珠海で見つけた小マカオとは…

農科奇観から戻る途中、888街駅や名街花園駅で途中下車するも、特筆すべきものがなかったので、香州総駅まで戻ってきました。香州総駅には中山市を始め中国主要都市までの長距離バスが出ている珠海香州バスターミナル駅があり、そこそこの賑いを見せています。

ひだり みぎ
珠海香州バスターミナル駅。

ひだり みぎ
中国全土に張り巡らされたバス交通網に電光時刻表。こういうのを見ると旅への意欲が駆り立たされます。

暫くバスターミナル付近を歩き回っていると、バスターミナルの反対側にちょっと気になるショッピングモールを発見。その名もMini Macau。幾つかのモールが連結しているようです。
IMG_1841
垂れ幕では『香港・マカオのファッション城』と謳っています。

IMG_1861
大街道の反対側に出たく歩き回るも一向に横断歩道が見当たりません。斜め横断もできないように柵も設けられてるし、横断歩道橋も見当たりません。

IMG_1840
公安に聞いてみると、道路横断用の地下道を渡らないといけないとのこと。

IMG_1839
中は広々としているけど、日が暮れてからは怖そう。

IMG_1838
地下の通路には何故かこんな自販機が。『安全套』の意味は皆様のご想像にお任せします。飲み物の自販すら無いのに…『国家指定の生産工場製なので安心して御使用下さい』だって。人口抑制策がこんな形で具現化されていて思わず笑ってしまいました。

道路の反対側に着き、ミニマカオに入ってみます。
ひだり みぎ
どっからどう見ても典型的な中国のショッピングモールです!

鞄屋さん。
IMG_1859
この怒涛の量!この店内レイアウト!どっからどう見ても中国です。

おっ、Dunhill!小澳門とは言えどここは中国。どうせコピー品だろと思い近づいてみると…
IMG_1857
danhuoli!!!中国はいつだって期待を裏切りません!心なしか広告のモデル(アラブ系?)も胡散臭く見えてきます。

隣りの建物の方面からは香ばしい匂いがしています。中国にもオシャレなベーカリーが増えてきました。
ひだり みぎ

匂いはこちらから。職人さんが店内のガラス越しでパンを焼いていました。
IMG_1864
やけに調味料が多く並んでいるなと思ってよくよく見てみると、Maribu・カルーア・バカルディー・ジャックダニエルとアルコール類のオンパレード。

電化製品のコーナーでは
IMG_1856
K-touchが『熱売中』。KがI に見えるようにKの『く』の部分だけ薄い色を使うというセコイ小技を効かせてきます。

その後もウロウロするも特に変わった物は無し。ここいらでちょいと食事とします。
ひだり みぎ
ミニ澳門の隣のモールの2階で台湾料理屋を発見。

IMG_1850
何だかみづぼらしい画像で美味しさが伝わらない…白米の上にこってりジューシーな豚そぼろがのった丼で本当に美味しいんです!これで16元(≒200円)。

食後には店を出たところにあったお店で台湾ソーセージをがっつきました。
ひだり みぎ
一本2元。毎日外食でも食費がかからないので非常に助かります。

腹拵えをした後は3駅隣の『百貨公司駅』へ。買い物目的で足を運んだのですが…


Related posts(関連記事):

帝政ロシアによる都市計画の名残り 大連・中山広場
大連の中山広場はかつて日本の統治時代には大広場と呼ばれた大連を象徴する場所であり、どのガイドブックにも載せられる大連の定番観光スポットだ。 大連国際貿易中心ビルの展望室から撮られた写真を見るとよく分かるが、直径213メートルの円形広場を中心にラウンドアバウトになっていて、10本の道路が放射線状に伸びている。パリを模して大連の都市開発にあたった帝政ロシアによる設計であり、当時はロシア二世...
中国も美白ブーム?
今朝の朝礼を終えて席に戻る途中、『○○さん(私の名前)、日焼けしすぎて誰だか分からなかったです。悪いです。』とローカルスタッフから私に対して鋭い発言が飛び出しました。 最近は休日に日帰り旅行ばっか行ってるから日焼けは認めるとしても、『悪いです』って何ですか!かっこ悪いって言いたかったのかい?それは知ってるが、それはそれで面と向かって言うのは失礼ですけど! 何か中国でもやたらと美白崇拝が...
宇宙人による遺跡? 中国史の常識を覆す三星堆遺跡 楽山・成都旅行9
成都二日目は朝一から成都の北約40キロの広漢市三星堆の遺跡へとバスを乗り継いで移動する。 三星堆で初めて玉石器が発掘されたのは1929年。その後、1986年になって古代文明の祭祀坑と推測される穴から青銅品を中心に数々の遺物が出土した。 この出土品がまた調査にかけたら凄くてね。青銅器の放射性炭素年代測定や坑の地層から推測されるに、約5000年前程前に栄えた古蜀文化の遺物であるんだと。50...
カシュガルのバザールで防寒具を調達する
中国の中の異国、カシュガル。 辺りに立ち込めるワイルドな羊肉と強烈な香辛料の匂い、どこからともなく聞こえてくる楽し気な民俗音楽、町を行き交うエキゾチックな顔立ちのトルコ系の人々にロバ、そして各所に配備された武装治安維持隊。複雑な事情を抱えた実に異国情緒に溢れる町である。 残念極まりない内容で痛く失望させられたカシュガル地区博物館より、寧ろカシュガルの町を歩いていた方がウイグルの生活の息吹が感...