宿泊記 コートヤードバイマリオット トビリシ(Courtyard by Marriott Tbilisi)

トビリシでの宿も、マリオット系のコートヤードバイマリオット トビリシ(Courtyard by Marriott Tbilisi)。

バクーでは20:00in-20:00outのyour24を申請しましたが、ここでは10:00in-10:00outでyour24の権利を行使。トビリシに着くなり真っ先にホテルへと向かいました。せっかくのアンバサダーステータス、思いっきり特典を使い倒させて頂いてます。


町のシンボルである自由広場に面して建っていて、立地は抜群。地下鉄の駅も近いですし観光の拠点とするには申し分のないホテルです。


トビリシって地味にカテゴリー2から5までマリオット系列のホテルが揃ってるんですよね。ブランドもヒップなバジェット系のモクシーから正統派のマリオットまで、良い感じのバラエティですし。ただ、観光の拠点として利用するのであれば、この中でもコートヤードが一番でしょう。とにかく立地が良すぎます。


コートヤードは中流ブランドなので決して豪華ではないですが、マリオットの名を冠するホテルとしての最低限の上質さは担保されています。

フロントではアニメを見て日本語を勉強しているというジョージア美女が1名で対応してくださいました。
夕方まで待てばジュニアスイートにアップグレードできますが、如何致しますか?とのオファーも頂きましたが、夜行列車で移動したばかりで観光前にシャワーを浴びたかったので、レギュラータイプの部屋に通してもらうことに。コートヤードのジュニアスイートなんて、失礼ながらデラックスに毛が生えた程度でしょうし…

部屋:リバティースクエアビュー


どうせ観光で出ずっぱりで、ホテルでは寝るだけみたいな泊まり方ですしね。普通のデラックスルームでも十分っす。


窓を開けてみると、びっくり。レギュラータイプの部屋とはいえ、少しレートの高い自由広場側の部屋にアップグレードして頂いてたみたいです。敵対心剥き出しでロシアともバチバチにやりあってるジョージアですが、この景色だけ見るとロシアの辺縁部感が強いっすね。



タオルマットやごみ箱の置き方がちょっと雑w



シャワーを浴び終わると、ちょうど良いタイミングでウェルカムアメニティのフルーツ盛りとグルジアワインが運ばれてきました。ワインはフルボトルですし、フルーツ盛りもディナー代わりになりそうなボリュームですw

朝食


朝食はロビーフロアのBrasserie Freedom Restaurant and Barで。通常はUS$16⁺⁺ですが、クラブラウンジが無い代わりのオファーとしてプラチナ会員以上は無料にして頂けます。


ホットミールはしょっぼい内容ですが、ワイン発祥の地を主張する国だけあって朝から白ワインが置かれてますw コートヤードクラスで朝食会場にワインが置かれてるのは初めて見ました。


家庭的なおばさんが作ってくれた温かみあるオムレツだけ頂き、早々にトビリシを離れることに。トビリシでは人生初の強盗被害に遭うなど、散々な思いをさせられましたからね…。

【コートヤードバイマリオット トビリシ(Courtyard by Marriott Tbilisi)】

所在地:4 Freedom Square, Tbilisi 0105
公式サイト:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tbscy-courtyard-tbilisi/
電話:+995 32 277 91 00

Related posts(関連記事):

スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン ホライゾンクラブ宿泊記
ヤンゴン国際空港に着いた私を待ち受けていたのは愛しの現地妻…なんてわけはなく、無数のむさ苦しいタクシー運転手の集団が鼻息荒く獲物の到来を待ち構えていた。 先ずはSIMカードが欲しかったので客引きをいなしながら歩いてると粘着性の高い4人の運転手がネチネチと付きまとってきて、交渉もしてないのに運転手間で勝手に値引き合戦が繰り広げるではないか。そもそもタクシーに乗るともどこに行くとも言ってないのに...
インターコンチネンタル上海NECC 宿泊記
本日泊まるはインターコンチネンタル上海NECC。え?NEC?いえ、日本電気株式会社ではなく、NECC=ナショナル・エキシビション・コンベンション・センター即ち国家会展中心のこと。故にインターコンチネンタル上海NECCの中国語名は国家会展中心上海洲際酒店と堪らなく格好良い字面になる。「今日どこ泊まってるの?」⇒「国家会展中心上海洲際酒店っすわ」…なんかただただこれを言いたいが為だけに泊まりたくなるじ...
ロイヤル メリディアン上海 クラブフロア宿泊記
さーあ、この日は2016年度泊まりたいホテルリスト3選に挙げていたロイヤルメリディアン上海に満を持して泊まってきますよ。ホテル名を中国語で書いたら「世茂皇家艾美酒店健身中心上海」と巷のフィットネスセンターみたいな字面で高級感が伝わらないが、なんたって一般のメリディアンではなく、ロイヤルメリディアン。ロイヤルの冠が付くのは140とある世界のメリディアンの中でも、ロイヤルメリディアン チェンナイ・バン...
ザ・マジェスティックホテル アラルンプール 宿泊記
クアラルンプールのホテル巡り二発目はマリオット系列のザ・マジェスティックホテル・クアラルンプール、オートグラフコレクション。名前が長くて一瞬「ファッ!?」ってなるが、解体してみると難しいことはなく、最後のオートグラフコレクションはマリオットのブランド名で、SPGのデザインホテルズみたいにマリオットホテルズが厳選する独立系ホテルのコレクションのこと。現在、日本のザ・プリンスさくらタワー東京を含む世界...