ユダヤ教徒食 再び

ベトナムから解放されて中国に戻ってきました。

午前中にホーチミンの半日観光を楽しでから空港に向かい、チェックイン。すると受付担当が『Did you made a request for kosher meal? (ユダヤ教徒食をリクエストされました???)』と口走ったではないか。

んんん…
忘れてました。てっきり忘れてました。往路便でユダヤ教徒食をリクエストしたのは先のブログエントリーでお伝えさせて頂いた通りですが、復路便にもこのリクエストが適用されるんだ…当然と言えば当然だが、急な出張でバタバタしていたので復路便の機内食のことまで頭が回っていなかった。またアレをが出てくるのか!(ユダヤ教の方、申し訳御座いません)

ただ、受付は『リクエストされましたよね?』と聞いているだけである。今からでも通常機内食に切替えてもらう余地はあるのではないか。

考える為の時間を稼ぐために聞き直す私。
私『sorry?(え、何ですか?)』
受『You made a request for kosher meal, correct? (貴殿はユダヤ教徒食をリクエストされましたよね?)』

…暫し悩む私。リクエストしたかしてないか聞かれてるのだから、『NO!』と言ってしまえば逃れられるのではないか。

考えた末、心の葛藤の末、自白する私。
私『はい。ユダヤ教徒食を頼みました。頼んだのは私です。

自分で希望してわざわざロンドンに本社に置くユダヤ教徒食製造業大手のHermolis社から調達してもらったのだ。今さら『やっぱ要りません』などと言っては良心が痛む。
そして搭乗を済ませると前回同様の確認攻め。『ユダヤ教徒食を頼みましたよね?箱空けていいですか?』

ただでさえ乾燥しきっている機内にあのパッサパサした食事だ。フライトアテンダントも心配しての念押し作業なのだろう。

腹を括り、ユダヤ教徒食を持ってきてもらう私。
前回同様にHermolis社の梱包箱が運ばれ、箱の裏のシールに記されていたメニューを確認。
IMG_3656
Hors-doeurve(オードブル)にLiver Pate(レバーパテ)、フルーツサラダに林檎のクランブルケーキ。前菜系は全体的に、おフランスっぽい感じがする。メインコースにはChicken MEATYと書いてある。 meatyとは肉々しいとか肉っぽいとか肉味溢れるみたいな意の英単語であり、何故か大文字で強調されている。どんな肉々しい料理なんだろうか。

少しの期待と大きな不安を胸に、いざ開封!











IMG_3657
左上から時計回りにフルーツサラダ・クランブルアップルパイ(銀紙に隠れてる)・パンとビスケット・Chicken MEATY・レバーパテになります。前回よりは若干マシだが、やっぱりパッとしない外観。

主食。
IMG_3659
風味付きのぱさぱさタイ米に香辛料をふんだんに使ったチキンカレー風のルー。前回の無味な料理から一転、今度は味付けがが強すぎて喉が渇きます。

レバーパテ。
IMG_3663
パッサパサ。私はレバーは食べれないので一口食べて断念。

ビスケットにパン。
IMG_3662
パッサパサ。真ん中にあるのはバターやマーガリンではなく、何故かマスタード。マスタードの袋の画のようにホットドッグにならマスタードは合うが、ホットドッグを構成する為の重要部材であるソーセージはどこにも見当たらない。

個人的には前回のような極薄な味付けよりは極濃の今回の方が多少は良かったとおもうが、やっぱりやはり全体的に口に合わない。

ただ、食事内容的にはユダヤ教徒食を選択したことを大いに悔やんでいるが、異文化に触れるという意味では収穫であったと考えたい。キャセイパシフィックさん、わざわざkosher mealを調達して頂きありがとうございました。

Related posts(関連記事):

タイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジ@香港国際空港
ちょっと急だったけど、三連休が取れたので短期シンガポール旅行を決行することに。 今回はシンガポールを単純往復するのではなく、タイ国際航空で往復共にバンコクを経由することでTGフライトを4発楽しむことに。残念ながら目当てのA380の運航日には合わせることができず、機材は往路がB777-300・復路がB747-400それぞれ2セクターずつ。復路のSIN-BKKでF席が開放されていたので、久しぶり...
TG409 タイ国際航空B777-300 ビジネスクラス搭乗記 バンコク-シンガポール
香港からのTG601が遅れた為に残念ながらラウンジに立ち寄る時間が無く、巨大なスワンナプーム空港をダッシュして乗継便の搭乗ゲートへと直行する。ラウンジと飛行機で食べ過ぎて胃がタップタップしてるけど、この食後のスプリントで胃袋を少しは消化できたかな。乗継便のTG409でもガッツリ食べさせてもらいますよ! さて、ゲートに着くと、息つく間もなく優先搭乗者用のマイクロバスに詰め込まれる。沖止めかぁ。...
シンガポール航空 A330ビジネスクラス クアラルンプール―シンガポール
今回は香港⇔シンガポールの往復をマレーシア航空のクアラルンプール経由で手配したのだが、MHのB738を四連発というのも味気ないことこの上ないので、KUL⇒SINだけはコードシェアのSQ便で移動することに。SQの短距離路線の多くは子会社のシルクエアに移管されてしまい乗りずらくなってしまったが、KUL⇔SIN間は今でもSQ便がデイリーで5便も飛んでいる。 ホテルから空港への移動はタクシーで。...
厦門航空 上海虹橋VIP1ラウンジとB737ビジネスクラス搭乗記
この日は上海虹橋から広州への移動。ただし、いつもの南方航空ではなく、珍しく厦門航空(Xiamen Airlines)で飛ぶことに。 既に2018年末をもってスカイチーム脱退となった南方航空であるが、同じくスカイチーム所属の厦門航空でのフライトではマイルを貯めることができなくなっているのだろうか…少々不安な面持ちで空港へと向かう。 チェックインはエアチャイナ、海南航空、チベット航空等との...

「ユダヤ教徒食 再び」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >pikkari pikarinさん
    >pikkari pikarinさん
    いや、優しいというか気弱というか。こっちにきて物事を大胆に言うようにはなりましたけど、自分の発言や行動には責任を持ちたいので、かなり無理して詰め込みました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。