広州ー上海虹橋 南方航空A330-200 ビジネスクラス 搭乗記

広州から上海虹橋への戻りもモチロン我が愛する(?)中国南方航空で。頑張って取ってもあまりおいしくなさそうなCZゴールドのステータス取得に向けて、今日も元気でCZで飛んできます。


この日は珍しくスカイプライオリティレーンも混雑していたので、ビジネスクラス・ファーストクラス専用のチェックインラウンジを利用。座りながらにしてチェックインが出来るが、国内線で預入荷物もないとなると1分足らずで搭乗券が出てくるので、わざわざ腰を下ろす必要もない。ラウンジっていっても豪勢な飯が振る舞われる訳でもないし。

今日のゲートは初めてのB01。
ひだり みぎ
ゲートへの最寄りラウンジ近くのインフォに遅延時のお詫びミール配給所があった。広州発の南方航空ってそんなに遅れてる印象無いけど、わざわざこんなもん設置するんかい。しかもインフォに。

ここの国内線ラウンジは初めてだけど、なんか陰気臭い他のラウンジと比べて明るく爽やかで良い感じ。
ひだり みぎ
ここも他のラウンジと同様、エコ乗り上級会員用とビジネスクラス乗客用とでスペースが分けられている。JGCやSFCの上級会員エコ利用者が多い日本でこんな分け方したら上級会員用スペースがパンクしてしまうだろうが、中国では上手く人数的なバランス取れてるんだろう。

ひだり みぎ
イイねー、B01側のラウンジ。広州空港の他の南方航空ラウンジと比べると、多分ここが一番モダンで洒落ている。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ただ、食事も良いのかなーなんて淡い期待を抱いた自分がバカだった。本拠地広州のラウンジだけでももっと気合を入れたらいいのにな…といつも思うのだが、周りを見渡すと麺なり米なり饅頭なりをガッサリ盛って食べる方も多いので、中国の方達にはこれはこれでアリなのかもな。

ひだり みぎ
作り置きのホットミールはどれも食欲をそそるようなものではなかったので、オーダー制ヌードルバーでワンタン麵だけ頂くことに。



ドリンク。アルコールは青島とハイネケンの缶ビールと、申し訳程度に置かれた安い赤ワインのみ。酒豪の皆様には物足りないかも。

ラウンジでは麺だけ食べて、あとは適当にダラダラと怠惰に過ごしてると、「上海虹橋行き、ボーディング開始~」とラウンジスタッフが声を張り上げ呼びかけ始めたのでゲートへと移動。中国のラウンジってアナウンスじゃなくてお姉さんが叫びながら呼びかけるスタイルなんですよね。で、たまーにJapan Airwaysとか間違える。

ゲートは一階。沖止めパターンだ。

ひだり みぎ

一般レーンはいつもの通り鬼の行列ができているけど、スカイプライオリティはいつもの通りガラッガラで、ストレスフリーに搭乗券確認手続きを完了する。


が…搭乗券手続きを早く終えたところで全くもって意味なくて、非スカイプライオリティな方々のバス待ち渋滞に巻き込まれて猛暑の中を待機させられることに。額からは幾筋の川が流れるかの如く汗が滴り落ちてくる。


遅れてやってきたビジネスクラス専用バス。それなら「未だバスが来てないので中でお待ちください。」とか一言声かけてくれりゃあ良いんだけどね。ここの人たちにそこまで気の利いたことを求めるのは酷なのかな。

ボーディングブリッジへと続く階段に着いたけど、案の定、先に出たエコノミークラスのバスの乗客で階段の入り口に行列ができている。別にちょっとぐらい待つのは全然かまわないんだけど、雨の日や真夏は本当に勘弁。涼しいバスの中で列が捌けるのを待ってたら追い出されるし。それなら待つ必要が無いタイミングで連れてきて欲しい。それか、列が捌けるまでバスの中で待たせてくれよ。

ここで川のように流れていた汗は大きなナイアガラの滝級に。ほんと最悪な搭乗だ。



階段を上ってボーディングブリッジへ。これならタラップで直接飛行機に乗り込ませてくれよと思うところだけど、国内線ゲートからバスで国際線の駐機場に移動する場合にはそうもいかないのだろう。故に、国内線で国際線機材に乗る場合はこのパターンの搭乗が多い。国際線の機材のシートはほぼ総じて国内線の物より良いけれど、こんだけ乗る前に汗をかかされるなら考え物だ。

この日の機材はスカイチーム塗装のA330。ビジネスクラス専用のバスは空いてたのに9割方の席が埋まっているということは、インボラが大量発生したのだろうか。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
この日は全席アクセス+フルフラットのシートを積む機材が満席だったので仕方がない。B737とかよりはマシだと思って自分に言い聞かせることにする。


食事の選択は点心。「広州発便の点心は美味いに違いない!」っていつも頼んでは騙されるパターンでホント自分は学習しないなと思う。こんなレンチン感たっぷりの点心を出して南方航空の面子が立つのだろうか。なーにが「食在広州」だ!

Related posts(関連記事):

インターコンチネンタル上海EXPO 宿泊記
待ちに待った土曜日、仕事での疲れを癒すべく地下鉄を乗り継いでインターコンチネンタル上海EXPOを目指す。最近は週末に時間が空く度にホテルに癒しを求めるような生活が続いていて、ホテルへの“試泊”やホテルのオンライン検索が唯一の趣味みたくなってしまってる。本当タチ悪くてね、行けっこないモロッコはカサブランカあたりのホテルまでプライスウォッチして値段が下がる度にニヤニヤするという気色の悪いハマりようなん...
古都・佛山の街並み
祖廟の東側出口を抜けたら、上海の新天地を彷彿とさせる石組の建物が立ち並ぶ一角に出た。 本家本元の上海新天地同様にモダンアレンジされた租界風の街並となっていて、道の両側にハイセンスで洒落たカフェやショップが並んでる。 まんま新天地のパクリじゃんかと思ったら、本当に佛山版の新天地だった。その名も嶺南天地だと。百度地図で現在位置を確認したところ、次なる目的地である梁園へは嶺南天地を...
広州⇒成都 CZ国内線プレエコ搭乗記+成都⇒楽山へのバス移動 楽山・成都旅行1
プロレタリアートの為の労働節がやってきた!今年は4連休が取れたので、直前の思い付きで楽山一泊+成都二泊のプチ旅行に行って参りました。本当は峨眉山もくっつけたかったんだけど、4連休が社畜サラリーマンの限界だったので、時間の制約上、泣く泣く楽山と成都の見所だけをパパッと巡る小旅行で妥協した。 4月29日(水)、先ずはCZ3443で広州から成都へと移動する。本当はもっと早い便で移動したかったんだけ...
搭乗記 イランのマーハーン航空でエレバンからテヘランへ A310エコノミー
さて、いよいよ今回の旅行の最終目的地となるイランのテヘランへと移動します。 エレバンからテヘランへの飛行距離は493マイル。日本で言うと東京-萩くらいの距離なんで夜行バスでの国境越えもありかなーと思ったのですが、エレバン→テヘランをバスで移動しようとすると丸1日かかるらしいので却下。 ちょうどマーハーン航空W5(W5)なるイランの民間航空会社がエレバン→テヘランの直行便を飛ばしてい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。