由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン
由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン

由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン

バンコク国立博物館前で自称ブッディスト英語教師に声をかけられ、トゥクトゥクにて近隣の仏陀を見て回ることになったのは先のスーツ詐欺(!?)に関する記事の通りだが、グーグルで検索し、位置関係や寺院情報から割出した結果、どうやら最初に連れられた寺院はワット・インタラヴィハーン(通称ワットイン)であることが分かった。

トゥクトゥクに揺られる事10分程であろうか、どうやら最初の寺院に到着したようだ。
IMG_6385
本当にハッピーブッディストデーなんではないかと危うく騙されてしまうほどの車の数。寺院で敬拝するのは比較的貧困な層の方々が多いのかと思ったら、皆様車での来訪、みなさま結構余裕の有る方々なんですねwww

横には遠目からも目に入っていた高層建築物が聳え立っています。
IMG_6391
よく見たら、金色の顔面…???

正面に回ってみると
IMG_6394
すっごい存在感の黄金スタンディングブッダでした!高さ32メートル、幅11メートルの黄金像。ご利益がありそうというよりも、単純に不気味!!お願いだから夜はライトアップしないでほしい。

IMG_6399
もう少し近くから。やっぱり不気味。立っている仏様というのは托鉢をする僧侶の姿を表現してるらしい。頭の上にあるのは仏天蓋と呼ばれ、強い日差しから身を守るための日傘のような役割をしています。

IMG_6392
近くから見上げると肩がこるという大人たちは遠くから鑑賞、祈祷しています。

IMG_6400
足元では子供たちが戯れています。すっごい平べったい足の甲で、指の長さは全て均一。流石に仏陀様、人間離れした体の構造をお持ちです。

これはコーンポタージュの配給か?
IMG_6405

IMG_6404
ドロドロとした黄色い液体を…

飲むのではなく…
IMG_6403
ドバ~っ!こちらの銅像様にぶっかけています。体の悪い部分に金箔を貼るとよくなるということで、体中に熱せられた金箔(蝋?)を塗りたくられている悲しい役回りの彼。結跏趺坐するその御姿はどこか悲しそうだと感じるのは私だけでしょうか。

こちらでは皆様忙しなく御椀に何かを入れて回っています。
IMG_6406

IMG_6407
カチャンカチャン言うので何かと思ったら、小銭でした。ここにある御椀の数は計108。そう、除夜の鐘の回数で御馴染みのこの数字、人間の煩悩の数なんです。これ全てにサタン硬貨(100サタン=1バーツ)を入れて回ると煩悩から解き放たれるそうです。ただ単に寺院の収益拡大に

わたくし的には煩悩から解放されるよりも願を担ぎたいのだが…言われるままにサタン硬貨が大量に詰められた復路を購入して無心で小銭を入れて回りました。今思えば多分400~450サタン程度が入っていたと思うのですが、売値は10バーツ。400サタン=4バーツですが、これはご愛嬌。

どのお椀にいくつの硬貨を投下すれば良いのか分からず1お椀に1~2個をちょびちょび入れていたのですが、お椀残り10個程度になった時点でまだ大量にサタンが残ってしまった為、端っこの10個にお椀から溢れんばかりのサタンを投入して帳尻を合わせてきました。やっぱり効果の投下バランスが悪かったからなのか、この記事を書いている9月11日現在、煩悩から解放されるどころか、煩悩全開、絶好調です!!

そんなこんなで半ば無理くり連れてこられた寺院1の見学終了。トゥクトゥクに乗って寺院2へ向かいます。
IMG_6426

Related posts(関連記事):

チェンマイの夜 2014年度はチェンマイで年越し
リアルタイムは夏も真近という今ごろに去年末の記事を更新するのは可笑しな話だが、2014年も残すところ数時間。チェンマイの新市街と旧市街を結ぶターペー門ではカウントダウンイベントが催されていて、周辺の小路を塞ぐかのようにびっしり露店や屋台が並んでいる。平日の町の落ち着きぶりからは考えられないくらいの人出で、賑やかで宜しいこと! ロックコンサートさながらのガンガンイケイケスタイル...
安い!早い!気持ち良い!三拍子揃ったチャオプラヤーエクスプレス
東洋のベニスとも謳われていたとおり、かつては運河が縦横に市内を走り、現代の都市で車が道路を走るように船やボートが走っていたバンコク。今では市内の水上交通用水路の大部分は埋め立てられてしまいましたが、チャオプラヤー川やその運河は今でも市民の交通網として機能している他、街の一服の清涼剤ともなっています。都市面積に対する道路面積の割合が極端に低く渋滞が激しいバンコクにあって、渋滞知らずの水上交通は有効な...
激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター
ワット・チェディ・ルアンの東隣り、ラチャダムヌーン通りに面してラーンナー建築センター(Lanna Architecture Center)がある。先日宿泊したシャングリラチャンの受付嬢に、「どうです?ラーンナースタイルのホテルも良いものでしょう。」なんて聞かれた際に気取って「ええ、良いもんですね。」なんて答えたが、自分の中でラーンナー様式の建築物がどのようなものなのか全く持って具体的イメージが湧か...
ラオスの大地に建つ中国資本のカジノリゾート
切っ掛けは取引先の方の一言。先月、マカオのポルトガル料理屋で食事中、急にラオスのカジノの話を振られた。「国慶節のラオスはどうでしたか、ラオスにもカジノあるんですよね。」と。へー、そうなんですかー、ラオスのカジノと聞いても全然そそられませんわー。なんて言ってたが、後日ググってみたところ、ちょっと興味が湧いてきた。ゴールデントライアングルのラオス側に中国資本の金木綿集団が金三角経済特区なるリゾート地を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。