中山市で流行中(!?)・怪しい美顔器

商魂逞しい中国人。流行りそうな物品があればすぐさま街頭販売での一儲けを企む連中がどこからともなく出現、路肩に店を構え出します。季節によって様々な露店が出ては消え、出ては消えていく中で、今年の夏によく目にしたヒット商品と言えばこれ。

韓国式美容方法を謳い文句としたキュウリ美容器。1つ8元(100円ちょい)と美容器としては破格のお値段。
IMG_4759
中国広東省で可処分所得が上がってきている中間所得層の人たちの間で『美』に対する意識が急速に高まっており、機を見るに早い中国人商人が美容器の販売に目をつけたんですね。

6月くらいから急増したキュウリ美容器販売店。どうやって使うかといいますと…
2315561

こちらは珠海旅行の際に撮影したオッサンによる実演販売。
IMG_5358
美容器という名の鏡付き剃刀でキュウリを薄く削ぎ落とし、そのキュウリの膜を肌に載せるだけ。ただ、気になるのは、キュウリの膜が如何に美容効果をもたらすかではなく、どれ程までにスムーズにキュウリをスライスできるかばかり熱心にPRされてたことだ。こんなオッサンがキュウリを載せたところで美容効果をアピールできるとも思いませんし、これじゃあただのキュウリスライサーの販売では?

美白をウリにしている割には売り子が真っ黒いしさ…
IMG_5360
因みにこのオッサン、後ろから声をかけられて、振り向いた瞬間に苦心して顔の上に載せたキュウリが一枚残らず剥がれ落ちていました…(涙)

もう少し頑張りましょう!

Related posts(関連記事):

陝西歴史博物館
碑林博物館の拝観を終え、今度はバイタクに乗って陝西歴史博物館へ。 最初、8元と言われたんだが、反射神経的に値切り交渉を試みたら凄い剣幕で怒られ、結局ドライバーの言い値で走ってもらうことに。「60過ぎの老いぼれがはした金を値切ると思うか!?何たる非礼、この小僧め。」くらいの感じの事を湯気立てながら怒鳴りつけてきた強面のベテランドライバー、そのはした金を支払った際に見せた最高のホクホク顔が脳裏に...
中国版新幹線
国内出張中は、中国版新幹線とも形容される中国高速鉄道も利用しました。昨年度に死亡事故を起こし、事後対応の拙さでも世間を大いに騒がせたアレです。 事故の主役だった和諧号。 駅構内に入る前には荷物のX線検査と金属探知機によるボディーチェックが行われます。金属探知機に財布とベルトと時計が相次いで反応するも、追調査は無し。 係員『進んで下さい!』 私『ピーって鳴ってますよ?』 係員『...
クチャ国際ホテル 宿泊記
クチャでの宿泊先はクチャの鉄道駅から程近いクチャ国際ホテル。クチャには早朝着、深夜発で滞在時間17時間程度の為、市内よりも鉄道駅に近い当ホテルを選択した。一泊朝食込みで120元だったかな。閑散期だったこともあるだろうが、上海や広東省では到底考えられないような安値だった。 鉄道駅から真っ暗闇でマイナス15度の極寒の中を2キロ程歩き、北京時間06:00(新疆時間04:00)にクチャ国際ホテル...
シャングリラ独克宗古城でマニ車を回したり 雲南省旅行2
突然ですが、シャングリラ(理想郷)という名の街が実際に存在することをご存知でしょうか。このシャングリラという言葉はもともと、英国人作家ジェームズ・ヒルトンの冒険小説『失われた地平線』(1933年初刊)に登場する架空の土地の名前であった。あのシャングリ・ラ・ホテルズの名前も、このチベットの奥地の桃源郷に由来する。そんな桃源郷人気に目を付けたのが中国共産党。「シャングリラって実は雲南省の中甸がモデルに...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >bossさん
    コメント有難うございます^^こっちでは歩合制が多いので売り子も炎天下の中で気合入った客引きをしていました、如何せん商品がしょぼ過ぎて中々通行客の関心を引くに至らず、見ていてちょっと可哀想でした(笑)