ふとした所に…

会社帰りに買い物がてらブラブラと歩いてた時のこと。

前方に写真屋さんを発見。そういやそろそろパスポートのスタンプが埋まるから再発行しないとな~っと思って写真屋のポスターに目をやると…

左上から時計回りにパスポート写真、結婚証写真、住居証写真に身分証写真
………って左下!!!
IMG_4753
お前そこで何やってんだよ!澄ました顔してさ!

街の中でひょっこりと目撃される毛さん、何かウォーリーを探せ的な感じで面白いです。

Related posts(関連記事):

中国のネットカフェデビュー
今日は出張中にどうしてもメールの送受信をしないといけない事態となってしまった為、 隙間時間に車の運転手とネットカフェに行くことになった。思わぬネットカフェ休憩にはしゃぐ運転手。『妻とチャットしよう』と珍しく愛妻家的な発言が飛び出します。 中国には大都市から農村まで至る所にネットカフェが点在しています。中国全土で14万6000件のネットカフェが存在するようで、ここ深センの某工業区も例外ではなく...
田子坊
昨日は上海で半日ほど時間があった為、『芸術の倉庫』『上海のソーホー』とも称され、今や新天地に並ぶ一大ショッピングスポットとして注目されている田子坊に足を運んでみました。 地下鉄9号線の『打浦橋路』が最寄駅で、同駅1番出口から徒歩1分。 田子坊への入口。この路地裏に買物街が拡がっています。 エリアマップ。まさに『路地裏買物街』石庫門スタイルと呼ばれる上海の伝統的な集合住宅地区内...
大連市内で見る帝政ロシア統治の名残
時は遡り20世紀後半、帝政ロシアは遼東半島南部の租借に成功し、今日の大連となる当時の漁村を「遥か遠い」という意味のロシア語「ダリーニ」と名付けてパリをモデルとした都市開発に着手した。ヨーロッパとロシアの伝統的な設計に倣い、大連をヨーロッパ区・行政区・中国区として区画分けし、都市広場や放射状に広がる道路を中心として典型的なヨーロッパ風建築物を造る構想を抱いていた。しかし、1904年には日露戦争が始ま...
ウェスティン深セン南山(深圳益田威斯汀酒店)クラブフロア宿泊記
この週末はヘブンリーベッドに癒されたいという本能的に抗えない衝動に駆られ、最寄りのウェスティンであるウェスティン深セン南山(深圳益田威斯汀酒店)に飛び込むことに。何かもう最近は体と心が共に疲弊しきっていて、毎週末にホテルを巡って英気を養うのが習慣として定着してしまってる。日本じゃ高くつくようなホテルでの贅沢も中国なら比較的お安く味わえますんでね。一人でまったりするのもよし、知人をラウンジに誘い込み...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >上海パンズさん
    コメントありがとうございます!
    いくら国父とも崇められる毛さんでも、まさかあんな場所に出現してくるとは、私も油断して吹いてしまいました。