゲストハウス・大理古城永林客桟に泊まっ...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをかけるように来週はベトナムとタイで忘年会ラッシュ。そろそろ肝臓の悲鳴が聞こえてきそうだが、当地での飲みの席では容赦無い。次から次へと一気飲みの「干杯」を求められ、楽しむというよりはどちらが多く飲めるかの...