中国のオープンカー(!?)

最近は雨の多い広東省。今日も雨足の強い中を出社したのですが、前方に雨が降りしきる中をルーフトップ全開で走るオープンカーと後部座席に座るアルシンドを発見!何やら良いネタの匂いがプンプンしたので運転手に言って隣に着けてもらう。

すると…
IMG_7728
んんんんん!!!???違うだろ!画像では伝わりづらく申し訳ないが、これ、オープンカーという言葉の定義上は確かにオープンカーなのだろうが、自分で屋根をブッコ抜いてますwww だから常にオープンカー。屋根を開閉するオプションは残されておらず、365日、雨が降ろうが風が吹こうが雪が舞い落ちようが、常にオープンカーwww
車中の電子部品とか濡れちゃって平気なのだろうかとか、不正改造に当たらないのかとか、気になることが沢山ある。そもそも改造する前に雨が降った時のことまで考えが至らなかったのだろうか。

『オープンカーって良いよねー』⇒『屋根、取ってみる?』くらいの軽いノリでやったのかしらないが、いつも私の想像のはるか上をいく中国の方々の発想の豊かさに最敬礼だ。

Related posts(関連記事):

シェラトン西安賽瑞城北(シェラトン西安ノースシティ)宿泊記
ウェスティン⇒ソフィテルとマットレスランのバトンを繋ぎ、西安での最後の宿・シェラトン西安賽瑞城北(シェラトン西安ノースシティ)へと御引越。 宿泊に際して持て余していたスイートナイトアワードを申請していたものの敢え無く撃沈。その上にチェックイン当日の朝にシェラトンから凄く微妙な日本語で電話がかかってきて、曰く、「大きな部屋は準備できない。申し訳ない。」と。 流石に今回はスイートア...
ウイグルの偉人 ユースフ・ハーッス・ハージブの墓
カシュガルの朝は…遅い。 この日も10:00を過ぎてから漸く外が明るくなり始めたといった具合である。そりゃあそうだ。中国東端の黒竜江省からカシュガルまでアメリカの西海岸-東海岸以上の距離があるのに、全土で統一された北京時間を遠く西域の地にまで押し通そうとすること自体がナンセンス。だが、「新疆ウイグル自治区は中国の不可分の領土」という原則から「北京時間」が強いられているのである。そこで、新疆のウイ...
広深港高速鉄路で深セン福田から広州南へ
出張先で週末を一人で過ごす時は極力アクティブに動き回ろうと決めていた2017年、この日もちょこっと遠出してみることに。 さあてどこに行こうか…と考える時に先ずは適当にホテルを検索してしまうのがホテラーの悲しい性。 この日は広州のウェスティン琶州が605元(≒10,000円)とお手頃価格になっていたので、滞在先の深センから広州まで足を延ばしてみることに。 深センから広州への移動手段...
“食は広州にあり” 飲茶界の横綱・広州酒家
待ちに待った広東美食ターーーイム! 広州と言えば飲茶。飲茶と言えば広州酒家。 というこで、今回の広州で迎えた週末は広州酒家の飲茶を食べに行って参りました。 2019年11月現在で広州市内に15店舗を構える1935年創業の老舗・広州酒家。 広州酒店というドストレートな店名が許されるくらい広州の飲食業界の中では横綱的存在で、同じく老舗の北園酒家・泮溪酒家と合わせて三大広州酒家と呼ばれてると...

「中国のオープンカー(!?)」への12件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    潔かったですね~(笑)何せ切断部の研磨すらしていないようでしたからwwwこっちの人は自分の気持ちに素直と言うかなんというか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。