由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン

バンコク国立博物館前で自称ブッディスト英語教師に声をかけられ、トゥクトゥクにて近隣の仏陀を見て回ることになったのは先のスーツ詐欺(!?)に関する記事の通りだが、グーグルで検索し、位置関係や寺院情報から割出した結果、どうやら最初に連れられた寺院はワット・インタラヴィハーン(通称ワットイン)であることが分かった。

トゥクトゥクに揺られる事10分程であろうか、どうやら最初の寺院に到着したようだ。
IMG_6385
本当にハッピーブッディストデーなんではないかと危うく騙されてしまうほどの車の数。寺院で敬拝するのは比較的貧困な層の方々が多いのかと思ったら、皆様車での来訪、みなさま結構余裕の有る方々なんですねwww

横には遠目からも目に入っていた高層建築物が聳え立っています。
IMG_6391
よく見たら、金色の顔面…???

正面に回ってみると
IMG_6394
すっごい存在感の黄金スタンディングブッダでした!高さ32メートル、幅11メートルの黄金像。ご利益がありそうというよりも、単純に不気味!!お願いだから夜はライトアップしないでほしい。

IMG_6399
もう少し近くから。やっぱり不気味。立っている仏様というのは托鉢をする僧侶の姿を表現してるらしい。頭の上にあるのは仏天蓋と呼ばれ、強い日差しから身を守るための日傘のような役割をしています。

IMG_6392
近くから見上げると肩がこるという大人たちは遠くから鑑賞、祈祷しています。

IMG_6400
足元では子供たちが戯れています。すっごい平べったい足の甲で、指の長さは全て均一。流石に仏陀様、人間離れした体の構造をお持ちです。

これはコーンポタージュの配給か?
IMG_6405

IMG_6404
ドロドロとした黄色い液体を…

飲むのではなく…
IMG_6403
ドバ~っ!こちらの銅像様にぶっかけています。体の悪い部分に金箔を貼るとよくなるということで、体中に熱せられた金箔(蝋?)を塗りたくられている悲しい役回りの彼。結跏趺坐するその御姿はどこか悲しそうだと感じるのは私だけでしょうか。

こちらでは皆様忙しなく御椀に何かを入れて回っています。
IMG_6406

IMG_6407
カチャンカチャン言うので何かと思ったら、小銭でした。ここにある御椀の数は計108。そう、除夜の鐘の回数で御馴染みのこの数字、人間の煩悩の数なんです。これ全てにサタン硬貨(100サタン=1バーツ)を入れて回ると煩悩から解き放たれるそうです。ただ単に寺院の収益拡大に

わたくし的には煩悩から解放されるよりも願を担ぎたいのだが…言われるままにサタン硬貨が大量に詰められた復路を購入して無心で小銭を入れて回りました。今思えば多分400~450サタン程度が入っていたと思うのですが、売値は10バーツ。400サタン=4バーツですが、これはご愛嬌。

どのお椀にいくつの硬貨を投下すれば良いのか分からず1お椀に1~2個をちょびちょび入れていたのですが、お椀残り10個程度になった時点でまだ大量にサタンが残ってしまった為、端っこの10個にお椀から溢れんばかりのサタンを投入して帳尻を合わせてきました。やっぱり効果の投下バランスが悪かったからなのか、この記事を書いている9月11日現在、煩悩から解放されるどころか、煩悩全開、絶好調です!!

そんなこんなで半ば無理くり連れてこられた寺院1の見学終了。トゥクトゥクに乗って寺院2へ向かいます。
IMG_6426

Related posts(関連記事):

タイの魅力(タイ関連情報は最下段部から)
静寂と喧噪、富貴に貧困、東洋と西洋、水と太陽、様々なものが交わり熱く息づく国。熱狂的なナイトライフや黄金に輝く寺院に古代を偲ばせる歴史的世界遺産、豊かな大自然に極楽ビーチリゾートなど、観光資源に恵まれたタイは、インフラや商業施設も整っていることもあり、世界中のバックパッカーの東南アジアに於いての一大拠点ともなっています。寺院巡り有り、ニューハーフショー有り、マリンスポーツ有り、ショッピング有り、ゴ...
サ・カンペーン・ヤイ遺跡
次の目的地はサ・カンペーン・ヤイ遺跡。シー・サケートの隣町ウトゥムポン・ピサイに残るバプーオンスタイルのクメール遺跡だ。11世紀にシヴァ神に捧げる為のヒンドゥー神殿として建てられたが、上座部仏教がインドシナ半島に広がりをみせた13世紀には仏教寺院として改築された。先に見たカンペーン・ノーイ遺跡を建造したクメールの最強王ジャヤーヴァルマン7世がヒンドゥー教ではなく仏教を信仰し始めたことにも恐らく関係...
アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市として栄華を極めていた。アユタヤ王は外国人に住居を与え、自治権を認められた独自の街を造成することを許可。言ってみりゃ租界地だ。こうしてできた外国人町の一つが日本人町。1610~30年の最盛期には、御朱...
バンコクの鉄道乗車券をオンライン決済で事前手配する
旧正月前の激務週間を無事乗り切ったので、ぼちぼちタイ旅行のディティールを決めていくことに。 今回はJALの名古屋-バンコクCクラスダブルFOPキャンペーンを絡めた旅行なので、名古屋からバンコク入り。バンコクからはコーンケン・ウドンタニ・ノーンカイ経由でビエンチャンを目指してゆっくりと鉄道で北上する。 羽田⇔名古屋・名古屋⇔バンコク・ビエンチャン⇒バンコクのフライトは確保して旅行の骨組みは作...