宿泊記 シェラトン チュニス アフリカ最北端のリゾート地

モロッコのカサブランカから、チュニジアの首都・チュニスにやってきました。「え、どこそこ?何それ、美味しいの?」って声が聞こえてきそうなマイナー国のマイナー都市ですね。 正直、自分でもなんでこんなとこに来たいと思ったのか分かってなく、モロッコとエジプトの間にあってビザ無しで入れたんで立ち寄ってみたくらいの軽~い動機っすからね。入国審査官に渡航目的を聞かれて回答に窮しましたもんw


チュニジアはアフリカ最北端にあり、西にアルジェリア、東にリビア、北に地中海、南にサハラ砂漠と接する北アフリカの小国で、チュニスはその首都になります。ただ、アフリカ大陸にあるといってもアフリカ感は殆どなさそうです。地理的にはシチリアまで200kmとヨーロッパの直ぐそばですし、歴史的にも文化的にもヨーロッパやイスラム世界との結びつきが強いですし。

【超絶大雑把なチュニジアの歴史概要】
紀元前10000年頃:カブサ文明が興る⇒ベルベル人の繁栄
紀元前11世紀頃:地中海の覇者・フェニキア人がやってくる⇒カルタゴ造営
紀元前146年:イケイケローマ帝国に屈してローマの属州に
5世紀:ゲルマン人が攻め入ってくるも、ビザンツ帝国により滅ぼされる
7世紀:アラブ人勢力下に
1881年:フランス保護領に
1956年:独立

空港に降り立つなりうじゃうじゃと視界に入ってくる人たちも、アフリカの人!と聞いて連想しがちなサンコンやボビーオロゴンさんとは全然違いますし。寧ろ白人さんがいたりとムスリムがいたりでヨーロッパと中東が混じったような空気感っすね。ザ・ホワイトアフリカ。
ひだり みぎ
空港の外も、澄んだ青空の下にヤシの木が立ち並んでいたりと地中海リゾートらしい開放的な雰囲気です。テロがあったり革命がおきたりと少なからず危険で野蛮な場所なんじゃね?的な先入観を吹き飛ばしてくれる圧倒的な爽やかさです。


空港から宿泊先のシェラトンチュニス(Sheraton Tunis)まではタクシーで10分弱で、運賃も4.2ディナール(≒150円)と激安。こちらからお願いする前に普通にメーターを倒してくれましたし、5ディナール払うと小銭まで用意しようとする非常に誠実な運転手でした。イケるやんチュニジア!

ひだり みぎ
空港からも市内から車で10分ほど離れた丘の上にポツンと建つシェラトン。町の外れにあるだけあって、敷地は広々としていてリゾートホテル的なゆったりとした雰囲気です。オンシーズンはヨーロッパからの観光客で賑わうんだろうなー。

ひだり みぎ
ところどころに古代ローマ帝国的なモザイクアートなんかも飾られてたり。マッチョな古代ローマ人がフェミニンなスケスケおパンツ履いてるギャップに笑いますわ。エロエロか!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
広い敷地内の探索を終えて館内に入ると、ロビー周りもピッカピカで良い意味で驚かされました。色んなところにさりげなく幾何学模様があしらわれていてマグレブ感もたっぷりだし。カサブランカの酷いハズレシェラトンからやってきたから余計に素晴らしく思えます。

従業員の対応もスピードに難ありでしたが、リゾート地のホテルだからか非常に丁寧で客慣れはしているようでした。

部屋:Deluxe Club Room with Balcony

ひだり みぎ

スイートへのアップグレードはならず。でも十分に広々としてて良い感じ。マットレスだけはちょっとショボかったですが、ところどころにさりげなくアラブ情緒を感じさせる家具や写真が入れ込まれていたり、旅行気分を高めてくれる演出が嬉しいっすね。

ひだり みぎ
バスルームはちょっと薄暗いけど総石貼りでシェラトンらしい高級感を感じさせます。神聖なるビデも付いてます。

ひだり みぎ

盛り沢山なウェルカムスイーツにウェルカムフルーツ。シチリア島の近くだけあってチュニスもレモンなどの柑橘系の名産地なのか、外の屋台でもやたらとレモン、シトラス、グレープフルーツを見かけました。ミキサーにかけてジュースにするもあり、レモネードにするもあり、絞って料理の味を引き立てるのもあり、そしてそのまま食べるのもありと、用途も様々。柑橘類天国です。



地中海から吹き付ける爽やかな海風を受けながらレモンを丸かじりしてみると、不思議に爽やかな味のように思えてきます。

ひだり みぎ
昼は爽やか夜はしっとりと。部屋の雰囲気が実に良く、ついつい部屋にこもりがちになってしまいます。

ひだり みぎ
ついつい昼間っからグビりたくもなりますね。
ワインオープナーが無いので持ってきてもらうようお願いしたら、バリバリにネクタイとベストで決めたバーテンのムッシュが来てくれたんだけど、コルク抜くのにめちゃくちゃ苦戦してて反応に困ったw ワインはあまり馴染みがないのでしょうか…

クラブラウンジ

ひだり みぎ
今日からちょうどラマダン入りということもあってラウンジが開いてるのか心配してましたが、普通に営業してくれてました。他に誰も利用客いませんでしたけどね。スタッフもほぼ不在で、30分に1回くらい気怠そうにパトロールしにくるような体制でした。

イブニングカクテル:
ひだり みぎ

ミールとドリンクの内容は2日とも全く同じでした。ドリンクは瓶の地ビールとハイネケンにぶどうジュースのようなご当地ワインの赤・白。ミールはカナッペ、サラダにメインはチキンスキュワー、サモサ、そして野菜と肉のグリルプラッター。


ラマダン中に陽が落ちる前から暴飲暴食。いやー、背徳感があって堪りませんw

朝食:
ひだり みぎ

朝食も2日とも同じ内容。全部ぶっこんでグリルしてやった!的な大味な男の料理感が良いっすね。


レモネードが酸っぱ美味しかったのと、靴底みたいなステーキが硬くて美味しくなかった。

あと、コーヒーメーカーが壊れてましてねこれ、使えなくないっすか?コーヒーメーカーの計上したただの置物ですか?って聞いたら、めっちゃ爽やかに「はい!壊れてます!」って返ってきたw 壊れてるなら直そうよ。そして、代わりのコーヒー用意してくれよw

【シェラトン チュニス(Sheraton Tunis)】

所在地:B.P. 345, Avenue de la Ligue des Etats Arabes, Tunis 1080
公式サイト:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tunsi-sheraton-tunis-hotel/
電話:+216 71 100 300

Related posts(関連記事):

宿泊記 圧巻の異世界感 パリジャンマカオとエッフェル塔
待ちに待った2019年ゴールデンウイークが開幕! 今年は、東京から香港(マカオ)⇒シンガポール⇒ドバイ⇒イスタンブール⇒バルセロナと変態ルートで小刻みに飛行機を乗り継いで、ユーラシア大陸の最西端であるポルトガルを目指します。 先ずは香港でのストップオーバーの機会を活かし、対岸のカジノシティ・マカオまで行って今後の旅費を稼いできたいと思いますw…というのは冗談で、香港よりマカオの方がホテルが...
シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記
この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に於いて偉人の名前を取った唯一の都市らしく、そんな訳で中山に足を運ぶ度に稀代の革命家・孫文の顔が頭に浮かんできてしまうのである。 学生時代、阿片戦争⇒孫文出現あたりの世界史授業は胸アツで聞いてた覚...
Dhavara Boutique Hotel (ダバラ ブティック ホテル ビエンチャン)宿泊記
ビエンチャンでのお宿はDhavara Boutique Hotel(ダバラ ブティック ホテル ビエンチャン)にお世話になることに。 ラオスってまだまだグローバルチェーン系ホテルの進出は殆どなく、首都のビエンチャンでもメルキュールやイビスなどのバジェット系アコーホテルズがあるくらいという寂しい状態にある。 そんな中でビエンチャンでのホテルをどうするか。ポイント乞食的にはアコーのキャンペーン...
宿泊記 ルネッサンスリゾート鳴門(現アオアヲナルトリゾート)
タフな一週間を乗り切った自分へのご褒美にJALのぶっ飛びカードでの空の旅を。偶然引き当てた縁もゆかりも無い阿波国へとぶっ飛びますよ~。 鳴門のルネッサンスがマリオットから脱退する前に泊まっておきたかったので、まぁ徳島はタイミング的には良い“引き”だったのかな。 ルネッサンスナルトは3月末をもってマリオットグループから脱退、2019年4月1日からはアオアヲ ナルト リゾートとして営業して...