涼しい避暑地のアツい観光スポット・愛の盆地

ダラットはベトナム中南部のランドン省に位置する15万人程度の小規模高原都市。標高1500メートルという立地条件により年間を通して13℃から26℃という過ごし易い気候に恵まれ、ベトナムを代表する避暑地として知られている。またバリエーション豊かな花々や・湖・滝などの美しい自然を有することからハネムーナーのメッカとして新婚旅行カップルの人気旅行先にもなっていて、ベトナム人の間では愛の街なる愛称でも呼ばれているらしい。そんなロマンチックなダラットの中でもとびっきりのアツアツスポットが愛の盆地である。何ともそのまんまなネーミングでベトナム中のカップルがこぞって訪れるメルヘンチックな景勝地、ダラットを代表する観光地とのことだ。

バイタクの運転手に愛の盆地に行きたい旨を伝えると、『Single?』とか私を指差しながら片言英語で聞いてきやがった。やはり一人で愛の盆地に行く奴は余りいないらしい。ドライバーの『俺は結婚している』と言わんばかりの見下した態度が何だか鼻につく。
377
ダラット市内から北に15分くらい走っただろうか。ドライバーに降ろされた先には予想以上にしょぼくて普通なチケットブースが建っている。ピンク色したハート型の建物のようなものをイメージしていたが…普通すぎる入り口からは微塵もロマンチックさを感じない。

378
だが、流石にやはり愛の盆地である。中に入るといるわいるわ、美しく整備された花園の周りにカップルがうじゃうじゃと集まって記念写真を撮り合っている。ベトナムの旧宗主国であるフランスに開発されたというこの盆地は、フランス統治時代からValley d’Amour(愛の盆地)として親しまれていたそうだ。確かに愛の盆地なんてフランス人が好んで付けそうな名前である。1972年にはロマンチシズム強化の為に人工的にダティエン湖が造られた。その後は次第に観光地化していって、愛をテーマにした不思議系モニュメントやら子供だましなしょぼしょぼアトラクションなんかが建てられていき、今では小さな自然公園と小さな子供向けの遊園地を合体させた行楽地といった様相になっている。

382
何だかちょっぴりスタイルの良いミッキー&ミニー。

395
こちらはベトナムでも人気のドラえもん。ベトナムではドレえもんと呼ばれ愛されていて、大の大人がドラえもんのTシャツを着たりマンガを持って歩いたりする姿を見かけます。そんなみんなの人気者が高原の谷間でハンケチを振っているが、いつもと様子が違うようだ。凶悪な志でも持ってしまったのか、何だか怒っているような…愛の盆地らしく爽やかスマイルを見せてくれればいいのに、もしかしたら周りでいちゃつくカップルの大群に嫌気がさしてしまったのかもしれません。

ひだり みぎ
馬や像は怒りを通り越して何だか凄く哀しそう。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
愛を象ったようなモニュメントが並んでいて、一人でいるのが何だか気恥ずかしい

ひだり みぎ
白馬や愛の家などが人気の写真スポットとなっている。この馬に乗って愛の盆地やダティエン湖の湖畔を探索することもできるそうだ。

384

ひだり みぎ

ひだり みぎ
丘のなだらかな斜面に広がる美しい庭園。なんだか西洋の片田舎を歩いているような、そんな穏やかな空気が流れている。普段は所構わず大声を張り上げて喋るベトナム人も、ここでは誰もが口を噤み、静かに愛を囁き、確かめ合っている。

392
眼下にはダティエン湖を、そして遥か前方には愛の山・ランビアン山が見ることができる。昔昔、異なる支族の族首長の息子と娘であったランとビアンは互いに恋に落ちたが、古来からの掟により2つの部族間での結婚はタブーとされていた。悩んだ二人は駆け落ちをして今のランビアン山に逃げ込むも、険しい山中と凍える寒さでついには山中で力尽きてしまったそうだ。ラン+ビアンでランビアン、このロミオとジュリオ的な物語が愛の山の由来だそうだ。流石は愛の街ダラット、こういった寓話には事欠かない。

396
こんなゲートが続く探索道を通り抜けて丘の下へと降りていく。

ひだり みぎ
森林に囲まれたダティエン湖はとても人工のものとは思えない程に周囲の環境にマッチしている。

410
湖畔に建つ土産物屋。

502
土産品も『I Love You』『Love Forever』などなどの文字が踊るキーホルダーなど愛に因んだものばかり。価格は激安でこちらのキーホルダーは2点でVND 11,000(約40円)でした。

404
自転車も勿論タンデム自転車だ。そもそも一人で来る観光客など想定しておらず、ここでは全てが愛し合うカップルの為にある。

ひだり みぎ
こちらは男どもが愛する女性に勇士を見せる為のペイントボール。ユニフォームまで揃っていてなかなか本格的である。

郊外にひっそりと佇むダティエン湖を見下ろすように広がる愛の盆地。広大な自然に覆われ、穏やかな風に乗って小鳥のさえずりがどこからともなく聴こえてくる。風情満点の自然に囲まれて、自然に心を癒されながらゆっくりと流れる時間を楽しむことができ、至る所でカップルたちがいちゃついているのが涼しい愛の街のアツアツスポット・愛の盆地の特徴だ。

[youtube]www.youtube.com/watch?v=PjXtNxAcGGc[/youtube]

住所:7 Mai Anh Dao St., Ward 8, Da Lat
電話:(063) 3821448
営業時間:7:00~17:30
入場料:VND 20,000

Related posts(関連記事):

ベトナムの奇天烈宗教第二弾・ココナッツ教
「最高のボート」を所有していると言う黒縁眼鏡との約束の時間がやってきたので、メコン川沿いの埠頭へと向かう。本日の一番の目的は、メコン川の中州に浮かぶ、ココナッツ教の教団跡が残るフーン島の見学だ。カオダイ教総本山に続き、ベトナムの奇天烈宗教施設の訪問第二弾といったところ。その後、時間が余ればトイソン島の果樹園やココナッツキャンディー工場、ベンチェーの蜂蜜農園を巡り、熱帯雨林の中のジャングルクルーズな...
陶器作りの伝統工芸村・タンハーでろくろ体験
ホイアンの街で、ランタンと共に目にすることが多い定番土産といえば、精細な木工細工と陶器が挙げられる。実はこれらもホイアンの伝統的な工芸品で、トゥボン川からボートに乗って実際にそれらの土産品を作っている工芸村を訪れることができる。ツアーで陶器の工芸村・タンハーと、木彫り細工の芸術村・キムボンを回るのが一般的なようだが、今回は谷弥次郎兵衛、蕃二郎と450年前の日本人商人のお墓参りの帰りに、そのままバイ...
メコンデルタの玄関口・ミトーの街とカオダイ教ミトー支部
標高5,200mのチベット高原を水源に、中国雲南省、そしてミャンマー・ラオス、タイ・カンボジアを経由して約4千Kmの旅をする超大河のメコン川は、旅の最後にベトナム南部のメコンデルタ地帯へと豊かな水の恵みを運び、南シナ海へと注ぎ出る。その旅の終着地点のちょい手前にミトーという町がある。マンゴーや竜眼、ランブータンなど豊富な果物の名産地として名を馳せる小都市で、ミトーメコン川のリバークルーズも楽しめる...
ホーチミンのジャーマンビヤホール
ダムセン公園から中心地に戻り、偶然にも感じの良いビヤホールを発見。 ビール、ビール、ビール…日が暮れても体にまとわりつくような熱気が残るホーチミンではビールの誘惑に打ち勝てん。 カラベルホテルの隣にあり、韓国料理や中華料理のお店が入っているラムソンスクエアに位置します。 LION GERMAN BEER。こんな看板を見せられて反応しない訳にいきません。 11:00~14:...