バス(ミニバン)でジョージアのトビリシからアルメニアのエレバンへ移動する

ジョージアに着くなりジプシーの強盗団に襲われてしまうという不幸に見舞われたこともあり、トビリシ滞在を1泊で切り上げアルメニアのエレバンへと移動することに。悪いことの後に良いことの倍返しが待ってますように…

トビリシ→エレバン 列車 or バス

トビリシからエレバンへの陸路移動は国際列車かバスの2択。
列車は冬のオフシーズンだと隔日20:20発の夜行列車のみなので、一刻も早くジョージアから脱出したい自分は午前中発のバスで移動することに。

バスの乗車券をオンライン発券

ひだり みぎ
バスの乗車券はhttps://biletebi.geというウェブサイトで事前購入可能で、座席指定もできちゃいます。運賃はセントラルステーションからの出発の場合は30ラリ(≒1,100円)で、エレバンへの所要時間は6-7時間。

ホテルのコンシェルジュが教えてくれたんだから、間違いのないウェブサイトなんでしょう。そう信じてオンラインで出発前夜のうちに発券を済ませておきました。


トビリシからアルメニアの首都エレバンまでは、直線距離だとたかだか170km、走行距離にしても300km程度の距離なんですけど、3,000m級の山越えがあったりと過酷なルートを走ることになるので時間がかかる。直線では時速100kmで走っちゃうようなジョージアの爆走ドライバーの荒々しい運転をもってしても、最低6時間はかかるようです。

中央バスターミナル

エレバン行きバスの乗り場はトビリシ鉄道駅西口のバスターミナルオルタチャラ・バスターミナル(通称・中央バスターミナル)の2カ所。宿泊先からのアクセスを考え、自分は後者を選択しました。

07:40、旧ソ感たっぷりの中央バスターミナル着。中央バスターミナルという割には思いのほか小さなターミナルです。

TBILISIと書かれたバスの窓口でオンライン発券時に入手したバウチャーを提示。すると、中にいたやる気のない係員から思いもしない返事が返ってきた。

08:00発のバスは10分前に出発しました

???
あれ、ここだけ
時空が歪んでるのかな?08:00発の乗車券を買ってたのに置いてけぼりですか?って気になる点を突っ込んでみると、あくびしながら「おー、Youリラ~ックス」みたいな緩~い返事が返ってきたw

You、次のバスに乗りなさいな!ってことでターミナル内にいた次発のバスへと案内されると、バスではなくミニバンが待ってました。7時間もかかるのにマルシュルートカw しかも隣人ガチャでもハズレを引いちゃって、相撲レスラーみたいな恰幅の良い中年男性が乗り込んできました。
ひだり みぎ
出発時刻もぐちゃぐちゃだわ、予約の際のシートマップも適当だわ、biletebi.geの情報は全くもってあてにならないことが分かりました。

ジョージア出国

結局、バスは集客を終えた09:30にトビリシのセントラルバスターミナルを出発。後れを取り戻すかのように爆走し、1時間半ほどでジョージア側の国境へと到着しました。

ここで乗客全員が出国手続きの為にバスを降りてイミグレの建物へ。乗客の中では唯一の非現地人っぽかったので、出国手続きに時間がかかって皆を待たせることになったらどうしよう!そういう心配をしてた自分がアホに思えるほど、質問や荷物検査も無くあっさり出国完了。イミグレ担当者が電話しながら出国スタンプ押すくらいの緩~い雰囲気でしたからねw 電話で談笑の最中に出国手続きをお願いするのも悪いと思って、パスポート渡す時Sorry to disturb youって言いましたもんw そしたらウインク返されたw

建物を出た先で再びミニバンへと乗り込んでアルメニア側の入国検査場へと移動します。

アルメニア入国


年甲斐もなくセクシーな白衣を着てキメキメ化粧をした妖怪BBAがビザ代払え的なことを言って迫ってくるシーンがありましたが、懸念していたアゼルバイジャン絡みの質問も無く、ここでもあっさりと入国できました。


ひだり みぎ
無事にアルメニアに入国できましたが、こっからが長い。山あり谷あり雪景色ありの道を走り、石丸謙二郎気分で車窓からの景色を楽しめます。こういった田舎町の風景を堪能できるのも陸路国境超えの醍醐味ですよね。

ひだり みぎ
トビリシからエレバンまで走行距離にすると300Kmですが、3,000m超級の冠雪の山越えもあったりするので時間がかかります。雲の中のヘアピンカーブとかどんな上級者コースだよ!みたいな道を走るんで。


山を越えたあたりから皆さん続々と途中下車されていって、気づけばワイ一人。前方にエレバンの町が見えてきた時はホッとしましたね~。

エレバン(キリキアバスターミナル)到着


ひだり みぎ
朝の9時半にトビリシを発ち、エレバンのキリキアバスターミナル(Kilikia Bus Terminal)に到着したのは16時過ぎ。

ここからエレバン市内の中心地へは2-3km程。

路線バスも走ってるみたいだけど、土地勘を付けるためにも歩いてゆっくりと宿泊先を目指します。特に急ぐ理由も無いですし。

Related posts(関連記事):

アゼルバイジャン入国 バクー・ヘイダル・アリエフ国際空港でのアライバルビザ情報
イスタンブルからアゼルバイジャン航空機に乗り、アゼルバイジャンの首都・バクーのヘイダル・アリエフ空港にやってきました。 ヘイダル・アリエフといえば、アゼルバイジャン建国の父であり、超絶な親日家として知られた一代前の大統領の御名前っすね。彼の影響が今でも強く残っているのか、なぜだかアゼルバイジャンの空港で発給される30日間滞在可能なアライバルビザの料金が日本人だけ無料になってます。同じ民族でO...
バクーのお勧めレストラン&バー Dolma、Anadolu、Buddha Bar
地上の楽園アゼルバイジャンはメシも美味い!そして安い! バクー市街でいくつか立ち寄った飲食店の中で、お勧めのレストランとバーをピックアップしてご紹介したいと思います。 石油価格の暴落とそれに続く金融市場の混乱で2015年に通貨が暴落したまま下げ止まってる状態なんで、胃拡張修行が捗りまっせ。 Dolma Restaurant 食い倒れの都バクーでの胃袋修行!一発目はツイッター上で...
旧ソ衛星都市感たっぷり アルメニアの首都エレバンの町を歩く
アルメニアの首都・エレバン。町の歴史は新しく、本格的に発展したのは19世紀に帝政ロシアがアルメニア州の州都と定めてから。ロシア流近代都市として、ソビエト生まれの建築家による緻密な都市計画に基づき開発されました。現存する世界最古の町!と紹介されてることもありますが、実際に歴史を感じさせるような観光名所は市内には殆どなく、碁盤の目のように広がった道路に並ぶドでかい建物や武骨な偉人像ばかりの典型的な旧ソ...
アルメニアコニャック(ブランデー)の試飲付きファクトリーツアー NOY
皆さん、アルメニアといえばどんなものをイメージされますかね。 自分はの頭の中では、アルメニアと聞くとこの画像が連想されるんです。 スターリンとチャーチルとアルメニア・コニャック(ブランデー)と。一度目にしたら中々忘れられない渋い絵面でしょう。 では、スターリン、チャーチル、アルメニアブランデーがどう繋がるのか。 ヤルタ会議の際にスターリンがチャーチルにアルメニアのブランデーを勧...