ジャカルタ国際空港の到着ビザ支払い時のお釣りが…

やられました!先週のジャカルタ出張での失敗談を一つ。

インドネシアに入国する場合、短期出張者は現地空港到着時に最長30日滞在可能なビザを申請することになる。空港到着後、外国人用イミグレを抜ける手前に申請所があり、そこでUS$25を払うと即座にvisaを発行してもらえる仕組みだ。

私はインドネシア出張に先立て、visa代としてUS$30を会社から手渡されており、『30ドル渡すので、5ドルのお釣りをもらってきて下さい。』と釘をさされていた。

いざ空港に到着し、長蛇の列を抜けてvisaの申請所に到着。オフィサーに30ドルを支払うと…

直ぐにビザを手渡してもらいましたが、お釣りが返ってこない!

私『お釣り下さい』

すると、露骨に嫌な顔をする担当者。

私『いや、30ドル払ったでしょ?この領収書、25ドルって書いてあるじゃん。差額は?』

またもイヤ~な顔をしてゴソゴソとルピアのお札をごっさり渡してきた。

『ここはインドネシアだ。お釣りはルピアになる。ルピアの場合のお釣りはこれだ』と。

『いや、ビザ代25ドルなんだから20ドル札1枚と5ドル札1枚で払うお客さんいるでしょ!そこらへんに沢山5ドル札あるでしょ!』と抗議するも、古く擦り切れたルピアの札束を渡してきて『Next!』と列の次の人を呼ぶ係員。

後ろを見渡すと長蛇の列。まあ曲がりなりにもここはインドネシアの首都の国際空港のイミグレオフィサーだ。つり銭の額はきっちり5ドル分のルピアだろうとその時は疑いもせず、安易な気持ちでその場を去りました。

ホテル到着後、そのルピアの札束を数えてみると、2000ルピア札(≒20円)×6、5000ルピア札(≒50円)×1、の合計約170円(≒2.1ドル)と、5ドルの半分も有りませんでした。別に小生は2ドルそこいらに目くじらを立てているわけではありません。平気で適当なお釣り(?)を渡してくるという感覚に腹がたっているのです。いくらその国の世界との窓口である国際空港内とはいえ、新興国では常にお釣りの額を確かめねばたらないのだと痛感。同時に猛反。新興国では常に臨戦態勢で挑み、ガードを下げてはなりません。今後の教訓として生かしていきます。

IMG_0912
これが到着ビザの領収書。25米ドルです。インドネシア入国の際はキッチリ25ドルを準備されることをおススメします。

Related posts(関連記事):

ジャカルタ北部の道路事情
さて、行ってきました初めてのジャカルタ観光。朝食後の水風呂で気合を入れた後、08:30にホテルを出発、徒歩でマンガドゥアからコタ地区に向かいます。朝方はジャワ海からの風が吹き付けて爽快でした。 マンガドゥアもコタも北ジャカルタ、ジャワ海沿岸のすぐ傍に位置します。コタ地区は旧バタヴィアと称される旧市街地区域で、大航海時代にオランダがオランダ東インド会社の拠点として開発した区域です。こう聞くだけ...
ロイヤル スラカルタ ヘリテージ ソロ Mギャラリーホテル宿泊記
ジョグジャからソロに移動し、Mギャラリーにチェックイン。ibisマリオボロ、Mギャラリージョグジャカルタ、そしてこのMギャラリーソロと続いたマットレスランの最終駅。正式名称は“ロイヤル スラカルタ ヘリテージ ソロ Mギャラリーホテル”とくっそ長いけど、現地のベチャドライバーには単にロイヤルホテルで通じるようだ。 ホテルには10時過ぎに到着。部屋は正規のチェックイン時間である15:00まで準...
カリウランの見どころ巡りツーリング
ムラピ火山博物館の見学を終え、次なるバイタク運ちゃん推薦スポットへと向かう。 観光コースの選定はカリウランで生まれ育ったというバイタクに一任し、彼が厳選した“Top three destinations in Kaliurang”を巡ることになっている。携帯の翻訳アプリを通じてか意思疎通が図れないが、細かな仕草や表情から素朴で誠実な人柄が伝わってくるナイスガイなんで、変な所に連れ出される...
ディエン高原の不思議なカルデラ湖
神々の聖所・ディエン高原には火山活動により地盤がなべ状に陥没して形成されたカルデラ湖や池が多く点在し、中には湖面の色が七変化する不思議な湖もあるらしい。 その名もワルナ湖。ワルナとは『色』の意味で、天気や時間帯、光の当たり方によって湖面の色が七変化するとのことなので、日本で言うところの五色沼といったところだろう。 ワルナ湖一帯は自然公園的な観光地になっていて、中に入るのに入場料を徴収される...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    コメント3連発ありがとうございます^^
    ジャカルタの空港スタッフはこづかい稼ぎのチャンスを虎視眈々と狙って目をギラギラ光らせているのが印象的です。。。