中国珠海の革命博物館でみる中国の愛国教育

買い物を楽しもうと『百貨公司駅』にやって来ました。予想通り、駅前にはジャスコやその他ショッピングセンターが密集しており、モール間の小道には路上売りのお店が所狭しと並んでいます。
IMG_1664
メインのショッピングモールは相当の賑わいを見せています。

そんな百貨公司駅周辺を歩き回っていると、中国の雑踏を忘れさせてくれるような風情のある公園を見つけました。
IMG_1669
随分と広々とした造りの公園。開放感があって気持ちがいいので休憩がてら入ってみることに。

どことなくシーサーにも似ているこの獅子
IMG_1670
目ん玉が飛び出ちゃってます。

ひだり みぎ
中国の日々の喧噪から解放されるかのような安らぎ。地元民も芝生に座ってのんびりとしています。

公園中央にある険しい階段を上りきると…
IMG_1680

ひだり みぎ
集団墓地になっていました。

IMG_1685
おじさんは霊と交信中なのでしょうか。微動だにしません。

IMG_1696

IMG_1700
広場ではおばさんが音楽に合わせて入念な屈伸体操を行い、公園の隅では巨大な駒で碁に興じる年配の方々。ほのぼのとしています。

IMG_1690

IMG_1693

ひだり みぎ
公園をもう少し奥に進んでみると…

おっと、何やら見覚えのある壁画が
ひだり みぎ
勇猛果敢に戦う軍人さんに雄叫びを上げる軍人さん…どうやらここも抗戦記念公園だったようです。

IMG_1676
継承烈士志 弘揚民族魂…

珠海市革命資料陳列館…
IMG_1707
内容は大体想像がつくが、何か新しい発見があるかもしれない。意を決して入ってみました。

旧日本軍が広東駐屯中に発行した軍用手票に武器。
IMG_4009

ひだり みぎ
英領ビルマで発行された『へ号券が』広東でも使用されていたらしい。今でも旧日本軍の軍票を賠償しろとのデモが行われたりしていますが、戦時中に発行された額以上の軍票が出てくるという…

反日映画放映室。
IMG_1722
満員御礼です。お爺ちゃんお婆ちゃんに混じって小学生までもが鑑賞していました。
この記念館ではアヘン戦争から如何に中華人民共和国が成立し、独立を取り戻したかを時系列的に説明されています。そんな博物館内での日本の扱われ方は言わずもがなである。

IMG_1732
軍人さんも農民さんも一致団結して母国を守り抜きました。当時は第二次国共合作で国民党軍と共産党の紅軍が国民革命軍を形成していましたが、実態は国民皆兵制度に近かったのでしょう。

IMG_1741
万山群島 大小300以上の島からなるこの群島の攻防戦も熾烈を極めました。

IMG_1744
当時の海戦図。青線で囲られた場所が万山群で、今は珠海市に属します。

IMG_1738
1945年、日本のポツダム宣言受諾を以て日中戦争も終結。日中戦争は中国側では抗日戦争や八年戦争と呼ばれています。記念撮影当日に欠席した人みたいな扱いを受けている右上の人は、珠海生まれの著名な革命戦士だそうです。

有志を募る革命戦士。老人とその孫を説き伏せます。
IMG_1695
革命しようよ!

IMG_1671
さぁ、君も今日から革命戦士だ。

IMG_1668
愛国教育は1989年の天安門事件(学生による民主化デモと解放軍の軍事衝突事件)後に『若者たちが共産党に反抗する事が無いように教育が必要』と推し進められました。歴史の授業では屈辱の近代史以降の教育が重視され、『国旗法』により小中学校では少なくとも周一回の国旗掲揚式が義務付けられ、愛国主義を発揚する講和を聞かされることになります。抗日戦争勝利50周年にあたる1995年からはさらに徹底した愛国主義教育進められ、2012年の時点では353箇所の『愛国主義教育基地』が全国各地で運営され、学生に“教育”の場を提供しています。

何だか買物をする気分ではなくなったので、この日は早めにホテルに戻る事にしました。

Related posts(関連記事):

中国旧正月①『福シールと紅包事情』
新年好!!(新年が好きなわけではなく、中国語で明けましておめでとうの意味です。)今年の旧正月は2月7日から。小生は中期出張に出ており、正月二日にあたる昨日、約1ヵ月ぶりに中国に戻ってきました。 周囲で爆竹の爆音が鳴り響くなか拙宅に戻ると… んんん!?何故だか我が家のドアに『福』と書かれた縁起が良さそうなシールが張られていました!誰かの好意(イタズラ)?『福』の文字が反対に貼られているの...
グランドハイアット広州宿泊記(Grand Hyatt Guangzhou)
2月某日、グランドハイアット広州に宿泊した。天津での仕事が予定より大幅に長引いてしまった&CZの遅延の為に広州着が深夜00:00過ぎ。広州白雲空港からの移動は既に地下鉄も走っていないからかタクシーの運ちゃんがやたらと強気一辺倒で、メーターで走ればRMB130-140がいいところをRMB600とかふっかけてくる。白タクではなく、正規のメータータクシーの運転手が、である。こんだけ到着が遅れるならエアポ...
カシュガルの伊合拉斯超市と突瀾
意外にも大都会でビックリな西域辺境の町・カシュガル。独立派によるテロが散発していることから、町の至る所に警察署や武装治安隊の拠点があったり、重武装した警官隊がしかめっ面でパトロールしてたり、装甲警備車が街頭に停まってたりと、町の中にはどこか物々しい雰囲気が漂っている。 まだまだウイグル風情のある街並も残るとはいえ、町の中心部は想像していたシルクロードのオアシス都市って感じの景観ではない...
ウイグルの偉人 ユースフ・ハーッス・ハージブの墓
カシュガルの朝は…遅い。 この日も10:00を過ぎてから漸く外が明るくなり始めたといった具合である。そりゃあそうだ。中国東端の黒竜江省からカシュガルまでアメリカの西海岸-東海岸以上の距離があるのに、全土で統一された北京時間を遠く西域の地にまで押し通そうとすること自体がナンセンス。だが、「新疆ウイグル自治区は中国の不可分の領土」という原則から「北京時間」が強いられているのである。そこで、新疆のウイ...