マカオの街が見下ろせる絶景スポット・ギアの灯台

ギアの灯台はマカオ半島で最も標高が高い松山(といっても海抜90メートル)の峰に残るギア要塞跡にある。ギア要塞は大航海時代に対オランダ軍の海岸要塞としてポルトガル軍によって1622年に築かれたもので、松山では今でも歩哨所や火薬庫、鐘楼跡などの姿も確認することができる。

IMG_0563
二龍喉公園から松山の頂上にある灯台と教会を目指す。

公園の入り口から丘の中腹まではロープウェーで登れます。料金はMOP3≒30円。
IMG_0569

IMG_0579
小せ~。世界一距離の短いロープウェーだそうで、1分半程度で中腹のロープウェー駅に到着します。景色を楽しむどころか途中で地面に落下してしまわないか、不安の方が大きかったです。他に利用客がいなかったし…

左右上下に揺られること1分ちょい、無事に中腹に到着。この駅から灯台までは歩いて約10分。地元民が散歩やら太極拳やらをやっていて長閑としており、マカオ堅守の為にポルトガル軍人が命を賭けて戦っていた往時の緊張感は微塵も残っていない。
ひだり みぎ

IMG_0573
頂上を目指してけわしい坂道や階段を登る。

IMG_0588

IMG_0654

ひだり みぎ
guia 3
1601年から計5度、オランダ軍がマカオに攻め入った記録が残っている。ポルトガル・スペイン・イギリス・オランダなどの欧州列強諸国がアジアの貿易権獲得に躍起になっていた時代の話だが、ここには今でも遺跡設備が生々しく保存されている。

砲台横にも当時の防空壕への入り口が。
guia 13
合計で4つの防空壕があるそうです。もっとも長いもので456メートル、短いものは47メートル。防空壕の中はポルトガル軍の撤退後も軍事機密地として扱われていましたが、1980年代になって一般開放され始めました。

guia 6 防空壕

IMG_0604
防空壕から灯台への道は石畳で綺麗に整備されている。

そして、頂上にある灯台に到着。
guia 5
手前に見えるのは1622年に建設されたギア教会。建物の建築労働にはオランダ軍捕虜も動員されたそう。教会内部にはマリア像が祀られ、壁面には当時のフレスコ画が残されているそうだ。

IMG_0628

IMG_0619
灯台は高さ13メートル。1865年に建てられ、南シナ海沿岸で最古の灯台だそうです。今でも夜になると港方面に40キロ先まで届くと言われる光を発し続けています。

周りを歩いてみるとマカオで一番標高が高い地点だけあって、マカオ~中国本土の絶景も楽しめます。
IMG_0621
海辺。要塞が築かれた当時はすぐ海に面していたようです。あの海からオランダ軍が攻め入ってきたと考えると妙に感慨深くなる。

ひだり みぎ

IMG_0642

IMG_0646

IMG_0618

IMG_0633
グランドリスボアも目に入ります。もはや人々の財を吸い取る悪魔の塔にしか見えません…

Related posts(関連記事):

お茶文化館・孫中山記念館
ホテルのチェックインを済ませ、リスボアホテルから9番の路線バスでお茶文化館・孫中山記念館に向かいます。 孫中山とは辛亥革命のリーダーで、中国革命の父と呼ばれる孫文さんのことです。中華圏では孫中山の名の方が定着しています。他にも名前があり、日本亡命時には中山樵と名乗っていたと言われています。彼は1892年に今の香港大学医学部にあたる香港西医書院を卒業してからここマカオで病院と薬局を開業しました...
意外に楽しめるマカオのドッグレース
行ってきました!澳門ドッグレース場!! ドッグレースとは、マカオの華やかなカジノの裏で小規模ながら続いてる老舗賭博の一つ。その名の通り、このレース場ではお犬様の走り具合が賭けの対象になります。 ここで活躍するお犬様たちは最速の犬種の一つとも称されるハウンドドッグの中でもエリート中のエリート。鍛え抜かれたお犬様たちのアツい走りが客を引き付けます。 第一レース開始は午後7時30分...
ミシュラン掲載店? マカオのポルトガル料理屋 アントニオ(安東尼奥)
元気ですかー!!?ということで、2019年ゴールデンウイーク初日の夜は、マカオのミシュランレストラン“アントニオ”でポルトガル料理を食べることに。2日後にはポルトガルに行くんですけどね、どうしても胃袋が待ちきれませんでしたw ということでアントニオへと移動。巨大カジノ施設が立ち並ぶコタイ地区の中でも、タイパビレッジと呼ばれるマカオ風情満点の下町へ。 タイパビレッジの細~い...
マカオの水上スペクタクルショー 水舞間 ハウスオブダンシングウォーター
今更ですが、マカオ観光の定番ショー、ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターを見てきました。 “サーカスでも、オペラでも、ミュージカルでもない全く新しいタイプのエンターテインメントショー”というような表現で紹介され始めたのが10年ほど前っすか。 初演から10年もの長きに渡って世界中からの観光客を魅了し続けてる、色々と規格外な水上スペクタクルショーっす。 20億香港ドル(250億円)の工費...

コメント

  1. maricotori より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いいですね!
    古い灯台。
    マカオに行くことがあったら行ってみたいと思います!