中国のオープンカー(!?)

最近は雨の多い広東省。今日も雨足の強い中を出社したのですが、前方に雨が降りしきる中をルーフトップ全開で走るオープンカーと後部座席に座るアルシンドを発見!何やら良いネタの匂いがプンプンしたので運転手に言って隣に着けてもらう。

すると…
IMG_7728
んんんんん!!!???違うだろ!画像では伝わりづらく申し訳ないが、これ、オープンカーという言葉の定義上は確かにオープンカーなのだろうが、自分で屋根をブッコ抜いてますwww だから常にオープンカー。屋根を開閉するオプションは残されておらず、365日、雨が降ろうが風が吹こうが雪が舞い落ちようが、常にオープンカーwww
車中の電子部品とか濡れちゃって平気なのだろうかとか、不正改造に当たらないのかとか、気になることが沢山ある。そもそも改造する前に雨が降った時のことまで考えが至らなかったのだろうか。

『オープンカーって良いよねー』⇒『屋根、取ってみる?』くらいの軽いノリでやったのかしらないが、いつも私の想像のはるか上をいく中国の方々の発想の豊かさに最敬礼だ。

Related posts(関連記事):

夜の回民街(北院門)と西安麗晶花園酒店
さーあ、いよいよやってきた今回の旅の最終目的地・西安。この日は西安美食の為に朝から胃袋をセーブしていたので、ホテルで荷解きだけしてから溜まっていた食欲を爆発させるべく夜市へと向かう。 ということで先ずは空港から宿泊先へ。西安一泊目の宿は町の中心に遺る鐘楼から程近い西安麗晶花園酒店。立地至便なデザイナーズホテルで1泊税込188元というまぁまぁお値打ちなレートだった。 部屋数90、2...
古都・佛山の街並み
祖廟の東側出口を抜けたら、上海の新天地を彷彿とさせる石組の建物が立ち並ぶ一角に出た。 本家本元の上海新天地同様にモダンアレンジされた租界風の街並となっていて、道の両側にハイセンスで洒落たカフェやショップが並んでる。 まんま新天地のパクリじゃんかと思ったら、本当に佛山版の新天地だった。その名も嶺南天地だと。百度地図で現在位置を確認したところ、次なる目的地である梁園へは嶺南天地を...
西遊記のモデル・玄奘三蔵ゆかりの地 大慈恩寺(大雁塔)
この日朝一で向かうは宿泊先のウェスティンと目と鼻の先に位置する慈恩寺内に立つ大雁塔。西遊記の原典とされる大唐西域記を著した玄奘三蔵がインドから持ち帰った仏典・仏像を保存する為に建てられた七層の塔である。 そう、玄奘といえば大唐西域記、大唐西域記といえば西遊記と連想されてくる。 破天荒な内容の冒険伝奇活劇でフィクション要素の強い西遊記だが、仏僧が孫悟空・猪八戒・沙悟浄の三人の妖怪と天竺(ガン...
昆明長水国際空港とエアポートホテル 雲南省旅行23
いよいよ国慶節休暇を利用した雲南省旅行もいよいよ最終日。翌日は早朝便で昆明を発つ為、この日は空港近くのエアポートホテル的な安宿に泊まることにした。 空港から無料送迎バスのサービスを提供する空港近辺のミニホテルは一泊2,000-3,000円程度と比較的手ごろなところが多く、今回私が利用した宝利莱長水エアポートホテルも税サ込で148元(≒2,500円)という宿泊費だった。 ホテル:宝利莱長...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    潔かったですね~(笑)何せ切断部の研磨すらしていないようでしたからwwwこっちの人は自分の気持ちに素直と言うかなんというか…