バイクチャーターでダラット観光へ ~霊光寺~

早朝のダラット市場をぶらぶら冷かした後は、バイタクでの観光を始めるべく行動開始。今日はざっくりダラット市場⇒霊光寺⇒クレージーハウス⇒バオダイ宮殿⇒ケーブルカー⇒竹林寺⇒ダランタ滝⇒ダラット駅といった計画を組んでいいる。本日の足を確保する必要が有るので、路上でバイクに跨り手持無沙汰にしていたおっさんに声をかけてみる。バイタク夫ではなく一般のオヤジの可能性があるが、この際しょうがない。面倒なので片っ端からそれらしき人達に声をかけていく作戦を取る。

ダラット市場からロープウェイ乗り場までの旅程を書いた紙を見せ、このルートで半日チャーターする場合はいくらだと問いて回るも、最初の数人は不発で、こちらの意図すら分かってもらえず、お互い言葉が分からず気まずさのあまりに苦笑いし合うだけになってしまった。やっぱりこういう交渉はベトナム語ができないと無理なのか…半ば諦めながらも5人目の男に声をかけると、歯をむき出し全開にした満面の笑みで500,000ドン(約2000円)と紙に書いてくる。おっ!こいつには私の意図が通じた!ここで100,000ドンにしてくれと私。一気に言い値の5分の1なので大胆過ぎる値切りかとも思ったが、運転手は取り乱す様子もなく、なおも真っ黄色い歯をむき出しに、では120,000ドン(500円)と運転手。観光一日目の市内⇔愛の盆地間のメータータクシーで200,000ドンかかったことを考えれば安いものだと判断し、この男にお願いすることに。

746
スピード狂ばかりのベトナムにあって、安全運転がモットーの彼。言葉の問題でまともなコミュニケーションは取れなかったが、態度は至って誠実なナイスミドル

745
早速バイクに跨ると、彼のかぶるヘルメットの後ろにはリアルな目鼻が描かれている…決してセンスの良いデザインとはいえない、というかはっきりいって気持ちが悪い

バイクに乗りこの目鼻と対峙すること10分、霊光寺に到着。
578

608

582

ひだり みぎ
獅子が笑い龍が舞う。何だか地上の竜宮城に来たかのような御伽噺的な雰囲気だ。

ひだり みぎ
浦島太郎にお姫様?

こちらには西遊記の御一行とみられる方々が…
ひだり みぎ
たるんだ腹と胸がリアルな猪八戒にまさかのスキンヘッド沙悟浄…髭と眉毛はいやに濃いのに髪の毛はどうしたっていうんだ。

ひだり みぎ
続いて三蔵法師そして孫悟空も列を成している。この圧倒的なフェアリーテールのごちゃまぜ感。なんなんだこのお寺は。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
タレント集団が揃っていて、面白キャラには事欠かない。やたらと目力があったり、我修院達也 もびっくりの海苔みたいな眉毛してたり…きっと一体一体に深い仏教的意味合いが込められているのだろうが、仏教徒でもない私にはどうしても彼らがお笑い要因に見えてきてしまう。申し訳ない。

ひだり みぎ

603

ひだり みぎ
残念ながらご住職は不在にしていたようだが、仏像やアニメキャラのフィギュアのような可愛らしい像が多く立ち並んでいるので、どうやら萌え系に走る寺院のようだ。

参拝(!?)を終えてバイタクの待つ寺院入り口へと戻ると、何故だかバイタクが2台になっていて、ここまで運んできたくれた運転手が時計を指差しながら何かを言っている。どうやら、我用事有り、フレンド(バイタク2号)のバイクに乗って行けと言っているようだ。急用ができたのでピンチヒッターを手配したのか。本当にバイタク2号についていって大丈夫だろうか。ダルシムのように肌が黒く骨と皮だけに痩せ細っており、人相的には良くないが、悪い人ではなさそうだ。ダルシム似に悪い奴はいないだろうという。料金は120,000で変わらないことを確認し、バイタク2号と共にクレージー・ハウスを目指すことに。

霊光寺

住所: Phuong 6, Da Lat, Lam Dong.
電話: +84 63 3825 431

Related posts(関連記事):

ジャズ in ベトナム
土曜日の夜、食後に道端で 『Sax N Art Jazz Club』というシャレたJazzバーを発見。ベトナムでジャズの生演奏?ちょっと半信半疑ながらも覗いてみることにしました。 敷地は広くないものの、非常に目立つ造りとなっています。 場所はLe Loy St.。Saigon Centerの道を隔てた反対側になります。 本日のイベントリスト。生演奏は21:00からのスタートと...
CX766 SGN⇒HKGにB777-300(77H)が降臨した
えっ、330-300が定番のホーチミン⇒香港にまさかのB777-300(77H)降臨。飛行時間2時間半程度のフライトにシラスは勿体ない気もしたが、飛行距離1200マイル以下の片道のビジネスへのアップグレードは12,500マイルと高くもないので、勢いでMクラスからポチっといてみる。 さて、出発前夜は日式カラオケでウィスキーを浴びるように飲み、意識が朦朧とする中をタンソンニャット国際空港へと向か...
バックハーのカラフルサンデーマーケット
けたたましいベトナム人のイビキと共に夜行列車に揺られること9時間、朝の6時ちょうどに寂びれた国境の街・ラオカイへと到着する。このラオカイ、中国との国境の接している為、漢字名もあったりする。その名も老街。ええ、その名の通り、本当に古びれた辺境地の小都市といった印象だ。駅前に屯していた数多のタクシードライバーの勧誘攻撃をしなやかに往なしつつ、事前に予約をしていた駅前のホテルへと足を運ぶ。SPG修行中だ...
JL752 ハノイー成田 B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
ハノイから帰りの便は社畜殺しの短距離レッドアイであるJL752。現地時間00:25(日本時間02:25)出発で成田到着が07:10と飛行時間04:45ですからね。ハノイで退勤して一次会接待までした後に機上の人となり、ちょっと仮眠をとったと思ったら着陸前にネクタイ締めてから出社…なんて激務も辞さないモーレツサラリーマン御用達の便である。 2014年末に完成したハノイ・ノイバイ国際空港第2タ...