中国のオープンカー(!?)

最近は雨の多い広東省。今日も雨足の強い中を出社したのですが、前方に雨が降りしきる中をルーフトップ全開で走るオープンカーと後部座席に座るアルシンドを発見!何やら良いネタの匂いがプンプンしたので運転手に言って隣に着けてもらう。

すると…
IMG_7728
んんんんん!!!???違うだろ!画像では伝わりづらく申し訳ないが、これ、オープンカーという言葉の定義上は確かにオープンカーなのだろうが、自分で屋根をブッコ抜いてますwww だから常にオープンカー。屋根を開閉するオプションは残されておらず、365日、雨が降ろうが風が吹こうが雪が舞い落ちようが、常にオープンカーwww
車中の電子部品とか濡れちゃって平気なのだろうかとか、不正改造に当たらないのかとか、気になることが沢山ある。そもそも改造する前に雨が降った時のことまで考えが至らなかったのだろうか。

『オープンカーって良いよねー』⇒『屋根、取ってみる?』くらいの軽いノリでやったのかしらないが、いつも私の想像のはるか上をいく中国の方々の発想の豊かさに最敬礼だ。

Related posts(関連記事):

中国も美白ブーム?
今朝の朝礼を終えて席に戻る途中、『○○さん(私の名前)、日焼けしすぎて誰だか分からなかったです。悪いです。』とローカルスタッフから私に対して鋭い発言が飛び出しました。 最近は休日に日帰り旅行ばっか行ってるから日焼けは認めるとしても、『悪いです』って何ですか!かっこ悪いって言いたかったのかい?それは知ってるが、それはそれで面と向かって言うのは失礼ですけど! 何か中国でもやたらと美白崇拝が...
標高4,500mの世界 藍月山谷風景区と石卡雪山 雲南省旅行4
ナパ海から車を走らせる。向かうは香格里拉市内の外れに聳える石卡雪山の藍月山谷風景区だ。 道中、モクモクと煙が立ち込めていたので炊煙かと思ったら、なんと鳥葬による煙というではないか。鳥葬とか、外国人が日本にまだ忍者がいると考えているくらいのもんで過去の風習かと思ってたけど、未だにチベット文化圏では鳥葬が最も一般的な葬儀方法になっているらしい。断片化した死体を鳥葬台に安置し、香木に火を点してハゲ...
イビス中山ザ センター(中山中心宜必思酒店)宿泊記
この週末は知人が中山に来てイビスに一泊するとのことだったので、付き合いで自分もイビスに部屋を取ることに。中山にはシェラトンもヒルトンもホリデイインもあるのに、よりによってイビスかよ、と思いたくもなる。立地条件が良い割に一泊1,500円程度から泊まれるバジェットホテルでお財布には優しいんだけど、中国大陸のイビスはアコーの宿泊実績にもカウントされなければポイントも付与されないんでね。ホテラー的には全く...
深センのテーマパーク“世界の窓”で世界一周
この日は深センのテーマパーク“世界の窓”へ。 世界の窓とは? 東武ワールドスクエアの中国版で、世界中から選りすぐられた有名建築物のミニアチュア版が目白押し。 テーマパーク内は大きく分けて『ヨーロッパ』『アジア』『オセアニア』『アフリカ』『アメリカ』『その他地域』に分類され、合計130点のミニ建築物が所狭しと並んでいて、パーク内を一周することで世界一周気分を味わえる造りとなっている。 ...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    潔かったですね~(笑)何せ切断部の研磨すらしていないようでしたからwwwこっちの人は自分の気持ちに素直と言うかなんというか…