シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人質の身


アウチ!!出張中のベトナムにて以前にも発生した不良問題が激しく再燃、抜本的解決が為されるまで人質としてベトナムに留まることになり、国慶節の一時帰国の日程を後ろ倒しする羽目に…

日本での仕事と一番異なるのは、こちらでは『若手だから』という言い訳が効かないような責任感のある仕事を任せられるという点であろうか。一部上場企業の本社社長クラスとも折衝の機会があったりと、日本では考えられない程の大役がバシバシ回ってくるので、仕事の責任は重く、問題が発生した時は自らが当事者として体を張らねばならない。これも宿命だと思って自分の成長に繋げたいとは強く思うが、ベトナムで人質になるのは本望ではないし、問題が早期解決されて一刻も早く解放されるよう切に願う(涙)早く日本に帰らせてくれ!!

Related posts (関連記事):

孫文の故居
今日は中国近代革命の先駆者と中国内外から仰がれる孫中山(=孫文)の故居を訪問してきました。 1911年の辛亥革命の結果、中国で300年続いた満州族の王朝である清朝が滅び、中華民国が成立。その辛亥...
中山城・日本景区
前回からの続き。 上海孫中山故居を抜けて直進すると、日本景区に入ります。 孫文は広州での武装蜂起に失敗後の1895(明治28)年に亡命目的で日本を訪れて以来、1924(大正13)年までの約...
中山の目抜き通り孫文西路~中山中路
今日は中山市のメインストリートの一つ、孫文西路のご紹介。 この孫文西路は隋唐時代から800年の歴史を持つと言われる歴史的な街路です。1997年からは政府主導で大々的な修復が行われ、現在は距離52...
銃を持つ民主主義
『銃を持つ民主主義』 共同通信社のワシントン支局長などを歴任され、現役引退後も精力的にフリーランスのジャーナリスト活動を続けられている松尾文夫氏の代表著書の一つである。松尾氏は1945年、疎開先...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする