偽物市として有名な深セン羅湖商業城での買い物体験

買物公園駅でのウィンドウショッピングも終えて、深センの羅湖に戻ってきました。

ここは香港とのイミグレがあるだけでなく、中国各地への鉄道や中長距離バスの発着地点となっており、人混みでごった返しています。

IMG_0873
中・長距離バスターミナル。上が偽物市として有名な羅湖商業城になっています。

IMG_0876
商業城の中の様子。バッグ、ベルト、時計、オーディオ関連の偽ブランド品のお店ばかり。歩いていると『社長さん社長さん』と客引きが盛んに寄ってきます。

ひだり みぎ
IMG_0875
中の様子。インドネシアのマンガドゥアと似ています。というかこういった怪しげな市場は新興国ならどこにでも目にする。

広い市場を歩き回った末に意を決して鞄屋に入ると、モンブランやTumiなどのスーツケースがズラリ。一つ目を引いたスーツケースがあるが、サイズが大きすぎる。『このデザインで機内持ち込みサイズは無いか?』と伝える。

すると。。。その大きいスーツケースをおもむろに開け、中から小さいサイズで同じデザインのスーツケースが出てきた!更にその中にはもう一つ同じデザインで小さめのスーツケースが!一つのスーツケースの中に何個もの鞄が隠されているとは…これぞ中国マジック。

『いくら?』

『800元です』

高いよ!他の店に行って比較してくる!』これを言うと値段が一気に下がる魔法のフレーズだ。お店としても客を離して他店で購入されたくないのです。

すると一気に半値の400元になりました。『他の店に行っても同じだ。時間の無駄だけ。既にお友達価格ですよ』と言うお店のお姉さん。確かに事前にネットで調べた同種のスーツケース価格は概ね300元~400元ほどだ。分かりやすく一気に相場価格まで落としてくる。

『あっちのバッグとセットだったら?』とTumiのビジネスバッグを指さす。

これは単品だと300元らしい。こっちは複数まとめ買いをすると一気にお得感のある値段になるケースが多い。(そもそも仕入れ値管理とか徹底してないだろうし)

『2つ現金で買うから400元にしてくれ!』と世間話で彼女の機嫌を伺いながら大胆な交渉にでる。

すると『OK! 420元!!あー安くし過ぎたー』と一人で言って一人で後悔しだすお姉さん。

結局420元でTumiのスーツケースとビジネスバッグを購入。初めはスーツケース800元とビジネスバッグ300元の計1100元であったし、相場的にもまあこんなもんだろう。

こちらでは外国人(特に日本人・白人)に対して結構な値段を吹っ掛けてくるところが多いので、相場を知らない弱者は高値で掴まされることになる。騙され損失を被らないためにも、自己防衛として予めネットか何かで市場調査をすることをおススメする。

ひだり みぎ
今回購入したビジネスバッグと機内持ち込みスーツケース。〆て420元。偽物の中でも『造りの精巧さ』『頑丈さ』『本物のデザインとの合致具合』でランク付けされているのだが、これはA+品。結構土産物として喜ばれるんだな、これが。

そんなこんなで深センへの日帰り旅行が終わりました。暫く先進文明から離れた生活を余儀なくされていたので、久しぶりに都会の空気が吸えて心機一転できました。

Related posts(関連記事):

中国の宝くじ
中国の繁華街では宝くじスタンドが多く建っており、一枚2元からというお手頃さも手伝って、日夜一攫千金を目論む老若男女で賑わいを見せています。中国の宝くじは今年で生誕25周年。販売額は毎年右肩上がりに増え続けており、今年は昨月の段階で1千万元を突破した程のフィーバーぶりです。 こういったキオスクで販売されているのは大概が「被封くじ(スクラッチ)」もしくは「数字選択式宝くじ(双色球=ナンバーズ)」...
言い訳
今日は香港へ出張。朝は通常通りオフィスに寄り、ミーティングを済ませてから中山港へ向かいました。中山から香港は珠江をフェリーで下るのが最短ルートで、中山港から1時間ちょいで香港に到着します。 オフィスで車を降りる際、『10時40分出発。中山港に向かいます。』と運転手に伝えてあったのですが、流石は中国、やっぱり約束時刻になっても運転手が現れません。 11:30発のフェリーに乗らないといけな...
権利と好意
普段は扱き下ろす事も多い中国の方々の公共スペースでの行動マナーやモラルだが、バスや地下鉄で若者が率先して年配の方々に席を譲る姿には感銘を受ける。勿論、若者の全員に全員が快く老齢者の為に席を譲るわけではないが、彼らが席を譲る姿はかなり頻繁に目撃する。 逆にけしからんのが高齢者の方々だ。席を譲られても仏頂面であたかも自分がVIPで席を譲られるのが当然といった面持でどっしりと着座、お礼さえしないケ...
大理から白族の村・喜州へ 雲南省旅行19
大理二日目は大理古城から北に20Kmの郊外にある白族の村・喜州まで足を運んでみることに。 大理からは古城西門近くのバス停で洱源行きバスに乗ればアクセスできる(所要30分、運賃7元)。 国道214号線のバス停で洱源行きバスに乗車。ある程度の乗客が集まるまで15分程待ってから出発、運賃支払い時に、喜州で降りっぱぐれぬよう運転手と運賃回収係のオバサン両名に喜州で降りたい旨を告げておく。...

コメント

  1. 7月深圳! より:

    初めまして。 7月に深圳に行くのですが、中国の雰囲気を味わいたく、ここで買い物を考えています。 偽物市とのことで、イミグレーションほどう突破したんですか? 通過の際にしつこく聞かれた経験があるので。。。 よろしければ教えてください。

    • admin より:

      7月深圳!様。
      初めまして。コメントありがとうございます!
      お問い合わせの件、模倣品の商用目的での輸出入は当然ながら御法度ですが、個人使用目的で模倣品を1品2品買う分には商標権に抵触しないかと思います(小生、法律家ではないので、模倣品の売買・輸出入は自己責任でお願いしますmm)。
      参考までに小生の場合、イミグレ通過時も堂々とTUMIの模倣品スーツケースを転がして出入国できましたし、別件で海賊版DVD1枚(非エロ)を日本に持ち返った際も、個人使用の旨を申告したら御咎め無しでした。ただ、模倣品を有償譲渡したらアウトなので、プレゼントなどで買われる場合は譲渡先から対価をお受け取りにならぬようお気を付け下さい。
      中華商人の商魂を圧し折るくらいの価格交渉、頑張ってください^^