シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西欧の小都市の香りが漂うダラットフラワーガーデン


愛の街』『常春の街』以外にも花の都という字名で呼ばれるダラット。標高1500mで寒すぎず暑すぎず安定した気候に恵まれている為、年がら年中、彼処に色とりどりの花々が咲き乱れる美しい街である。その花の街の中でも絶品フラワーアートを鑑賞できるのが、350種類もの品種の花木が咲き誇るダラット・フラワーガーデンだ。桃や梅の花、キンカン、ケイトウ、バラ、スミレ、ダリア、菊、グラジオラス、ガーベラなどなど何でもござれ!

445
花弁の集合体で造られた巨大エントランスゲート。毎年ここで開かれるフラワーフェスティバルにはベトナム全土から数十万人が大挙して押し寄せるそうだ。

ひだり みぎ
私は特にフラワーアートに造詣が深いわけでもないが、素人が観ても感銘を受けるくらいに美しく整備された色彩豊かな花木が庭園一面に広がっている。先ほど行ってきた愛の盆地といい、ダラットがハネムーナーのメッカと称されるのも頷ける。

447
所々にスプリンクラーが作動していたり係員が水撒きしたりしているが、近くを歩く訪問客に対しては鈍感なようで、度々水をぶちまけられそうになった。

448

449
この房になって垂れ下がっているのは何だろう。ミニソーセージツリー??

ひだり みぎ

455
どことなく日本庭園ぽくもある一角の向こう側には五重塔が!?

456
近くで見ると、ダラット特産品のダラットワインの空き瓶で造られていました!!花と関係ないじゃん!とは思うが、何百・何千本のワインのボトルが立ち並ぶ姿は圧巻です。

458
庭園の横に広がる小高い丘の上にはビニールハウスもあり、温室栽培している植物も展示されている。アジサイ、蘭、バラの花、菊、観賞用唐辛子など数多くの種類の花が見られますが、最も多く栽培されているのはバラの花のようだ。

459
空気は澄んでいて気持ちが良いし、見晴も抜群で、いつまででも芝生に寝転がっていたいと思うのだが、蚊の大群に要注意。

460
丘の上にはオランダを想起させるような石造りの風車まで。なんだか本当に西洋の小都市に迷い込んでしまったようである。

ひだり みぎ
ベトナムでは赤色と黄色の花や実が悪魔除けと幸福をもたらすとして人気を博しているそうだ。そういやダラット市場でもこの2色のフラワーアートが多く売られていた。花々もそうだが、丘の向こうに見えるフランス風ヴィラも良い味を出している。

ひだり みぎ
遠くに臨む洋館とスアンフーン湖。全てが絵になります。

468
中には園芸とかガーデニングとは全くもって関係ない意味不明なモニュメントまでありますが、それもご愛敬である。

469
ジョニーデップが睨みを利かすこちらのアトラクションなんてのも園芸に一切関係ないし…俗に言うバイキングという人気アトラクションだと思うが、利用客はおろか、スタッフさえいない始末で、機械自体が寂れてしまっている。セーフティーバーすら備え付けられていないから、もしかしたら形だけの置物なのかもしれないな。

それでもまぁ敷地面積7000㎡にびっしりとフラワーアートの魅力とポストカードで見るような美しい西欧的情景を楽しむことができる。ハノイやホーチミンで感じるものとはまた違ったベトナムの一面も見れて、良い息抜きになったわい。


住所:2 Tran Nhan Tong, Da lat
電話番号:063 3821 758
営業時間:7:00-18:00
入場料:2万ドン

Related posts (関連記事):

しつこいぞ!ホーチミンのバイクタクシー
ベトナムの観光地には必ず屯しているセオムと呼ばれるバイクタクシーのドライバー達。昼下がりにドンコイ通りを歩こうものなら『友達!』『今、暇?』『アナタ、どこ行く?』『チョロン(中華街)いいね!』『オッパ...
不気味なパペットが踊るタンロン水上人形劇場
ベトナムの伝統芸能というと…う~ん、いまいちぱっと思い浮かびません。 失礼ながら何となく文化的にほとんど中国の二番煎じという印象をベトナムに対して抱いてしまっておりますが、ベトナムが誇る古代からの伝...
孔子が眠る文廟と国中の秀才が集まった国子監
1010年に李王朝の都と定められて以来ベトナムの中心でありつづけた長い歴史のある街・ハノイ。もちろん今もベトナム社会主義共和国の首都であり政治の中心地となっている。“カラフル”、“モダン”、“エネルギ...
日中建築文化を調和させた進記家(タンキーの家)
結局、貿易陶磁博物館でも総合チケットを消化せず…おいおい、これ、余ったら返金できないの?できないよなー。ということで、川べりを散歩しつつ、日中折衷の伝統建築が残るという進記家(タンキーの家)という場所...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする