中国珠海の革命博物館でみる中国の愛国教育

買い物を楽しもうと『百貨公司駅』にやって来ました。予想通り、駅前にはジャスコやその他ショッピングセンターが密集しており、モール間の小道には路上売りのお店が所狭しと並んでいます。
IMG_1664
メインのショッピングモールは相当の賑わいを見せています。

そんな百貨公司駅周辺を歩き回っていると、中国の雑踏を忘れさせてくれるような風情のある公園を見つけました。
IMG_1669
随分と広々とした造りの公園。開放感があって気持ちがいいので休憩がてら入ってみることに。

どことなくシーサーにも似ているこの獅子
IMG_1670
目ん玉が飛び出ちゃってます。

ひだり みぎ
中国の日々の喧噪から解放されるかのような安らぎ。地元民も芝生に座ってのんびりとしています。

公園中央にある険しい階段を上りきると…
IMG_1680

ひだり みぎ
集団墓地になっていました。

IMG_1685
おじさんは霊と交信中なのでしょうか。微動だにしません。

IMG_1696

IMG_1700
広場ではおばさんが音楽に合わせて入念な屈伸体操を行い、公園の隅では巨大な駒で碁に興じる年配の方々。ほのぼのとしています。

IMG_1690

IMG_1693

ひだり みぎ
公園をもう少し奥に進んでみると…

おっと、何やら見覚えのある壁画が
ひだり みぎ
勇猛果敢に戦う軍人さんに雄叫びを上げる軍人さん…どうやらここも抗戦記念公園だったようです。

IMG_1676
継承烈士志 弘揚民族魂…

珠海市革命資料陳列館…
IMG_1707
内容は大体想像がつくが、何か新しい発見があるかもしれない。意を決して入ってみました。

旧日本軍が広東駐屯中に発行した軍用手票に武器。
IMG_4009

ひだり みぎ
英領ビルマで発行された『へ号券が』広東でも使用されていたらしい。今でも旧日本軍の軍票を賠償しろとのデモが行われたりしていますが、戦時中に発行された額以上の軍票が出てくるという…

反日映画放映室。
IMG_1722
満員御礼です。お爺ちゃんお婆ちゃんに混じって小学生までもが鑑賞していました。
この記念館ではアヘン戦争から如何に中華人民共和国が成立し、独立を取り戻したかを時系列的に説明されています。そんな博物館内での日本の扱われ方は言わずもがなである。

IMG_1732
軍人さんも農民さんも一致団結して母国を守り抜きました。当時は第二次国共合作で国民党軍と共産党の紅軍が国民革命軍を形成していましたが、実態は国民皆兵制度に近かったのでしょう。

IMG_1741
万山群島 大小300以上の島からなるこの群島の攻防戦も熾烈を極めました。

IMG_1744
当時の海戦図。青線で囲られた場所が万山群で、今は珠海市に属します。

IMG_1738
1945年、日本のポツダム宣言受諾を以て日中戦争も終結。日中戦争は中国側では抗日戦争や八年戦争と呼ばれています。記念撮影当日に欠席した人みたいな扱いを受けている右上の人は、珠海生まれの著名な革命戦士だそうです。

有志を募る革命戦士。老人とその孫を説き伏せます。
IMG_1695
革命しようよ!

IMG_1671
さぁ、君も今日から革命戦士だ。

IMG_1668
愛国教育は1989年の天安門事件(学生による民主化デモと解放軍の軍事衝突事件)後に『若者たちが共産党に反抗する事が無いように教育が必要』と推し進められました。歴史の授業では屈辱の近代史以降の教育が重視され、『国旗法』により小中学校では少なくとも周一回の国旗掲揚式が義務付けられ、愛国主義を発揚する講和を聞かされることになります。抗日戦争勝利50周年にあたる1995年からはさらに徹底した愛国主義教育進められ、2012年の時点では353箇所の『愛国主義教育基地』が全国各地で運営され、学生に“教育”の場を提供しています。

何だか買物をする気分ではなくなったので、この日は早めにホテルに戻る事にしました。

Related posts(関連記事):

クチャ王国の王宮跡 クチャ王府
朝6時半の早朝にホテルチェックイン後、暫し仮眠をとってからクチャでの行動を開始する。クチャ王府⇒亀茲古城遺跡⇒スバシ故城⇒クスルガハ烽火台⇒キジル石窟といったイメージで効率的にクチャ市内外の観光地を周り、夜には鉄道でトルファンへと移動する予定。 先ずはホテルからローカルバスを乗り継ぎクチャ王府へ。ホテルから市街地まで2路バス、市街地からクチャ王府までは1路バスにて移動する。運賃は各1元、賽銭...
白玉塔と海軍兵器博物館
旅順バスターミナルから九三路を歩いて白玉山の頂上まで登った。地図では分からなかったが白玉山は予想以上に険しい坂道の難所だし、東北の夏を完全にナメていた。日本で言えば仙台くらいの緯度になるのでてっきり初夏でも過ごしやすいかと思っていたが、全然全然そんなことはなく、山登りをしようものなら速攻で汗だくになってしまう。カーディガンまで着て来たのに… 正面にうっすらと見える要塞チックな建物。あれが...
“文明国家”中国・深セン民の地下鉄マナー
深センの地下鉄の話。 深センには現在、5路線の地下鉄で合計131の駅があり、これを2020年までに12路線に、2030年までに16路線にするという長期的な発展計画が推し進められている。 今回の計画策定も中国の悪い癖が出ており、数十年後の壮大な大目標だけ立てて、その計画達成へ向けての中期的・短期的な計画には落とし込めていないので、進捗管理がまるでできていない。この手のインフラ整備になると...
嵩山少林寺 洛陽・鄭州・開封旅行7
2017年端午節旅行二日目。早くも洛陽から引き上げ鄭州へと向かおうと思っていたのだが、地図を見たら洛陽から鄭州のほぼ中間地点に映画少林寺の舞台・嵩山少林寺があったので、せっかくなんで嵩山少林寺に立ち寄ってから鄭州に向かうことにした。 1982年に公開されたジェットリー主演の映画・少林寺。日本を含む世界各地で少林寺ブームを巻き起こし、少林寺=スーパー武僧集団という印象を世界中で確立させた名作中...