エネルギッシュなホーチミンの中華街

日曜日は朝一でホーチミンの中華街であるチョロンに向かいました。

チョロンへは1番のバスで向かいます。チョロンまではVND 4,000 (≒16円)でした。目的地までの走行距離が18Km以下であればVND 4,000、 18Km以上であればVND 5,000のようです。

市内から10分も走ればベトナム語・英語に加えて中国語の看板も見えてきます。
ひだり みぎ
HCMCの中華街は17世紀の末に広東省・福建省からの華僑が商業中心地として築き上げた商業地で、仏印時代は穀物の取引を中心にインドシナにおける一大経済都市として東南アジア有数のチャイナタウンになるまでの繁栄を見せました。チョロンという名前もベトナム語で大きな市場という意味であるらしい。

ここで使われるのは繁体字がメイン。1979年の中越戦争後はHCMCでも対華人圧力が強まり、こういった漢字表記の看板は撤去され、多くの華僑が国外に脱出していった。

1975年にはHCMC (当時のサイゴン)の総人口の2割強にあたる70万人の華人が住んでいたとされるチョロンだが、中越戦争後は10万人そこらまで減ってしまったらしい。

20分弱でチョロン駅に到着。駅からはビンタイ市場が見えます。ひだり みぎ
現在はドイモイ政策(経済自由化政策)の効果もあり、チョロンの活気は回復、華僑人口も50万人程まで戻してきているそうです。店舗数2000店以上を誇る巨大市場で、日曜朝から人と物の出入りが激しいです。

中に入ると
IMG_5889
どこが道かすら分からないほどのカオス状態!見るもの嗅ぐもの聞こえるもの全てがまさに東南アジア!

ひだり みぎ
鞄・靴・衣類・生地を商っているお店から生鮮を含めた食料品全般を販売しているお店などもあり、干し海老や香辛料、漢方薬の匂いが漂ってきたて、ベトナム華僑の日常の生活を垣間見ることができます。

ドンキホーテも真っ青の圧縮陳列
ひだり みぎ
足の踏み場もありません。まさにアジアの混沌を象徴したような場所です。ねっとりと体に巻きついてくる熱気もアジアです。

懐かしの駄菓子も地べたに無造作に置き売りされています。
IMG_5900
福建・広東の華僑なので、中国語(普通語)は思ったより通じません。駄菓子を土産用に買おうと思ったのですが、小売りではなく卸なのでMOQが…ゼリー500個もいらんわ!

中庭の様子。中庭の四方を建物が囲むという中国独特の『四合院』的な建築様式で龍の彫り物もあったりと中華文化の匂いがします。市場の中にいると怒涛の人と物量で疲れるので暫し休憩。
ひだり みぎ
ベトナムは暑いといってもカラッとしてるので日陰に入ると幾分過ごしやすいです。

中庭で座って人間観察をしていると、そよ風に乗って何かしらの匂いが…臭いの発臭源に向かうと、そこは公共トイレでした。有料ですが、逆にお金を頂いても入りたくないような匂いを放っていました。
IMG_5895
トイレの標識もベトナム語・英語・中国語表記になっています。

ベンタイン市場と比べて客引きが無いのは良いですが、卸売メインの為に観光客は余り買い物を楽しむことはできないかと思います。それでもアジアの街ウォッチが大好きな私には楽しめました。

ひだり みぎ
ビンタイ市場周辺の路上市場も人通りが多く物も溢れていて、活況を呈しています。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
生鮮品も劣悪な衛生環境で販売されています。

ひだり みぎ
お米屋に果実屋

ひだり みぎ
生地屋に縁起物屋?

ひだり みぎ
文房具屋に鶏肉屋など。必要な物はチョロンでおよそ何でも揃ってしまいます。ここら一帯を歩いていると中華街独特の活気、喧噪さを体感する事ができる。

この市場からチャンフンダオ通りに出ると、いかにも中華街という黄金龍が舞う中央公園に出ます。
ひだり みぎ
中国人にとって公園は憩いの場。家族連れが休憩をしたり暇人が横になっていたりします。

すぐ傍にはチャダム教会が見える。
IMG_5845
西洋風の荘厳な教会ですが、門には漢字で『方済各天主堂』と記されています。

中には聖母マリア様の像が立っています。
ひだり みぎ
白に青のシルクを身にまとい、いつもよりちょっと余所行きおしゃれな聖母マリア様。ザビエルさんも心なしかちょっとカジュアルです。初めて白い服を着た彼を見た気がする。

ひだり みぎ
パステル調の教会の中には厳かな雰囲気が流れ、熱心な信者がお祈りを捧げている。

ミサの見学を終え再び探索を開始すると、近くに福建華人の同郷会館を発見。
ひだり みぎ
チョロンには他にも広東・潮州・海南・客家の同郷会館があるそうです。同郷人との結びつき、地縁、血縁を大切にする中国人らしいですね。

IMG_5829
敷地内には宿舎とおぼしき古びた建物と廟が建っている。日陰では多くの物乞いが腰を下ろして私の方を見つめていました。

ひだり みぎ
同郷人同士の相互扶助組織や華人子弟の教育機関として機能しているようである。移民をしても決して移民先文化に同化をしない彼らの根性(頑固さ?)が中華文化の拡散力の原動力のようです。

ここいらでちょっと遅いお昼として屋台でバインミーを食します。

バインミーとはバゲットの切り口にパテを塗って野菜や肉を入れて調味料を振りかけた簡易サンドイッチのこと。

屋台の肉は衛生的に若干の抵抗があったので野菜メインで。パクチーとか葉っぱ系が中心。
ひだり みぎ
VND 15,000 (≒60円)也。

You gatta watch out for a few ripping-off street vendors around here.
(ここいらのいくつかの詐欺屋台には気をつけた方がいいぜ)と教会で会った白人旅行者に忠告されていましたが、その心配も吹き飛ぶ安心価格でした。

腹ごしらえを済ませ、歩いてダムセン公園まで向かいます。

Related posts(関連記事):

ベトナムの伝統芸能 カー・チュー@旧家保存館
トゥオン劇場の公演のオーディエンスがまさかの私一人という事態となった為、流石に私一人の為に貸切公演はできないとの判断から当日キャンセルとなってしまった。失意のもとホテルに戻り情報収集をしていると、旧市街のマーマイ旧家保存館ではカー・チューという伝統芸能が鑑賞できるとの情報を入手した。カー・チューとは雅楽や民謡にも似たベトナムの伝統芸能で、高音の打楽器のファック(fワードで申し訳ない)、独特の音色を...
風情満点のトゥボン川をクルーズする
進記家の裏口から外に出ると、目の前はもうトゥボン川。世界遺産のホイアンに流れるトゥボン川は豊かな水をたたえながらも波静かであり、周りの風景も実に穏やかである。何となくタイムスリップした錯覚を覚えるというか、ホイアンに移住してきた進記家の初代おやっさんや御朱印船貿易に従事していた当時の日本商人たちも川べりの長閑な風景に癒されてたんだろうなーとか思うと妙に感慨深い。 朝昼晩でそれぞれ異なる表...
ほのぼのとしたホイアン民俗博物館
続いて、南国風の椰子の木が立ち並ぶ川辺のバクダン通りにやってきた。ライトアップされた光が川面に見事に反射される夜も幻想的で美しかったが、日中は日中で切り絵の中の世界のようなノスタルジックな雰囲気が漂い、散歩をしていてワクワクする。きっと、江戸時代の朱印船商人も遠くホイアンの地で同じような感想を持ったに違いない。 木彫りの工芸村・キムボン行きの船乗り場。地元民がバイクもろとも乗船...
どこか寂れた遊園地・ダムセン公園
中華街から歩く事20分、ようやくダムセン公園に到着しました。ここもお客さんからおススメされた観光スポットで、ジモティ達の憩いの場だそうです。 地味~な色に塗られた竹の傘に、南国フルーツっぽいロゴ。何となくベトナムらしい門構えで期待が持てます。中は『遊園地』兼『植物園』兼『動物園』になっているらしい。 チケットを購入し、園内に入場。 誰も並んでないんだから真っすぐに進ませてくれれば...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >はのいはのいさん
    コメント頂き有難うございます!
    確かにバスに乗る時点でアドベンチャーが幕開けてますよね!チョロンもそうですが、ローカルバスなどやっぱり地元の人々の生活の様子を観察できるのは面白いですよね^^