宿泊記 リッツカールトン東京 ビューバス付きミレニアスイート

ある日、何の前触れもなく縁もゆかりもないアメリカのユタ州から郵便物が届きましてね。モルモン教徒からの勧誘!?と恐る恐る見てみたら、マリオットボンヴォイの事務局からでした。


送られてきたのは、アメリカンサイズの巨大なラップトップケースとアンバサダーステータスの会員カード。アンバサダーステータス達成おめでとう!ということらしい。今年でSPG時代から含めるとプラチナ以上のステータスは7年目ですが、ギフトが送られきたのは初めてです。使い道ないですがw

これで、ちょうど思い出しました。マリオットのカテゴリー8の運用開始前に、リッツカールトン東京の部屋を駆け込み予約してたんでした。
ひだり みぎ
オッサン一人で泊まるようなホテルでもないんだけど…せっかく予約してたんで、行ってきましたミッドタウン・タワー。この六本木に聳え立つ高層ビルの45階から53階にリッツカールトンが入ってます。世界のザ・リッツ・カールトンに相応しいロケーションっすね。


品のあるドアマンの方々に迎えられながら館内へと入り、専用エレベーターで45階のロビーに向かいチェックイン。地上200メートル、都会の喧騒を離れた最上の贅沢へ…

チェックイン

チェックインでは、さり気なーくさり気なーくゲストの情報を引き出そうとされてるのかなーといった若干の探られ感のある対応でした。で、ここで一回ワイが咳払いをした流れから「お風邪を召されてますかー?」という会話の流れになって、「部屋番号○○のポンズ氏、風邪気味」というゲスト情報がチーム内に共有されたんでしょうねw 部屋に着いてから速攻でアイマスクとお茶の差し入れが入りました。お風邪がよくなるようにって。嬉しいですよね、こういう細かなお心遣い。

チェックインからパーソナルな宿泊体験が始まってるんですね。積極的にゲストに関与して尽くさんとする姿勢、さすがはリッツカールトンと思わせてくれるエピソードでした。

アンバサダーベネフィット


今はメンバー特典が改善されたらしいですが、2019年当時のアンバサダー特典は下記の通り。アンバサダー会員だからといって規約上の特典がプラチナ会員より多いということはありません。

20%レストラン割引
75%ボーナスポイント
1,000ポイントのウェルカムギフト
ヒートエクスペリエンスの無料ご招待
午後4時までのレイトチェックアウト
一つ上のランクへ無料客室アップグレード
10%ギフトショップ割引


部屋のアップグレードという部分については、アンバサダーステータスということで優遇頂けたのか、ポイント泊にもかかわらずミレニアスイートをご用意頂きました。ビューバスと東京タワー&スカイツリービューがウリの人気部屋のようです。

部屋:ミレニアスイート


公式サイトから借用した間取り図。

部屋に入ると、いきなり正面に噂のビューバスが姿を現します。

ミレニアスイートは、リッツカールトン東京でビューバスを備えた唯一のルームカテゴリー。タワースイートやカールトンスイートといった上位ランクのスイートには無い魅力があるということで、一部客層から絶大な人気を得ているようです。


バスルームの奥に、手前にベッド、奥にリビングスペースと続く間取りになっています。

ひだり みぎ
流石に高級感あるベッド周り。ベッドの背後から爽やかな光が差し込んでいて、なんか神々しい雰囲気ですw


枕元にはUSBポートもバッチリ。

リビングスペースはコーナースイートならではの圧巻の2面ビュー。モノクロチックな東京の町に真っ赤な東京タワーがよく映えます。

なんかガラスに細工してる?と思えるくらい、東京タワーが近くに見えた。旧ウェスティンナゴヤキャッスルみたいに窓ガラスに工夫が施されてるのだろうか。

ひだり みぎ


デスクからもダイナミックな東京ビューが楽しめます。こういうところで仕事したら、インスピレーションが湧いてくるんだろうなー。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
夜のしっとりとした雰囲気もまた素敵。


浴槽からも煌びやかな東京の夜景が。やっぱここはオッサン一人で泊まっちゃダメだったんだ!

ヒートエクスペリエンス



プールだけでなく、プラチナ会員以上はドライサウナ、スチームサウナ、温水・冷水バスが揃ったヒートエクスペリエンスも無料で利用できます。これは流石はリッツという設備で、他のホテルとはちょっとレベルが違いました。


汗を流した後の冷たいお絞りやジュースもまた最高。極楽浄土か!

食事

お腹が空いたのでホテル内で食事でも…と思ったんですが、一人だとレストラン這いずらい雰囲気だったんで、近くの麺屋で稽古を積むことにしました。自分の中で、六本木=麺屋武蔵 虎嘯なんですよねw

出張ロード明け、いつもの麺道場で胃拡張稽古。ここ、麺1kgまでの増量とスープのお代わりが無料なんですが、無条件に1kgを注文しようとしなくなったあたり肉体的な老いを感じつつ。


麺1kgは入らなくなったけど、麺大だけだと逆に足りないのでエクストラチャーシューをトッピング。これでも結構いっぱいいっぱいなんだから老いって怖い。
ベテランになって技巧派へと投球スタイルを変えてくパワー系ピッチャーみたいに、ワイもそろそろプレースタイルを見直してサラダとかフルーツとか食べ始めるべきキャリアの曲がり角に差し掛かったのかもしれん。

…なんかすみません、今回は全くもってホテルにお金を落とせなくて。もっと特別な機会にまた来ますんで勘弁してください。

【ザ・リッツカールトン東京(Ritz Carlton Tokyo)】

所在地:東京ミッドタウン, 9丁目-7-1 赤坂 港区 東京都 107-6245
電話:+81 3-3423-8000
公式サイト:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/tokyo

Related posts(関連記事):

宿泊記 アロフト東莞ダイナミックタウン Aloft Dongguan Dynamic Town【東莞じゃない】
昨日はホテル名に「深セン」とあるのに東莞との市境にあって不便極まりないコートヤード深セン宝安をご紹介しましたが、今度はその逆パターン。ホテル名に東莞とあるのに深センにほど近い辺鄙なところにあるホテルをご紹介します。 その名もアロフト東莞ダイナミックタウン(東莞活力城雅楽軒酒店/Aloft Dongguan Dynamic Town)。マリオットリワードカテゴリーは最低ランクの1で、一泊7,5...
トゥエルブ衡山 ラグジュアリーコレクションホテル 上海 宿泊記 Twelve at Hengshan
この日の宿泊先も旧SPG系列のホテル。お初となるトゥエルブ衡山ラグジュアリーコレクションホテル上海(上海衡山路十二号豪華精選酒店/Twelve at Hengshan, A Luxury Collection Hotel, Shanghai)に泊まってみることに。ここは宿泊費もずーっと強気で天下のリッツカールトンよりもお高い1,000元台後半で高止まりした状態が続いているし、マリオットリワードカテ...
カタール航空アルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)
ドーハに着いて先ず向かうはドーハ名物・カタール航空のアルサファファーストクラスラウンジ(Al Safwa First Class Lounge)。 このアルサファラウンジ、何が特別かって、羽田や香港のファーストクラスラウンジとは異なりワンワールド上級会員ステータスの印籠をもってしても入ることはできず、ファーストクラス利用客のみが入室を許されるという敷居の高いが高く特別なラウンジなんですわ。バ...
Mr.Rebates大型キャンペーン再び
またまた来ました、ホテル修行僧に一推しMr. Rebates(ミスターリベーツ)のボーナス祭り。今回はIHGのみならずヒルトンやマリオット・アコー・ベストウェスタン等のグローバルチェーンの他、booking.comやhotels.comなんかの予約サイトも対象の大型キャンペーンとなっている。 基本還元率 現在の還元率 現在10万円利用時の還元額 ヒルトン 3% ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。