私は生きています。
私は生きています。

私は生きています。

皆さまご無沙汰をしております。早速ですが、私は生きています(爆)最近の反日デモの影響を心配して安否を気遣うメッセージを送って頂いた皆様に感謝感激しております。いやぁ人と人とのつながりは素晴らしい、ブログを始めて良かったと改めて思う次第です。本当に有難うございます、そして御心配をお掛けし誠に申しわけございません。 ブログ更新ができなかったのはアメブロへのアクセスがブロックされていた為で、決して目隠しをされてどこかに拘束をされていた訳ではありませんwww

それにしても11日の尖閣諸島国有化宣言から中国全土で急速に反日機運が高まってきており、先週いっぱいは中国国内メディアは挙って反日運動を煽りたてておりました。来月に控えた国家主席交代も影響しているのだと思うが、テレビでは連日のように軍事演習の様子や如何に尖閣諸島PR映像を流して愛国心を煽りたて、その結果、一部の暴徒化した民衆により日本人が街頭で襲撃されたり、日系工場設備が壊されるにまで事態は悪化してしまいました。そして本日9月18日が満州事変勃発日ということもあり、反日運動のピークと予想されている。昨晩21:30には公安局員が我が家や日本人同僚の家まで訪れて安否確認をし、責任のある行動を取るようにとの指導をしてきました。責任のある行為は自国民にお願いしてくれ!

そんなこんな警戒ムードで迎えた9月18日。本日は反日活動の山場になると考えられていることから、弊社を含む日系企業は自主的に社員の出勤を禁止し、市街地では要所要所に公安が配員されるなど若干のピリピリムード。弊社関連工場では公安指導に従って、会社の敷地内に中国国旗を掲揚させられたりもしております。公安曰く、日系企業に勤めるワーカーを変に唆す輩がいるらしく、五星紅旗を掲げている工場は親中と見られて被害を受ける可能性が薄くなるとのことwwwそして、保護目的として朝から今まで公安の方達が居座っているらしい。厳重体制である。昨日~今日とはこのように公安が不測の事態を起こさせまいと警備活動に躍起になっているのだ。小生の携帯電話にも『愛国心を持つことはは美しく素晴らしいことであるが、法規定を破ってはいけない。愛国熱情を表すと同時に、文明愛国・守法愛国という概念を念頭に入れよう。』みたいなショートメッセージが公安から送られてきます。無差別に送りつけて大衆に注意を促しているのです。

現在の中国の状況についてはブログにアクセスできる時に追って詳しく書いていきたいと思いますが、先ずは取り急ぎ現状報告をさせて頂きます。ご心配頂いた方々、ありがとうございました。また個別に返信をさせて頂きます。

Related posts(関連記事):

中国の素が見える孫文中路
前回からの続きで、中山百貨店以東の孫文中路を歩いていきます。ここからは中山市の重要文化財が目白押しな上、庶民的な街並みも保存されていて、古き良き時代の中国の一面も垣間見ることができます。 本日の散歩ルート。 孫文中路を歩ききり、一本北を走っている太平路を経由して中山百貨店方面に戻ります。 先ずは孫文記念図書館。 孫文と孫文夫人のモニュメントが目印です。多分、等身大...
広州白雲空港第2ターミナル 中国南方航空国内線ラウンジ
本日は中国南方航空便で広州から上海へと移動する。 いつもの南方航空プライオリティチェックインカウンターに向かったところ、すっかり廃墟になり果てていた。そういや広州白雲空港第2ターミナルのオープンに伴って南方航空も新ターミナルの方に移転したんだった。国際線だけじゃなく国内線も移ったんすね。 南方航空以外も、重慶航空、厦門航空、四川航空、河北航空、中華航空、エアーフランス、大韓航...
広州白雲空港 第2ターミナル国際線プレミアムラウンジ
2018年4月に開業した広州白雲空港の第二ターミナル。先日ご紹介した国内線の南方航空ラウンジに続き、この日は国際線のプレミアムラウンジを利用する機会に恵まれた。 本日はJALでの移動。チェックインは出発予定時刻の3時間前から、第2ターミナル出発フロア3階のM20~25番カウンターで(2018年11月現在)。 それにしてもこの真新しい第二ターミナル、国際線の方もただただデカ...
ウルムチ国際大バザールと二道橋市場
さて、零下10度を下回る極寒のウルムチで何をするか。 最寄りの海から2300kmほどの距離があり、地球で最も海から遠い都市と言われるウルムチ。敦煌やハミ、トルファンのさらに奥というと砂漠と山脈しかない西域の僻地というイメージを抱いてしまいがちだが、実際には天山山脈の麓に上海や深センなどと何ら変わらぬ驚きの大都市が形成されている。街の中心部には有名ブランドが入る大型モールや高層ビルが軒を連ね、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。