ジャカルタ国際空港の到着ビザ支払い時のお釣りが…

やられました!先週のジャカルタ出張での失敗談を一つ。

インドネシアに入国する場合、短期出張者は現地空港到着時に最長30日滞在可能なビザを申請することになる。空港到着後、外国人用イミグレを抜ける手前に申請所があり、そこでUS$25を払うと即座にvisaを発行してもらえる仕組みだ。

私はインドネシア出張に先立て、visa代としてUS$30を会社から手渡されており、『30ドル渡すので、5ドルのお釣りをもらってきて下さい。』と釘をさされていた。

いざ空港に到着し、長蛇の列を抜けてvisaの申請所に到着。オフィサーに30ドルを支払うと…

直ぐにビザを手渡してもらいましたが、お釣りが返ってこない!

私『お釣り下さい』

すると、露骨に嫌な顔をする担当者。

私『いや、30ドル払ったでしょ?この領収書、25ドルって書いてあるじゃん。差額は?』

またもイヤ~な顔をしてゴソゴソとルピアのお札をごっさり渡してきた。

『ここはインドネシアだ。お釣りはルピアになる。ルピアの場合のお釣りはこれだ』と。

『いや、ビザ代25ドルなんだから20ドル札1枚と5ドル札1枚で払うお客さんいるでしょ!そこらへんに沢山5ドル札あるでしょ!』と抗議するも、古く擦り切れたルピアの札束を渡してきて『Next!』と列の次の人を呼ぶ係員。

後ろを見渡すと長蛇の列。まあ曲がりなりにもここはインドネシアの首都の国際空港のイミグレオフィサーだ。つり銭の額はきっちり5ドル分のルピアだろうとその時は疑いもせず、安易な気持ちでその場を去りました。

ホテル到着後、そのルピアの札束を数えてみると、2000ルピア札(≒20円)×6、5000ルピア札(≒50円)×1、の合計約170円(≒2.1ドル)と、5ドルの半分も有りませんでした。別に小生は2ドルそこいらに目くじらを立てているわけではありません。平気で適当なお釣り(?)を渡してくるという感覚に腹がたっているのです。いくらその国の世界との窓口である国際空港内とはいえ、新興国では常にお釣りの額を確かめねばたらないのだと痛感。同時に猛反。新興国では常に臨戦態勢で挑み、ガードを下げてはなりません。今後の教訓として生かしていきます。

IMG_0912
これが到着ビザの領収書。25米ドルです。インドネシア入国の際はキッチリ25ドルを準備されることをおススメします。

Related posts(関連記事):

聖地の中の地獄谷・シキダン地熱地帯
ディエン高原は巨大な火山地帯にあり、高原全域がカルデラ盆地になっているので、所々で噴気孔からモクモクと白煙がたなびく様子が観察できる。ジョグジャから来る途中に見た煙も焼畑によるものではなく噴気孔からの蒸気煙だったんだろう。火口原ならではの現象で、ディエン高原には地中から噴出する蒸気で直接タービンを回し発電機を駆動して電気を得る地熱発電所まで有るらしい。生きた火山にいることを実感させられる。 ...
ジャカルタの鉄道に乗ってみた
ジャカルタを走る鉄道はKRLジャボタベックと呼ばれ、インドネシアのジャカルタ首都圏に住まう庶民の足となっている。ジャボタベックというガンダムに出てきそうな名前は、ジャカルタ首都圏の各衛星都市の通称であるJakarta、Bogor、Depok、Bekasi、Tangerangの頭文字が組み合わせられたものらしい。 ジャカルタ都市圏の鉄道の電化計画には日本も深く関与していて、日本のODAによりジ...
ガルーダ航空国内線ビジネスクラス B737-800
定刻通りに搭乗開始となったジョグジャカルタ行きGA202。外は未だ真っ暗闇の中、ボーディングブリッジを通り機内へと進む。初のガルーダ・インドネシア航空だ。社名の「ガルーダ」は、言わずもがなインドネシアの国章でもあるヒンドゥー教の神鳥ガルーダに由来するもの。ヴィシュヌ神を乗せ、炎のように光を発しながら天空を駆け抜けたと言われている伝説の鳥・ガルーダだが、今日では神ではなく普通の一般客を運ぶ役割へと都...
ジャカルタ【スカルノハッタ空港】
今回の出張も接待の連続で体力的に瀕死状態での帰国を余儀なくされた。重い肝臓とスーツケースを引きづり、いざスカルノハッタ空港へ。この名前、何だか聞いたことがある!そうです。通称デヴィ夫人こと根本七保子さんの亡父であり、インドネシア国初代大統領のスカルノ氏と同副大統領のハッタ氏の名前が空港名の由来となっているそうです。 到着後はさっさとチェックインを済ませて足早に出発フロアへ 搭乗ゲートに...

コメント

  1. maricotori より:

    SECRET: 0
    PASS:
    サバイバル…….
    勉強になります!外国では、恥や遠慮を捨ててきっちり、粘らねば、ですね!