マカオの水上スペクタクルショー 水舞間 ハウスオブダンシングウォーター

今更ですが、マカオ観光の定番ショー、ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターを見てきました。

“サーカスでも、オペラでも、ミュージカルでもない全く新しいタイプのエンターテインメントショー”というような表現で紹介され始めたのが10年ほど前っすか。
初演から10年もの長きに渡って世界中からの観光客を魅了し続けてる、色々と規格外な水上スペクタクルショーっす。


20億香港ドル(250億円)の工費をかけ作られた壮大な舞台装置と、超人キャスト陣による人間技とは思えないアクロバティックなパフォーマンスがウリ。トレーラー映像を見るだけでワクワクしてきますね。

予約方法・料金

kkdayveltraといった代理店でも買えますが、今回は座席の選択が可能なハウスオブダンシングウォーターの公式サイトで予約しました。Veltraは公式サイトより安かったんですが、座席エリアまでしか選択できず席番まで確定できなかったので…

公式サイトでのチケット購入の流れ:
日付・時間(17時〜 or 20時〜)を選択
チケットの購入枚数を選択
座席のエリア(VIP・A席・B席・C席)を指定
座席を指定
チケットを確定
カートにいれて精算
精算後、メールでバウチャーが送られてくる
チケットオフィスでバウチャーを見せチケットを入手

座席料金:

VIP:HK$1,498
A 席:大人HK$998、子どもHK$798、マカオ居住者・学生・高齢者HK$898
B 席:大人HK$798、子どもHK$638、マカオ居住者・学生・高齢者HK$718
C 席:大人HK$598、子どもHK$478、マカオ居住者・学生・高齢者HK$538

今回は舞台正面最前列のA席の420番を選択しました。ずぶ濡れ必至のかぶりつきスプラッシュ席っすね。

開催時間

基本的に火曜日水曜日が休演日で、毎日17時・20時の2回公演。

シーズンによってはイレギュラーな開催になる可能性もありますので、最新情報は、公式サイトでご確認ください。

開催場所


公演が行われるのは、コタイ地区のシティー・オブ・ドリームズ内の専用劇場。
マカオ空港やフェリーターミナルから移動する場合は、シティオブドリームズの無料送迎バスに乗れば無料でアクセスできます。


初のシティオブドリームズ。一歩足を踏み入れただけでこの異世界感、これは確かに夢にまで見た夢の都ですわw


こちらはシティオブドリームズ内のグランドハイアット。そういやマニラのシティオブドリームズにもハイアットが入ってましたよね。


今回はハイアットは今スルーして、ハウスオブダンシングウォーターのチケットオフィスへ直行。ここでメールに付いてたバウチャーを見せチケットに交換してもらいます。


ちょっと前まではA席HK$980だったんで、微妙に値上がりしてますね。
開幕当時はHK$880だったんで、10年で約1,500円の値上げっすね。ここ10年で2,000円の値上げとなったディズニーよりは微妙に良心的でしょうか。

ひだり みぎ
入場券を手にして入場すると、構想5年、製作費用250億円をかけて作られた特製ホールとステージが目の前に現れます。

因みに、この莫大な製作費用を提供したのは、シティ・オブ・ドリームスの開発を手掛けた元祖カジノ王スタンレー・ホー氏の息子、ローレンス・ホー氏。「世界中の観光客にスペクタクルなエンターテインメントを届けたい!」との思いから、この巨大プロジェクトへの投資を決めたそうです。10年というロングランのヒットになったわけですから、実際、超大成功ですよね。


場内に入り、係員に案内されながら指定の座席へ。300ゾーンと500ゾーンの最前列から4列目まではスプラッシュシートということで、専用の雨合羽が配布されました。これを着て、あとは自分の身は自分で守って下さいねとw

開園

9割ほどの座席が埋まったところで、待ちに待った開園。

物語の始まりは、一昔前のマカオを表現したという鄙びた漁村。対岸に栄える街並みを眺めながら船を漕いでいた漁師が突如として巻き起こった渦に巻き込まれ…
内容を詳しく書くとネタバレになってしまうので、ここからはショーの臨場感が伝わりそうな写真を載せるだけにしておきます。

ひだり みぎ


ひだり みぎ
華麗な踊りを披露してくれるヒロインは香港バレエ団でプリンシパルを務めていたFaye Leungさん。






ここでブルンブルンと大きな音を立ててエックスゲームズが如くバイクが四方八方から宙を舞うモトクロスの演出w 海になったりエクストリームスポーツの会場になったり、変幻自在の舞台は確かに凄いっす!


ひだり みぎ
最後に総勢約80名のパフォーマーによるカーテンコール。


いやー、良いもの見させてもらいましたわ。数時間のショーの中でシルクドソレイユ+バレエ+上海雑技+空中パフォーマンス+アクロバティックショー+シンクロナイズドスイミング+噴水ショー+モトクロスといった多彩な演出が楽しめるんですからw

ロマンスあり、水しぶきあり、ハラハラドキドキのスタントあり、笑いあり、大満足な90分でした。びっちょびちょになりましたけどねw

あ、最後に、写真撮影について。上演前に「please be reminded that the use of flash for photo taking and video recording are prohibited as they affect the performers…」的なアナウンスがありましたので、動画撮影やフラッシュを使っての撮影でなければOKかと思います。ネット上で「写真撮影不可」という情報も散見されたので、念の為。

【THE HOUSE OF DANCING WATER(水舞間)】

所在地:Dancing Water Theatre Level 1, City of Dreams,Estrada do Istmo, Cotai, Macau
電話:853-8868-6688
公式サイト:https://www.cityofdreamsmacau.com

Related posts(関連記事):

マカオの魅力(マカオ関連記事は当ページ最下部から)
1999年に香港の影に隠れてひっそりと中国に返還されたマカオ。当時は世界の観光シーンの中でも『香港のオマケ』的な位置付けに甘んじていました。そんな香港の引立て役に転機が訪れたのが2001年。 カジノ産業への外資参入が認可され、マカオのカジノ業界は外資資本による空前の開発ブームに。マカオ中に大型カジノリゾートが乱立し、早くも2006年には収益額で本家ラスベガスを抜き、世界一のカジノタウンの称号を獲...
マカオの歴史が学べる海事博物館
歴史的に見て海事が非常に重要な役割を果たしてきたマカオ。海事博物館では歴史的な物品レプリカやジオラマが多く用いられ、海事事情を切り口としたマカオ史が時系列で学べます。 ●海事博物館 ・開放時間: 10:00~17:00 ・料金: 10パタカ。日曜日は5パタカ。 近くには鄭家屋敷や媽閣廟などの観光地もあります。 ポルトガル人が初めてマカオに上陸した地点とされる博物館前の広場には...
香港に続き、マカオも出入国スタンプが廃止に…
魅惑の都市マカオ… 先週末は累計40万元弱(約640万円)もの大金をマカオのカジノに“投資”したと痛々しい表情ながらも胸を張って語る広州在住30代のお客さんとカジノ遠征に行ってきたのですが、マカオに着いてびっくり、何と香港に続いてマカオの出入国スタンプの押印が廃止されたそうです。 *カジノへの遠征結果は後日アップ予定。 2013年7月10日より、マカオに出入国する際にパスポートに...
ソフィテルマカオ@ポンテ16( Sofitel Macau at Ponte 16)クラブフロア宿泊記
この日は付き合いで弾丸マカオ旅行に駆り出されることに。日曜日午前中のフェリーでマカオに向かい、月曜日早朝06:15発のフェリーで香港に戻ってからのエクストリーム出社という強行日程でマカオ観光に挑む。 マカオへはターボジェット(噴射飛航)と呼ばれるフェリーで香港から55分。香港側のフェリー乗り場は香港国際空港に一箇所・市内に二箇所(九龍側の尖沙咀・香港島側の上環)の計三箇所あり、今回は最も便数...