搭乗記 EDOパック追加! 中国南方航空 ビジネスクラス 新型A321NEO

広州からホーチミンへ。南方航空で飛んできます。


本当は2019年2月末を以て南方航空のゴールドステータスが失効してたのに、3か月延長オファーが入りまして。その間に少しでもセクター数を稼いでおかないと…


まだまだ真新しい広州白雲空港の第二ターミナルでチェックイン。


南方航空のビジネスクラスのチェックインカウンターはターミナルの一番端っこの列。ここから第一ターミナルの時みたいに専用保安検査→ラウンジという導線で流れるようにラウンジ入りできるのかと思いきや、C席専用保安検査場はありませんでした。
せっかく端っこまで来たのに、ターミナルの中央にある一般保安検査場に戻りなおしてから検査を受けるという無駄な動きで5分ほどロス。


でも、ステータスがちゃんとゴールドのままだったので許します。謎のステータス延長オファー、ありがとうございます。

ビジネスクラスラウンジ(明珠休憩室)


今回から自動ゲートを使えるようになったのでサクッと出国検査を終え、南方航空専用ラウンジへ。休憩室と書くとショボそうなので、貴賓室とかにしてもらいたい。

ひだり みぎ
休憩室の中はビジネスクラスの乗客用スペースと南方航空のシルバー・ゴールド会員+スカイチームエリート会員用スペースに分かれてます。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ホットミールの内容は、どちらのラウンジも似たようなもんでした。

ひだり みぎ

鉄板焼きのハンバーグやヌードルステーションも。鉄板焼きコーナーはビジネスクラスの乗客用ラウンジ限定です。

結構ガッツリ食べれますね。紅焼牛肉面と味付け卵が美味しかったです。

フライト


この日のフライトはいつものA321ですが、今回はA321の中でも新型NEO版の当たりくじを引いたようです。CZは金満キャリアなんで、A320NeoとA321Neoを合計150機とか発注してましたからね。そろそろAirbus新型機の運用が一気に増えていくのかなーというところ。

機内はどうなっているのか。入ってみてびっくりしました。


エコノミーの方はエコフラットし放題でガラガラの状態なのに、ビジネスクラスは1列のみでキッツキツという罠…。A320NEO・A321NEO・B738Maxといった新型機だけでなく、旧型A320・B737シリーズのC席も続々と1列仕様になっていってるみたいっす。あー、そういう方針なのね、CZも。


A321Neoはビジネスクラス=4席、エコノミー=191席というシート構成。プレミアムエコノミーが積まれたコンフィグもありますが、そちらもビジネスクラスは1列4席仕様でした。ビジネスクラスのピッチだけで言うと、従来の43インチから55インチに広がっているみたいです。ただ、やっぱり1列しかないのでスペースが狭くて閉塞感は感じてしまうと思います。
参照:https://global.csair.com/JP/JP/fly-service/fleet/cabin-layout/airbus-a32n


機内食は牛・豚・海鮮の三択で牛を選択。従来と同様ワンプレートで運ばれてきますが、怪しい日式お菓子のジャンルを確立した偉大なる先駆者的存在であるEDOパック(ヘルシーな魚脂使用)も追加されましたw ロングセラーだけあって、怪しいだけでなく微妙にまた美味しいんですよねw


食後の口直しには王老吉の飴まで配られてサービスが改善…。って、王老吉がこんなお洒落なパッケージでキメてやがる!王老吉と正宗椰樹牌椰子汁だけはレトロでダサいパッケージを貫かないとダメだろ!EDOパックもあの怪しげなパッケージのままだから良いんだよ!


と王老吉に喝を入れたところで雨季のサイゴンへとアプローチ。なんか川が氾濫気味なのか、竜が大地を這ってるみたいなベトナムらしい神秘的な光景を見ることができました。

Related posts(関連記事):

バンコクエアウェイズ PG710 マンダレー⇒バンコク 搭乗記
1週間超に渡るミャンマー旅行も遂に最終日を迎え、この日はマンダレーからバンコク経由で羽田へと帰還する。 先ずはバンコクエアウェイズでマンダレー⇒バンコク間の635マイルを飛ぶ。635マイルとなると新千歳⇒名古屋以上、新千歳⇒大阪未満の距離で、地味に2時間以上かかってくる。 マンダレー国際空港へは宿泊先で手配頂いたタクシーで。市街地から南に40km以上も離れており、運賃も12,0...
フエの夜 Hanh Restaurant/ DMZ Barフエの世界遺産巡り7
フエの観光初日を終え、夜の新市街地を歩く。 途中、町を探索中に雨に降られたので、ホテル近くのB級食堂で雨宿りを兼ねベトナム料理を大人食いすることに。 ローカル家族連れで賑わうHanh Restaurant。空調は効いてないけれど、雨が打ち水になって暑さは感じない。寧ろしっとりして良い感じだ。 セットメニューがVND110,000。 このセットメニュー、一人用?なんか続...
KA103 カトマンズ⇒香港 キャセイドラゴン ビジネスクラス搭乗記
いよいよ今回のネパール旅行も終わりを迎える時がやってきた。23:10カトマンズ発、05:50香港着のキャセイドラゴン深夜便にてネパールの地を後にする。 ここ2日で実に4度目となるカトマンズトリブバン空港。この時間帯の国際線ターミナルは出稼ぎの為に旅立つ息子・娘を総出で見送りに来る家族が多いらしく、空港の外は大量の人でカオス。 エティハド航空・カタール航空・オマーン国際航空と、...
搭乗記 中東発の民間航空会社 ジャジーラ航空 ビジネスクラスラウンジは?
酒ダメ娯楽ダメ観光ダメと無いもの尽くしのクウェートからの脱出フライト。中東初の民間航空会社として設立されたクウェートベースのJazeera Airwaysで260マイル南の島国バーレーンへ。 クウェートからバーレーンは羽田-伊丹程度の距離。オイル業界の需要に支えられているのか複数の航空会社がフライトを飛ばしてる。 ちなこのクウェート⇒バーレーンはKLMが以遠権フライトを飛ばしていて...