農科奇観

途中で道草食ってしまいましたが、ようやく農科奇観に到着。

普陀寺に向かうバスで大量の乗客がここで下車していたので、普陀寺の帰り際に寄ってみようと決めていました。
IMG_1800
国家農業工高技術示範とかかれているのが、農園なのか?菜園なのか?

はたまた農業に関するテーマパークなのか?色鮮やかな野菜オブジェがワクワク心を刺激します。
IMG_1836
テーマパークで大人一人のチケットを買うのももう慣れた今日この頃。

IMG_1833
一応、AAAA級の国家級旅遊景区に認定されているようです。

農科奇観
住所:中国 广省珠海市香洲区梅渓路2068号  
電話:(0756)-8535999 
時間:08:30-18:00
料金:30元


『広東省農業科学園』であり、『広東省農業区域性試験中心』であり、『国家亜熱帯春蘭生産示範基地』であり、『国家現代農業工技術示範基地』であり『中国科普教育基地創建単位』・『中国青少年科技教育基地』・『珠海市学生農科教育軍基地』・『省保教育基地』『華農大博士後流動工作駅』としての側面も併せ持つらしい。なんのこっちゃ正体が全くもって分かりませんが、百聞は一見に如かず!とにかく入園してみます。

道標。
IMG_1811
色々とエリアが分かれているようです。

入場口横にありますのは…
IMG_1801
園芸超市。

超=Super・市=Market。継ぎ接ぎ感満点の造語で、超市とはスーパーマーケットの意味となります。
IMG_1802
園芸薬剤などの植物育成キットや鉢や育苗箱などガーデニング用品が販売されています。それなりの品ぞろえで手広くやっていました。

『縁』と題されたミニ盆栽。
IMG_1803
68元(≒850円)。思わず財布に手がかかりそうになりましたが、かさばって後々の旅行で邪魔になるので思い留まりました。センス悪いんでこういった小物が好きなんです。

超市を通り過ぎると各種野菜が栽培されているグリーンハウスを見ることができます。収穫期には試食や農家体験などもできるそうです。
ひだり みぎ
カボチャ?意外に夏野菜だったんですね。

中にはこんなものがゴロゴロと無造作に転がっていました。
IMG_1808
パンプキンオバケのレベルの大きさ。ホルモン剤使っちゃったんじゃないの~。ドーピングの疑い有り。

これは唐辛子の栽培園?
IMG_1809
唐辛子は2月に播種し、春先の定植を経て7月からの夏に収穫らしい。へぇ~。

ひだり みぎ

lll
この農園では『高技術(ハイテク)!』や『現代化!』みたいなことが前面に押し出されていますが伝統的な験担ぎも行われています。

ひだり みぎ
敷地内には釣り堀池やミニ動物園も。

ホントにミニで
IMG_1820
鳥類しかいませんでした。

動物園区にある『財御源盆』
IMG_1821
ここで手を洗えば金銭的運気が上昇するそうです。

IMG_1822
いつから水を入れ替えていないのか水がかなり濁っておりました。それとも元々濁り湯みたなものなのかな。

面白いと思ったのが芸術コーナー。匠が依頼主の名前に因んだ詩を作るという即興芸がありました。作詩名人の韓さんのメモ帳に自分の名前を書き、名前の文字を取った詩を即行で作ってくれるというもの。
IMG_1824
机には韓さんが獲得してきたトロフィーや表彰状の数々が何とも自慢げに並べられております。

彼の作品の例を挙げますと
IMG_1823
毛沢東の場合…
毛公華夏一代雄  :毛公は華夏(中国人)希代の英雄で
沢恩民衆千秋平  :民衆に千秋にも渡る平穏な暮らしを与えなさった。
東龍尽掃牛神鬼     :東(東洋)の龍として鬼畜どもを一掃し
領袖永載青史中    :彼の指導(領袖)は青史に永く刻まれよう。

訳はあくまで自分の推測ですが、詩自体は良く書かれているんだと思います。日本人の名前でも対応可との事なので、私も一句お願いすることに。メモ用紙に書かれた私の名前を見て首を捻る韓氏。『出身地はどこだ?』『日本人って大和民族なんだろ?』など幾つか質問をした後に作詩開始。ものの1分そこらで韓氏が自画自賛する詩が完成しました。渾身の出来だそうです。内容はともあれその即興力には恐れ入ります。

中華の地で大和民族の風を吹かせよ!みたいな内容でしたが、中国人の同僚に見せたら『意味不明…』みたいな反応をしていました。

料金はメモ用紙だと5元。上の毛沢東のやつのように上質紙にラミレート加工を施すと30元となります。

農業とは全く関係の無いこの芸術コーナーがここでの一番の楽しみでした。小動物園区にありますので、こちらに寄られる際には皆様是非、韓氏をお尋ねください。

この植物園、他の見所は収穫直後の野菜が食べられることでしょうか。
ひだり みぎ
有機野菜ですがね!500グラム5元(≒60円強)です。

農科奇観では草木・植物・果実など合計500品種の農作物が生産販売しているそうで、どの季節に来ても旬の野菜を味わうことができるそうです。

普陀寺からは歩いても行けない距離ではないので、寺訪問とセットで来られるといいかと思います。

Related posts(関連記事):

宿泊記 W上海外灘ホテルでのアバンギャルドな夜 
この日は待ちに待ったW上海へ。 2017年6月30日に世界で52番目のWホテルとしてオープンしたW上海-外灘(上海外灘W酒店)。 Wホテルと言えば、大胆で革新的なイケイケデザインで人気を博すラグジュアリーデザインホテル。常に流行の最先端を走る世界でも有数の刺激的な都市・上海とWホテルとの相性は良さそうなので、ずっと上海でのWホテルが開業する日を心待ちにしていたのである。 上海でのWの...
カシュガルの伊合拉斯超市と突瀾
意外にも大都会でビックリな西域辺境の町・カシュガル。独立派によるテロが散発していることから、町の至る所に警察署や武装治安隊の拠点があったり、重武装した警官隊がしかめっ面でパトロールしてたり、装甲警備車が街頭に停まってたりと、町の中にはどこか物々しい雰囲気が漂っている。 まだまだウイグル風情のある街並も残るとはいえ、町の中心部は想像していたシルクロードのオアシス都市って感じの景観ではない...
中山市民衆鎮
今さらながらですが、中山市は6つの県轄区と18鎮から成る地級市です。基本的には私の行動範囲は県轄区の中の石岐区・東区・西区がメインですが、今日はマイナーな民衆鎮まで冒険してくることにしました。 中山市の北東部に位置する民衆鎮では河川が縦横に入り交じり、かつての珠江デルタ地帯でごく当たり前にみられた風景が未だに保存されています。 ここら一帯は「嶺南水郷」呼ばれ、広東地区有数の水郷...
シャングリラ独克宗古城でマニ車を回したり 雲南省旅行2
突然ですが、シャングリラ(理想郷)という名の街が実際に存在することをご存知でしょうか。このシャングリラという言葉はもともと、英国人作家ジェームズ・ヒルトンの冒険小説『失われた地平線』(1933年初刊)に登場する架空の土地の名前であった。あのシャングリ・ラ・ホテルズの名前も、このチベットの奥地の桃源郷に由来する。そんな桃源郷人気に目を付けたのが中国共産党。「シャングリラって実は雲南省の中甸がモデルに...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    行きつけのお店が物価高騰を理由にここ1年で2回も値上げしたりと、実際にこちらにいても中国のインフラを体感できます。物価上昇率に昇給額がついていかないとかでローカルスタッフからも文句が出るわ…。ここの動物達もももしかしたら待遇に不満でボイコット中だったのかもしれないですね(笑)