中国 面白お菓子

中国に戻り、さっそく興味をそそるスナックを発見。
IMG_0702
その名もサーモン寿司味ポテトチップス。

ご丁寧にわさび粉も付いてて『左ふりふり 右ふりふり』と混ぜて食べるみたいだ。

珍珍というブランド名からも何とも言えない独特のセンスを感じる。

いざ開封してみると、中にはポテトチップス用の大袋とワサビ粉用の小袋が入っている。さっそく大袋を開け中を確認すると、、、!!!!!??チップスが無い!!ポテトチップスが全部粉々に粉砕されてパウダーになってる!!!いくら商品管理が杜撰な中国でもこれはアウトだろ!チップスは何処だよ!!!チップスは!!せっかく珍珍の為に良いレビューを書こうと思ったのに、食べる前から完全に意気消沈だ。

まあでもとりあえず勿体ないのでワサビ粉を投入して左ふりふり右ふりふりしてパウダーを飲んでみる。

肝心のお味は…
ん?
ただのコンソメパンチ……
完全にカルビーのコンソメパンチ味です。パウダーになって味が変わったのか?サーモンは何処にいったんだサーモンは。

くっそ。

サーモン味をウリにしておいてサーモンの味は微塵もしないという詐欺は、魚香肉飯という、いかにも魚と肉がてんこ盛りに入ってそうな料理の中身の60%ご飯、39%野菜、1%肉と魚という近所のレストランのやり方に通じるものを感じる。

Related posts(関連記事):

インターコンチネンタル上海EXPO 宿泊記
待ちに待った土曜日、仕事での疲れを癒すべく地下鉄を乗り継いでインターコンチネンタル上海EXPOを目指す。最近は週末に時間が空く度にホテルに癒しを求めるような生活が続いていて、ホテルへの“試泊”やホテルのオンライン検索が唯一の趣味みたくなってしまってる。本当タチ悪くてね、行けっこないモロッコはカサブランカあたりのホテルまでプライスウォッチして値段が下がる度にニヤニヤするという気色の悪いハマりようなん...
孫中山記念堂~ 革命 いまだならず、同志なおすべからく努力すべし~
孫文といえば中国の政治家・革命家であり初代中華民国臨時大総統としてしられる中山市が生んだ偉人。辛亥革命を起こした人物で「中国革命の父」や国父、「近代革命先行者(近代革命の先人)」として近年「国父」と称される。孫文の生まれ故郷である中山市には孫分に因んだ名称を至る所で見ることができます。博愛路・孫文路・博愛病院・孫文路・中山公園etc...市内全体で孫文が崇め祭りたてられております。 こういっ...
中国でも楽しめるロマンチックなナイトクルージング
引越しなどでバタバタしていて更新がだいぶ滞ってしまいました。 荷物の搬送も終わり落ち着いたところで、今日は孫文故居・中山城に続く中山の観光の目玉・岐江クルージングをご紹介させて頂こうと思います。岐江とは中山市の市街地を二分するように流れる河川の名前で、岐江の中腹にある岐江公園内にクルージング乗り場があります。 シェラトンホテル(喜来登酒店)側から公園に入り、直進して1~2分。 ...
世界遺産の街・江門~開平
本日は終日オフだったので、広東省江門市・開平市にブラリ日帰り旅行に出かけてきた。 今朝、今回の小旅行を思いついて、出発前に簡単に江門市に関して簡単な事前調査を行った。ちなみに江門市は「えもん」ではなく「こうもん」と読むらしい。そこは「えもん」で行こうよーーー。 ●基本情報 ・広州市の南南西約65km。 ・総人口414万人の中級都市。面積が違うが、日本の市町村で最大の人口を誇...

「中国 面白お菓子」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    サーモン味うまい!!って言っても刺身は食べないんですよね、こっちの方。。。そのわりに『サーモン味のチップスうまい!』『サーモン味のガムうまい!』ですから笑ってしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。