珠海で見つけた小マカオとは…

農科奇観から戻る途中、888街駅や名街花園駅で途中下車するも、特筆すべきものがなかったので、香州総駅まで戻ってきました。香州総駅には中山市を始め中国主要都市までの長距離バスが出ている珠海香州バスターミナル駅があり、そこそこの賑いを見せています。

ひだり みぎ
珠海香州バスターミナル駅。

ひだり みぎ
中国全土に張り巡らされたバス交通網に電光時刻表。こういうのを見ると旅への意欲が駆り立たされます。

暫くバスターミナル付近を歩き回っていると、バスターミナルの反対側にちょっと気になるショッピングモールを発見。その名もMini Macau。幾つかのモールが連結しているようです。
IMG_1841
垂れ幕では『香港・マカオのファッション城』と謳っています。

IMG_1861
大街道の反対側に出たく歩き回るも一向に横断歩道が見当たりません。斜め横断もできないように柵も設けられてるし、横断歩道橋も見当たりません。

IMG_1840
公安に聞いてみると、道路横断用の地下道を渡らないといけないとのこと。

IMG_1839
中は広々としているけど、日が暮れてからは怖そう。

IMG_1838
地下の通路には何故かこんな自販機が。『安全套』の意味は皆様のご想像にお任せします。飲み物の自販すら無いのに…『国家指定の生産工場製なので安心して御使用下さい』だって。人口抑制策がこんな形で具現化されていて思わず笑ってしまいました。

道路の反対側に着き、ミニマカオに入ってみます。
ひだり みぎ
どっからどう見ても典型的な中国のショッピングモールです!

鞄屋さん。
IMG_1859
この怒涛の量!この店内レイアウト!どっからどう見ても中国です。

おっ、Dunhill!小澳門とは言えどここは中国。どうせコピー品だろと思い近づいてみると…
IMG_1857
danhuoli!!!中国はいつだって期待を裏切りません!心なしか広告のモデル(アラブ系?)も胡散臭く見えてきます。

隣りの建物の方面からは香ばしい匂いがしています。中国にもオシャレなベーカリーが増えてきました。
ひだり みぎ

匂いはこちらから。職人さんが店内のガラス越しでパンを焼いていました。
IMG_1864
やけに調味料が多く並んでいるなと思ってよくよく見てみると、Maribu・カルーア・バカルディー・ジャックダニエルとアルコール類のオンパレード。

電化製品のコーナーでは
IMG_1856
K-touchが『熱売中』。KがI に見えるようにKの『く』の部分だけ薄い色を使うというセコイ小技を効かせてきます。

その後もウロウロするも特に変わった物は無し。ここいらでちょいと食事とします。
ひだり みぎ
ミニ澳門の隣のモールの2階で台湾料理屋を発見。

IMG_1850
何だかみづぼらしい画像で美味しさが伝わらない…白米の上にこってりジューシーな豚そぼろがのった丼で本当に美味しいんです!これで16元(≒200円)。

食後には店を出たところにあったお店で台湾ソーセージをがっつきました。
ひだり みぎ
一本2元。毎日外食でも食費がかからないので非常に助かります。

腹拵えをした後は3駅隣の『百貨公司駅』へ。買い物目的で足を運んだのですが…


Related posts(関連記事):

広州旧市街地を歩く~十三行路・一徳路・万菱広場~
沙面島の見学があっさり終わり過ぎて時間を持て余してしまったので、広州旧市街をブラブラと歩いて回ることに。 十三行路を通り、一徳路を経て海珠広場へと抜けてみよう。 鎮安路に出ると、いきなり荷台の10倍くらいの大きさの貨物を積んだ超小型トラックが走ってたり、覇権主義の野望剥き出しの中共プロパガンダポスターが掲示されてたりと、ザ・中国的な風景が広がる。 道幅の大きな鎮安路を北...
標高4,500mの世界 藍月山谷風景区と石卡雪山 雲南省旅行4
ナパ海から車を走らせる。向かうは香格里拉市内の外れに聳える石卡雪山の藍月山谷風景区だ。 道中、モクモクと煙が立ち込めていたので炊煙かと思ったら、なんと鳥葬による煙というではないか。鳥葬とか、外国人が日本にまだ忍者がいると考えているくらいのもんで過去の風習かと思ってたけど、未だにチベット文化圏では鳥葬が最も一般的な葬儀方法になっているらしい。断片化した死体を鳥葬台に安置し、香木に火を点してハゲ...
ホリデイイン エクスプレス上海新虹橋 (上海新虹橋智選假日酒店)
この日は待ちに待った金曜日、夜遅くに上海虹橋空港に到着した。翌日はSPG遠征修行で虹橋鉄道駅から蘇州のエレメントホテルへ向かう予定だったので、この日はトランジット目的で虹橋にあるホリデイインエクスプレス上海新虹橋に泊まることに。 虹橋周辺のホテルだと空港内にありエアーチャイナ直営の中航泊悦酒店が一番便利なんだけど、この日は一泊900元としがないサラリーマンにはお高かったので、IHGポイント1...
書門院と西安碑林博物館
次なる訪問場所は城壁南面の文昌門近くにある碑林博物館。碑林というのは聞き慣れない単語だが、文字や図像を刻んだいわゆる石碑の集合体のことらしい。字面からも想像できる通り、石碑・墓誌銘などの石像彫刻が林の如く大量に林立しているとのことで、碑林ということなのだろう。確かに宋代から収集してきたとされる碑林博物館の石碑コレクションは膨大で、書道や絵画・文化・歴史好きには一日あっても見足りないくらいの貴重なお...