偽物市として有名な深セン羅湖商業城での買い物体験

買物公園駅でのウィンドウショッピングも終えて、深センの羅湖に戻ってきました。

ここは香港とのイミグレがあるだけでなく、中国各地への鉄道や中長距離バスの発着地点となっており、人混みでごった返しています。

IMG_0873
中・長距離バスターミナル。上が偽物市として有名な羅湖商業城になっています。

IMG_0876
商業城の中の様子。バッグ、ベルト、時計、オーディオ関連の偽ブランド品のお店ばかり。歩いていると『社長さん社長さん』と客引きが盛んに寄ってきます。

ひだり みぎ
IMG_0875
中の様子。インドネシアのマンガドゥアと似ています。というかこういった怪しげな市場は新興国ならどこにでも目にする。

広い市場を歩き回った末に意を決して鞄屋に入ると、モンブランやTumiなどのスーツケースがズラリ。一つ目を引いたスーツケースがあるが、サイズが大きすぎる。『このデザインで機内持ち込みサイズは無いか?』と伝える。

すると。。。その大きいスーツケースをおもむろに開け、中から小さいサイズで同じデザインのスーツケースが出てきた!更にその中にはもう一つ同じデザインで小さめのスーツケースが!一つのスーツケースの中に何個もの鞄が隠されているとは…これぞ中国マジック。

『いくら?』

『800元です』

高いよ!他の店に行って比較してくる!』これを言うと値段が一気に下がる魔法のフレーズだ。お店としても客を離して他店で購入されたくないのです。

すると一気に半値の400元になりました。『他の店に行っても同じだ。時間の無駄だけ。既にお友達価格ですよ』と言うお店のお姉さん。確かに事前にネットで調べた同種のスーツケース価格は概ね300元~400元ほどだ。分かりやすく一気に相場価格まで落としてくる。

『あっちのバッグとセットだったら?』とTumiのビジネスバッグを指さす。

これは単品だと300元らしい。こっちは複数まとめ買いをすると一気にお得感のある値段になるケースが多い。(そもそも仕入れ値管理とか徹底してないだろうし)

『2つ現金で買うから400元にしてくれ!』と世間話で彼女の機嫌を伺いながら大胆な交渉にでる。

すると『OK! 420元!!あー安くし過ぎたー』と一人で言って一人で後悔しだすお姉さん。

結局420元でTumiのスーツケースとビジネスバッグを購入。初めはスーツケース800元とビジネスバッグ300元の計1100元であったし、相場的にもまあこんなもんだろう。

こちらでは外国人(特に日本人・白人)に対して結構な値段を吹っ掛けてくるところが多いので、相場を知らない弱者は高値で掴まされることになる。騙され損失を被らないためにも、自己防衛として予めネットか何かで市場調査をすることをおススメする。

ひだり みぎ
今回購入したビジネスバッグと機内持ち込みスーツケース。〆て420元。偽物の中でも『造りの精巧さ』『頑丈さ』『本物のデザインとの合致具合』でランク付けされているのだが、これはA+品。結構土産物として喜ばれるんだな、これが。

そんなこんなで深センへの日帰り旅行が終わりました。暫く先進文明から離れた生活を余儀なくされていたので、久しぶりに都会の空気が吸えて心機一転できました。

Related posts(関連記事):

高速鉄道で楽山から成都へ移動 楽山・成都旅行5
楽山大仏・東方仏都の観光を終えてから3路のバスでホテルへと帰還。シャワーを浴びてから高速鉄道で忙しなく成都へと移動する。ほんとは仏の町・楽山でもっとゆっくりしたかったんだけど、残念ながら時間の制約があり今回の楽山での滞在時間は24時間も取れんかった。 ホリデイインの最寄り駅でバスを待ってたら爺さんコンビに家買わねーかーとしつこく声をかけられた。広告を持って町を練り歩き、相手が外国人だろう...
宿泊記 天空の城 インターコンチネンタル 福州(福州世茂洲際酒店)
さぁ、一人慰安旅行でやってきましたよ、福建省は福州。 台湾とも近いからか、なんとな~くですが、街並みに台湾の地方都市感が感じられます。ねっちょりとした空気も台湾ぽいし、これで夜市があれば最高なんだけどなー。 本日の宿は、遠く台湾まで見渡せるんじゃないかというくらいの高層ホテル。こりゃ上層階は天上世界と繋がってますね。 世茂国際中心と書かれているので、ここも高層ビルが大好きな...
唐代の安西都護府跡 亀茲古城
クチャ王府を出て、亀茲古城を目指す。唐代の安西都護府跡である。 648年、西域支配の拡大を続ける唐は亀茲(現クチャ)に都督府安西都護府を設置。東は現・敦煌郊外の陽関や玉門関から西は中央アジアまでを包括する広大な西域地域を管轄する重要拠点として亀茲国は栄えた。クチャ出身の三蔵法師・玄奘は大唐西域記で7世紀の亀茲国について「東西千余里、南北六百余里、大都城は周囲十七、八里」と伝えているくらいなん...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをかけるように来週はベトナムとタイで忘年会ラッシュ。そろそろ肝臓の悲鳴が聞こえてきそうだが、当地での飲みの席では容赦無い。次から次へと一気飲みの「干杯」を求められ、楽しむというよりはどちらが多く飲めるかの...

「偽物市として有名な深セン羅湖商業城での買い物体験」への4件のフィードバック

  1. 初めまして。 7月に深圳に行くのですが、中国の雰囲気を味わいたく、ここで買い物を考えています。 偽物市とのことで、イミグレーションほどう突破したんですか? 通過の際にしつこく聞かれた経験があるので。。。 よろしければ教えてください。

    1. 7月深圳!様。
      初めまして。コメントありがとうございます!
      お問い合わせの件、模倣品の商用目的での輸出入は当然ながら御法度ですが、個人使用目的で模倣品を1品2品買う分には商標権に抵触しないかと思います(小生、法律家ではないので、模倣品の売買・輸出入は自己責任でお願いしますmm)。
      参考までに小生の場合、イミグレ通過時も堂々とTUMIの模倣品スーツケースを転がして出入国できましたし、別件で海賊版DVD1枚(非エロ)を日本に持ち返った際も、個人使用の旨を申告したら御咎め無しでした。ただ、模倣品を有償譲渡したらアウトなので、プレゼントなどで買われる場合は譲渡先から対価をお受け取りにならぬようお気を付け下さい。
      中華商人の商魂を圧し折るくらいの価格交渉、頑張ってください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。