中山市で流行中(!?)・怪しい美顔器

商魂逞しい中国人。流行りそうな物品があればすぐさま街頭販売での一儲けを企む連中がどこからともなく出現、路肩に店を構え出します。季節によって様々な露店が出ては消え、出ては消えていく中で、今年の夏によく目にしたヒット商品と言えばこれ。

韓国式美容方法を謳い文句としたキュウリ美容器。1つ8元(100円ちょい)と美容器としては破格のお値段。
IMG_4759
中国広東省で可処分所得が上がってきている中間所得層の人たちの間で『美』に対する意識が急速に高まっており、機を見るに早い中国人商人が美容器の販売に目をつけたんですね。

6月くらいから急増したキュウリ美容器販売店。どうやって使うかといいますと…
2315561

こちらは珠海旅行の際に撮影したオッサンによる実演販売。
IMG_5358
美容器という名の鏡付き剃刀でキュウリを薄く削ぎ落とし、そのキュウリの膜を肌に載せるだけ。ただ、気になるのは、キュウリの膜が如何に美容効果をもたらすかではなく、どれ程までにスムーズにキュウリをスライスできるかばかり熱心にPRされてたことだ。こんなオッサンがキュウリを載せたところで美容効果をアピールできるとも思いませんし、これじゃあただのキュウリスライサーの販売では?

美白をウリにしている割には売り子が真っ黒いしさ…
IMG_5360
因みにこのオッサン、後ろから声をかけられて、振り向いた瞬間に苦心して顔の上に載せたキュウリが一枚残らず剥がれ落ちていました…(涙)

もう少し頑張りましょう!

Related posts(関連記事):

ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンター宿泊記 洛陽・鄭州・開封旅行3
洛陽博物館の参観を終え、一旦宿泊先に寄って手荷物を下ろしてから本日の観光の目玉・龍門石窟に向かうことに。 洛陽の宿はIHG系列のホリデイインエクスプレス洛陽シティセンター(洛陽開元智選假日酒店)。名称にシティセンターとあるが、実際は繁華街から離れた市内南郊の新市街地という立地にあり、繁華街や旧市街地の街歩きを楽しむには不向き。一方、龍門石窟や少林寺方面に車で向かうには距離も近く市内の渋滞も回...
孫中山記念堂~ 革命 いまだならず、同志なおすべからく努力すべし~
孫文といえば中国の政治家・革命家であり初代中華民国臨時大総統としてしられる中山市が生んだ偉人。辛亥革命を起こした人物で「中国革命の父」や国父、「近代革命先行者(近代革命の先人)」として近年「国父」と称される。孫文の生まれ故郷である中山市には孫分に因んだ名称を至る所で見ることができます。博愛路・孫文路・博愛病院・孫文路・中山公園etc...市内全体で孫文が崇め祭りたてられております。 こういっ...
関羽ファンの聖地 関林廟 洛陽・鄭州・開封旅行5
龍門石窟からの帰り道、道中にある関林廟なる関羽を祀った廟に立ち寄ることに。一般的に関羽を祀った廟って関帝廟って呼ばれてるんだけど、関林廟というと関帝廟とは定義的にも異なってくるのだろうか。西安の碑林博物館のように、碑刻墓誌や碑石が林が如く立ち並んでるとかそういったことかな。 今や中国全土どころか世界の中華街の至る所にある関羽の廟だけど、洛陽の廟は首塚があるくらいだけあって世界三大関帝...
広深港高速鉄路で深セン福田から広州南へ
出張先で週末を一人で過ごす時は極力アクティブに動き回ろうと決めていた2017年、この日もちょこっと遠出してみることに。 さあてどこに行こうか…と考える時に先ずは適当にホテルを検索してしまうのがホテラーの悲しい性。 この日は広州のウェスティン琶州が605元(≒10,000円)とお手頃価格になっていたので、滞在先の深センから広州まで足を延ばしてみることに。 深センから広州への移動手段...

「中山市で流行中(!?)・怪しい美顔器」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >bossさん
    コメント有難うございます^^こっちでは歩合制が多いので売り子も炎天下の中で気合入った客引きをしていました、如何せん商品がしょぼ過ぎて中々通行客の関心を引くに至らず、見ていてちょっと可哀想でした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。